ロケット(用語)

ロケットに関連する記事一覧

  • ロケット打ち上げスタートアップAstraの最初の打ち上げは第一段階の燃焼失敗、あと2回のテスト飛行で軌道上を目指す

    ロケット打ち上げスタートアップAstraの最初の打ち上げは第一段階の燃焼失敗、あと2回のテスト飛行で軌道上を目指す

    ロケット打ち上げスタートアップのAstra(アストラ)は、米国太平洋標準時午前8時19分(日本時間8月13日午前0時19分)に行われた「Rocket 3.1」試験機の打ち上げには成功したが、飛行は第1段階のエンジン燃焼中に軌道に到達するずっと前に終了した。 続きを読む

  • Rocket LabはCapella Spaceの衛星打ち上げに成功し通常の打ち上げ稼働状態に復帰

    Rocket LabはCapella Spaceの衛星打ち上げに成功し通常の打ち上げ稼働状態に復帰

    Rocket Labは、ペイロードを失うという前回のミッション失敗を経て、正常な打ち上げ稼働状態に復帰した。米国時間8月31日には、クライアントであるCapella SpaceのSequoia衛星を載せた打ち上げを、ニュージーランドの発射施設で成功させた。 続きを読む

  • Rocket Labが驚異的な回復力で早ければ8月27日に商用打ち上げを再開

    Rocket Labが驚異的な回復力で早ければ8月27日に商用打ち上げを再開

    Rocket Labは、7月4日の打ち上げ失敗でペイロードを失ったものの、驚異的な復活を遂げ、わずか8週間で次なる商用専用ミッションの打ち上げウィンドウを設定した。ニュージーランド現地時間で8月27日午後3時5分から12日間となる。 続きを読む

  • スコットランドの宇宙港を規制当局と政府が完全承認、年間12回の打ち上げが可能に

    スコットランドの宇宙港を規制当局と政府が完全承認、年間12回の打ち上げが可能に

    スコットランドで初めて計画されていた宇宙港が完全に承認され、建設と運用が進められることになった。この施設は、サザーランドの北部、北大西洋に突き出た半島の上に作られる。ここは、イギリス初の再利用可能軌道ロケットの開発を目指すOrbexのロケット打ち上げ施設となる。 続きを読む

  • ロケット打ち上げスタートアップAstraが8月2日以降に初軌道飛行テストを実施、SpaceXなどより低コスト

    ロケット打ち上げスタートアップAstraが8月2日以降に初軌道飛行テストを実施、SpaceXなどより低コスト

    米国拠点のロケット打ち上げスタートアップであるAstra(アストラ)は、初の軌道飛行テストの準備を進めている。天候に応じて、今週末か来週末にも打ち上げを実施する。 続きを読む

  • Rocket Labの打ち上げは第2段ロケットの燃焼中に失敗、キヤノン電子開発の地球観測衛星などが消失

    Rocket Labの打ち上げは第2段ロケットの燃焼中に失敗、キヤノン電子開発の地球観測衛星などが消失

    7月5日のRocket Labの、ミッション名「Pics or it didn’t happen」(写真がなければ信じない)の打ち上げは失敗に終わり、ロケット「Electron」と搭載した7つのペイロードすべてが失われた。 続きを読む

  • NASAがアルテミス月探査計画に向けてブースターロケット6基を調達へ

    NASAがアルテミス月探査計画に向けてブースターロケット6基を調達へ

    NASA(航空宇宙局)は、コアブースター・ロケット SLS 6基をNorthrop Grumman(ノースロップ・グラマン)社に追加発注する準備を進めていることを今週発表した。 続きを読む

  • スコットランドの宇宙開発スタートアップSkyroraがロケットの準軌道打ち上げに成功

    スコットランドの宇宙開発スタートアップSkyroraがロケットの準軌道打ち上げに成功

    エディンバラに拠点を置くSkyroraは、米国時間6月13日土曜日にスコットランド沖の島からSkylark Nanoロケットの打ち上げに成功し、その計画の重要なマイルストーンを達成した。 続きを読む

  • 種子島宇宙センターからISSヘ、H-IIBによる「こうのとり9号機」の打ち上げが成功

    種子島宇宙センターからISSヘ、H-IIBによる「こうのとり9号機」の打ち上げが成功

    宇宙航空研究開発機構(JAXA)は三菱重工業のH-IIBロケットで、宇宙ステーション補給機である「こうのとり」の最後の1機を打ち上げた。 続きを読む

  • Rocket Labが使い捨てElectronロケットのヘリでの空中キャッチに成功

    Rocket Labが使い捨てElectronロケットのヘリでの空中キャッチに成功

    Rocket Labは使い捨て用に設計されたたロケットを降下中に回収する方法を開発している。同社はプロセスのカギとなるヘリコプターによる空中キャッチのテストに成功したと発表した。 続きを読む

