ロボタクシー / 無人タクシー(用語)

ドライバーレスで自動運転、電気自動車を利用するタクシーサービス。

  • 2023年から米国主要都市でロボタクシー展開へ、MotionalとLyftが提携

    2023年から米国主要都市でロボタクシー展開へ、MotionalとLyftが提携

    自動運転車の商業化を目的とするAptivと現代自動車の40億ドル(約4140億円)の合弁企業であるMotionalは、Lyftの配車ネットワークを使って完全ドライバーレスのロボタクシーサービスを2023年に米国の主要都市で立ち上げる計画だ。 続きを読む

  • アマゾン傘下のZooxがドライバーレスの電動ロボタクシーを初披露、最高時速120km

    アマゾン傘下のZooxがドライバーレスの電動ロボタクシーを初披露、最高時速120km

    2020年始め、Amazonに買収されたZooxは、一から作った電動自動運転ロボタクシーをお披露目した。キューブ風の車両にはセンサーが満載され、ハンドルはなくムーンルーフで乗客4人を最高時速75マイル(120km)で運ぶことができる。 続きを読む

  • 自動運転ユニコーンAutoXが中国初のロボタクシーのテストを深センでスタート

    自動運転ユニコーンAutoXが中国初のロボタクシーのテストを深センでスタート

    中国・深センの住民たちは、米国時間12月3日から真の意味での無人運転車を目にしている。Alibaba、MediaTek、Shanghai Motorsの支援を受けるスタートアップAutoXは、深センのダウンタウンに25台の無人運転車を配備し、中国で初めてとなる安全のための運転手や遠隔操作員の担当者なしで公道を自律して走る無人運転車のテストを行う。 続きを読む

  • センサー開発のLuminarがIntel子会社Mobileyeと契約、2022年の無人タクシー実現に向けLiDARを供給

    センサー開発のLuminarがIntel子会社Mobileyeと契約、2022年の無人タクシー実現に向けLiDARを供給

    センサーの開発を手がけるスタートアップで、上場企業入りを目指すLuminarは、Intelの子会社であるMobileyeに自律走行車用のLiDARを供給するサプライヤー契約を締結した。 続きを読む

  • カリフォルニア州がロボタクシー会社Waymoなどの有料サービス提供にゴーサイン

    カリフォルニア州がロボタクシー会社Waymoなどの有料サービス提供にゴーサイン

    カリフォルニア州でロボタクシー・サービスを運用しようとしている企業は、ドライバーレス乗車を有料で提供できるようになる。ただしそのためには、不必要な官僚主義によって提供が2年以上遅れると業界の一部で批判されている政府の承認プロセスを進める必要がある。 続きを読む

  • アリババ支援のAutoXとフィアット・クライスラーが中国でロボタクシーを運用へ

    アリババ支援のAutoXとフィアット・クライスラーが中国でロボタクシーを運用へ

    自動運転車のフルスタック開発を行うAutoXとフィアット・クライスラー・オートモービルズは、共同で中国をはじめとするアジア各国でロボタクシー事業を展開する。 続きを読む

  • WaymoロボタクシーのアプリがApp Storeに到着

    WaymoロボタクシーのアプリがApp Storeに到着

    Waymoの自動運転ミニバンをもっと楽に呼べるようになる。米国フェニックス地区でこのWaymo Oneサービスを開始してから1年後に、同社はiOSアプリを立ち上げる。 続きを読む

  • DeNAが自動運転でZMPとの提携を解消、新たに日産との協業が明らかに

    DeNAが自動運転でZMPとの提携を解消、新たに日産との協業が明らかに

    DeNAは本日、ロボットタクシーを共に手がけるZMPとの業務提携解消を発表した。ZMPはコンシューマ向けのロボットの開発・販売を手がける企業で、2015年5月にDeNAと合弁会社「ロボットタクシー」を設立した。ロボットタクシーでは、DeNAのネットサービス運営ノウハウとZMPの自動運転に関する技術を連携させ、自動運転車両による旅客運送事業を確立する計画だった。 続きを読む