robotics

  • ロボットアームの動きは適度に遅いほうが不気味の谷現象を防げる

    ロボットアームの動きは適度に遅いほうが不気味の谷現象を防げる

    ロボットの手の動きが速いと、人間はそれを「温かみがなくて不快」と感じた。遅い速度が、いちばん好評だった。ロボットの手の動きに初動時の遅延がないと、それも人間にとっては不安だった。ただし遅延が長すぎると、やはり不安が生じた。 続きを読む

  • デリバリーロボが地図なしで配達先のドアを自力で見つける方法

    デリバリーロボが地図なしで配達先のドアを自力で見つける方法

    MITの研究者たちが開発した新しい行路発見方法は、さまざまな業界で客先まで物を届けなければならないロボット、いわゆるデリバリーロボットにとても役に立つ。 続きを読む

  • MITのブロック型ロボットは相互通信によって集団行動

    MITのブロック型ロボットは相互通信によって集団行動

    MITのComputer Science and Artificial Intelligence Laboratory(コンピューターサイエンスと人工知能研究所、 SAIL)が考案したこのキューブ状のロボットは、自力で移動し、お互いとコミュニケーションして協調しながら自分たちを何らかの構造物へ組み立てる。 続きを読む

  • 自動運転車からは見えない歩行者を影で予見するシステムをMITが開発

    自動運転車からは見えない歩行者を影で予見するシステムをMITが開発

    どの点を見ても自動運転車の能力はまだ人間ドライバーを超えてはいない。でも、最終的には自動運転車に搭載された技術が、コーナーの向こう側を見るなど人間には推測すらできないことをやってのけるかもしれない。 続きを読む

  • NASAが月の南極の地表下で結氷水を探すVIPER探査車を2022年に打ち上げ

    NASAが月の南極の地表下で結氷水を探すVIPER探査車を2022年に打ち上げ

    試料採掘とスペクトル分析を大面積にわたって行うと、地表下の水の所在を地図に落とし、大きなパターンを掴めるだろう。月の上の、人間が大好きな物質の存在を、もっと体系的に理解できるかもしれない。 続きを読む

  • OpenAIの人間的なロボットは片手でルービックキューブを解く

    OpenAIの人間的なロボットは片手でルービックキューブを解く

    イーロン・マスク氏らが唱道するこの非営利団体は、ロボットハンドがルービックキューブを片手で解くことを学習した、と発表した。その偉業は、このロボットがとくにキューブ(立方体)を上手に扱うことのデモンストレーションでもある。 続きを読む

  • 3Dのコンピュータービジョンと特製のロボットアームでイチゴの収穫を自動化

    3Dのコンピュータービジョンと特製のロボットアームでイチゴの収穫を自動化

    ロボットアームは一般市販品だが、グリッパーとソフトウェアは自社製で、同社のそのデバイスはもっぱらイチゴの収穫作業の介助が目的だ。 続きを読む

  • 巨大戦闘ロボ開発のMegaBotsに未来開けず、ついにeBayでオークションに

    巨大戦闘ロボ開発のMegaBotsに未来開けず、ついにeBayでオークションに

    MegaBots(メガボッツ)が倒産した。ベイエリアで戦闘ロボットを作っていた同社がビデオで「現在の形のMegaBotsはこれで終わる」と声明し、これを機に15トンのEagle PrimeロボットをeBayに出品した。 続きを読む

  • ミシガン大学が釘打ち機能内蔵ドローンを開発中

    ミシガン大学が釘打ち機能内蔵ドローンを開発中

    FAA(米連邦航空局)は、ドローンに火炎放射器や拳銃などの武器を装備することに罰則を設けた。でも、ネイルガンは武器だろうか?シューティングゲームのQuake以外でも?そうではないことを望みたい。ミシガン大学のロボット工学者たちが、屋根板を屋根に釘打ちする機構(ネイルガン)を備えたドローンを開発した。 続きを読む

  • 既存の建機を後付けキットで自動運転車にするBuilt Robotics

    既存の建機を後付けキットで自動運転車にするBuilt Robotics

    建設機械の自動化を志向しているBuilt Roboticsが、シリーズBのラウンドで3300万ドルを調達したことを米国時間9月19日に発表した。 続きを読む