  • Relativity Spaceは3Dプリントとクラウドベースのソフトウェアで新型コロナの嵐をやり過ごす

    Relativity Spaceは3Dプリントとクラウドベースのソフトウェアで新型コロナの嵐をやり過ごす

    他のどの業界とも同様に宇宙関連の若いスタートアップや企業でも、新型コロナウイルス危機の煽りを受けてレイオフが相次いでいる。しかし、Relativity Spaceは、なんとかレイオフを回避できた。それどころか、世界的パンデミックにも負けず、新規に従業員を雇用している。 続きを読む

  • 小型ロケット打ち上げスタートアップFireflyがロケット産業大手Aerojet Rocketdyneと提携

    小型ロケット打ち上げスタートアップFireflyがロケット産業大手Aerojet Rocketdyneと提携

    ファイヤーフライ・エアロスペースはエアロ・ロケットダインと手を組むことになった。これは、小規模な新規参入の宇宙スタートアップが、経験豊富な伝統的ヘビー級企業と提携するという理想的な形だ。ファイヤーフライ・エアロスペースは2013年に設立され、小型衛星用の打ち上げ機アルファを市場に送り出すために、これまでに約2億3500万円を調達している。 続きを読む

  • HyperSciencesは超音速ドリル技術で宇宙飛行の「大逆転」を目指す

    HyperSciencesは超音速ドリル技術で宇宙飛行の「大逆転」を目指す

    Eron Musk(イーロン・マスク)がトンネルを掘りながら、地球の遙か上空を飛びたいと考えているのは偶然ではない。 続きを読む

  • イーロン・マスク、Starshipロケットの完成品を披露

    イーロン・マスク、Starshipロケットの完成品を披露

    イラストや製造中の写真でさんざんじらしたあと、Elon Muskはようやく完成したStarshipロケットを披露した。 続きを読む

  • Rocket Lab、超小型衛星10基をまもなく打ち上げ(ライブ中継あり)

    Rocket Lab、超小型衛星10基をまもなく打ち上げ(ライブ中継あり)

    Rocket Labの商用ロケット“It’s Business Time”のデビューから1ヶ月、同社は次の顧客であるNASAを宇宙に運ぶ。 続きを読む

  • ソユーズロケットが事故から復活。来月初めにISSへの有人ミッション実施

    ソユーズロケットが事故から復活。来月初めにISSへの有人ミッション実施

    10月、幸い死者は出なかったものの大きな注目を集めたソユーズロケット有人飛行ミッションの事故は徹底的な調査が終わり、米国、欧州、ロシア各国の宇宙開発機関はこの歴史ある発射システムの利用に前向きだ。ロスコスモス(ロシア連邦宇宙局)は、12月3日に国際宇宙ステーションへの有人飛行ミッションが発射されると発表した。事故からまだ2ヶ月も過ぎていない。 続きを読む

  • スターマンからの信号が途絶えた

    スターマンからの信号が途絶えた

    スターマンと彼のSpace Teslaから地球軌道最後の自撮り写真が送られてきた、とElon Muskが報告した。マネキンドライバー(本物のSpaceX宇宙服着用)を乗せたこの車は昨日(米国時間2/6)Falcon Heavyロケットに乗せられて飛び立ち、最終的には地球軌道を離れ太陽系の彼方へ向かう。 続きを読む

  • SpaceX、Falcon 9ロケットの発射と3度目の回収に成功

    SpaceX、Falcon 9ロケットの発射と3度目の回収に成功

    本日(米国時間10/11)SpaceXはFalcon 9ロケットの今年15回目の打ち上げに成功した。ロケットはフロリダ州のケネディ宇宙センターから飛び立ちEchoStarおよびSESの二重目的ミッションをもつ衛星を搭載している。今回打ち上げに使った第一段ロケットは2月に宇宙ステーションの補給ミッションで飛んだ後回収され、SpaceXによって修復された。 続きを読む

  • SpaceXがドローン船を使ったFalcon 9ロケットの回収に成功

    SpaceXがドローン船を使ったFalcon 9ロケットの回収に成功

    SpaceXは土曜日に行われたFalcon 9の打ち上げで、ロケットの1段目を回収することに成功した。これで今までに回収したロケットの数は7台になったほか、「Just Read The Instructions」と名付けられたドローン船でのロケット回収は今回が初だった。回収の様子はロケットに取り付けられたカメラにも収められており、着陸までのプロセス全体を映像で見ることができる。 続きを読む

  • Moon Expressが2000万ドルを調達、月面着陸に向けて本格始動

    Moon Expressが2000万ドルを調達、月面着陸に向けて本格始動

    Google Lunar X-Prizeに参加中のMoon Expressは、シリーズB1で2000万ドルを調達し、月への処女航海に必要な資金が揃ったと発表した。今回の調達資金を含め、Moon Expressはこれまでに合計4500万ドル以上を、個人やVCのFounders Fund、Collaborative FundさらにはAutodeskなど民間から調達している。 2016年7月に、Moon Expressは民間企業として初めて月への渡航許可を手に入れた。同社は宇宙船MX-1Eを2017年中に月へと飛ばそうとしており、同時にX-Prizeの賞金… 続きを読む