Rocket Lab(企業)

Rocket Labは、アメリカのロサンゼルスを拠点とする航空宇宙企業。

  • 再利用化を進めるRocket Labは次のElectron打ち上げでも第1段回収を実施

    再利用化を進めるRocket Labは次のElectron打ち上げでも第1段回収を実施

    Rocket Labは次の打ち上げ準備を行っている。今のところ、ニュージーランドの施設から2021年5月に打ち上げられる予定だ。このフライトのペイロードは、BlackSkyの地上観測コンステレーションに追加される2基の衛星だが、Rocket Labにはもう1つ、Electronロケットの再利用化に向けた重要な目標もある。つまり、宇宙から帰還したブースター(第1段)の回収だ。 続きを読む

  • Rocket LabのベックCEOがより大きなロケットが必要な理由と株式公開の理由を語る

    Rocket LabのベックCEOがより大きなロケットが必要な理由と株式公開の理由を語る

    米国時間3月1日月曜日、Rocket Labは多くのニュースを発表した。Rocket Labの創設者兼CEOであるPeter Beck(ピーター・ベック)氏に、なぜ今、大型打ち上げロケットNeutronなのか、そしてなぜ同時に株式公開しようとしているのかを聞いた。当然のことながら、この2つは密接に関連している。 続きを読む

  • Rocket Labが再利用可能な衛星打ち上げ用大型ロケットを発表、最大積載量8トン

    Rocket Labが再利用可能な衛星打ち上げ用大型ロケットを発表、最大積載量8トン

    SPAC(特別買収目的会社)との合併による上場のニュースだけでは十分ではなかったようで、Rocket Labは米国3月1日、開発中の新たなクラスのロケットを発表した。Neutronと呼ばれるロケットは最大8トンを軌道へと運搬することができる。 続きを読む

  • ロケット打ち上げのRocket LabがSPAC合併で上場へ、企業価値4370億円に

    ロケット打ち上げのRocket LabがSPAC合併で上場へ、企業価値4370億円に

    SPAC(特別買収目的会社)の波が宇宙開発スタートアップにも押し寄せている。現在流行しているSPAC合併が広がる前、この業界のエグジットするペースは比較的緩やかなものだった。Rocket Labは最新のSPAC合併例となり、最も注目すべきものとなりそうだ。 続きを読む

  • ロケット・ラボが2021年初のロケット打ち上げ完了、18回目のミッションを実施

    ロケット・ラボが2021年初のロケット打ち上げ完了、18回目のミッションを実施

    Rocket Lab(ロケット・ラボ)はニュージーランド標準時1月20日午後8時26分(日本標準時1月20日午後5時26分)、18回目のミッションであり、2021年最初のミッションとしてロケットを打ち上げた。 続きを読む

  • Rocket Labが東京の宇宙スタートアップSynspectiveの衛星打ち上げに成功

    Rocket Labが東京の宇宙スタートアップSynspectiveの衛星打ち上げに成功

    Rocket Labは17回目のミッションを完了し、東京の宇宙スタートアップであるSynspectiveによる合成開口レーダ(SAR)衛星を軌道に乗せた。同社はこれまでに1億ドル(約104億円)以上の資金を調達している。 続きを読む

  • 東大宇宙系スタートアップ「Synspective」が同社初の小型SAR衛星打上げ予定日を公開

    東大宇宙系スタートアップ「Synspective」が同社初の小型SAR衛星打上げ予定日を公開

    衛星データ解析によるソリューション提供および小型SAR(合成開口レーダー)衛星の開発・運用を行うSynspective(シンスペクティブ)は11月25日、同社初の実証衛星である小型SAR衛星「StriX-α」(ストリクス アルファ)の打上げ日程を発表した。 続きを読む

  • Rocket Labのブースター回収「完全成功」の詳細

    Rocket Labのブースター回収「完全成功」の詳細

    今回は改良版のElectronシステムにとって最初の打ち上げテストとなった。ブースターと2段目の間に設置されたパラシュートによる減速システムは正常に作動し、洋上着水と回収に成功した。 続きを読む

  • Rocket Labが打ち上げ後のブースター回収に初成功!

    Rocket Labが打ち上げ後のブースター回収に初成功!

    ニュージーランドにも拠点を置くロケット打ち上げ会社であるRocket Labは米国時間11月20日、ペイロードを軌道に乗せた後にElectronのブースターを安全に落下させて回収し、再使用可能ロケットへの一歩を踏み出した。 続きを読む

  • NASAがテスト飛行や技術開発のパートナーとしてSpaceX、Rocket Lab、Blue Originなどと契約

    NASAがテスト飛行や技術開発のパートナーとしてSpaceX、Rocket Lab、Blue Originなどと契約

    NASAは商用宇宙開発チームとして、新しく20の企業とのパートナーシップを発表した。これにはSpaceX、Blue Origin、Rocket Labとの協力関係も含まれる。金銭的な取引はないものの、NASAは無数の人材とその他の支援をテスト飛行や技術開発に投入する。 続きを読む