robotics

  • 空棚や価格間違い、展示問題などを素早く見つけるZebraの在庫管理ロボット「SmartSight」

    空棚や価格間違い、展示問題などを素早く見つけるZebraの在庫管理ロボット「SmartSight」

    店舗に入り、補充が必要な棚を見つけたことは何度あるだろうか? これは頻繁に発生する問題であり、一方で特に大規模な小売施設では、在庫を補充満たすことは困難だ。そんな問題にたいし、Zebra Technologies(ゼブラ・テクノロジー)は解決策を提供する。これは棚をスキャンし、在庫の不足を従業員に報告するロボットだ。 続きを読む

  • Bossa Novaの在庫管理ロボットがウォルマートの全米1000店舗に導入

    Bossa Novaの在庫管理ロボットがウォルマートの全米1000店舗に導入

    米国西海岸のベイエリアに拠点を置くBossa Nova Robotics(ボサ・ノバ・ロボティックス)は米国時間1月13日の朝、在庫をスキャンするロボットをアメリカのWalmart(ウォルマート)の1000店舗に導入する計画を発表した。 続きを読む

  • プログラマブルな猫ロボ「Meet MarsCat」は飼い主と一緒に成長・進化する

    プログラマブルな猫ロボ「Meet MarsCat」は飼い主と一緒に成長・進化する

    CES 2020で、製品の見せ方の完成度が高かったジャンルといえば断然、消費者向けロボットだ。そして中でもいちばん可愛らしいのが、工業用ロボットのElephant Roboticsが出展したロボペットMarsCatだろう。 続きを読む

  • もしかするとClicbotは家庭用ロボCozmoの後継者になるかもしれない

    もしかするとClicbotは家庭用ロボCozmoの後継者になるかもしれない

    Clicbotのキャラクターがアニメからヒントを得ていることは歴然としている。それどころかKeyiによると、同社はAnkiの真似をするためにKickstarterのアニメーターを起用して、筒状の頭部の中央に一つ目巨人のような目を作った。 続きを読む

  • サムスンのフレンドリーなロボットボール 「Ballie」

    サムスンのフレンドリーなロボットボール 「Ballie」

    Samsung(サムスン)は、ボール型ロボットのBallieを発表した。これは、人やペット、そしてスマート家電と共生するロボットだ。 続きを読む

  • 日本のGROOVE Xが開発した小型ロボ「LOVOT」の「永遠の愛」は約33万円で手に入る

    日本のGROOVE Xが開発した小型ロボ「LOVOT」の「永遠の愛」は約33万円で手に入る

    ロボットの友人からの永遠の愛はいくらだろうか?正直なところ、それは3000ドル(約33万円)が妥当なようだ。日本のロボットスタートアップであるGROOV X(グルーブX)はCESでLOVOTを展示するために戻ってきたが、この驚くほど高度なロボットは数年経っても数多くのテクノロジーファンを魅了している。 続きを読む

  • 最大荷重約200kg、小型航空機のようなPykanoドローンで大農場の農薬散布を自動化する

    最大荷重約200kg、小型航空機のようなPykanoドローンで大農場の農薬散布を自動化する

    積載量が小さい小型ドローンに代わり、3枚のプロペラを持ち、最大荷重約200kgである小型航空機のようなドローンで大農場への農薬散布を自動化するPyka。同社のEgretは、試験農場で何千マイルもフライトを行い、規制当局からの認可も取得している。 続きを読む

  • 深海調査のための自動運転深海艇を運用するTerradepthが約8.8億円を調達、創業者はNavy SEALs出身

    深海調査のための自動運転深海艇を運用するTerradepthが約8.8億円を調達、創業者はNavy SEALs出身

    深海の地図作成やデータ収集には膨大な費用がかかるためわずかな調査しか行われていない。元米海軍特殊部隊Navy SEALsにいた二人が立ち上げたTerradepthは自動運転の潜水艇でこの状況を変えようとしている。 続きを読む

  • インテルの最新RealSenseライダーカメラは倉庫の在庫管理という巨大市場を目指す

    インテルの最新RealSenseライダーカメラは倉庫の在庫管理という巨大市場を目指す

    Intel(インテル)は米国時間12月11日、同社のRealSenseシリーズに新製品を加えた。そのL515と呼ばれる製品はテニスボールぐらいの大きさで、もっぱら倉庫のロジスティクスで使われることを狙っている。 続きを読む

  • MITの科学者が1年で10万回の反復実験が可能なロボットを開発

    MITの科学者が1年で10万回の反復実験が可能なロボットを開発

    科学はエキサイティングなはずだが、実際にはおそろしく退屈なこともある。何千回も同じことを繰り返す実験もあるが、そんなものは自動化してほしいところだ。 続きを読む