RPA / ロボティック・プロセス・オートメーション(用語)

RPAに関連する記事一覧

  • Salesforceが熱いRPAに参入、Servicetraceを買収してMulesoftと提携

    Salesforceが熱いRPAに参入、Servicetraceを買収してMulesoftと提携

    ここ数年、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)の動きが熱く、SAPやIBM、ServiceNowなど投資やM&Aが盛んだ。Salesforceはいつこの動きに加わるのかと筆者は思っていたが、米国時間8月2日、同社はドイツのRPA企業であるServicetraceを買収する意向を発表し、RPAの世界に足を踏み入れることになった。 続きを読む

  • 中国版UiPath、RPAスタートアップLaiyeが54億円のシリーズC+を完了

    中国版UiPath、RPAスタートアップLaiyeが54億円のシリーズC+を完了

    ここ数カ月、ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)が話題になっている。ニューヨークを拠点とするUiPathは、2021年2月に350億ドル(約3兆8000億円)という驚異的な評価額を得た後、新規株式公開に向けて動き出した。そして中国では、同国産のRPAスタートアップLaiye(ライヤ、来也)が話題になっている。 続きを読む

  • 企業向けノーコードツールの米国展開に向けてベルリンのBryterがさらに72.5億円調達

    企業向けノーコードツールの米国展開に向けてベルリンのBryterがさらに72.5億円調達

    ノーコードスタートアップ企業が、企業の間で多くの支持を集め続けている。ノーコードを使って、従業員たち(まあ非技術者ではあるもののソフトウェアそのものは毎日利用しているような人たち)が、自分の仕事の反復的な部分を実行させるためのアプリを作っているのだ。そうした従業員たちは仕事の世界では「市民コーダー」とも呼ばれている。ベルリンを拠点とするBryterは、AIを活用したノーコードの新しいスタートアップだ。 続きを読む

  • 無名スタートアップから企業価値3.8兆円のRPAユニコーンに登りつめたUiPath成長の軌跡

    無名スタートアップから企業価値3.8兆円のRPAユニコーンに登りつめたUiPath成長の軌跡

    米国時間3月27日、UiPathは速射砲のような進化過程の次期ステップとして、上場のためのS-1書類を提出した。この会社がどれほどの速さで上昇してきたかを知るべく、これまでの資金調達の歴史を見てみよう。 続きを読む

  • ロボティック・プロセス・オートメーションのUiPathがIPO申請

    ロボティック・プロセス・オートメーションのUiPathがIPO申請

    米国時間3月26日午前、よく知られたロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)のユニコーンであるUiPathが上場申請した。同社はこのS-1書類提出に至るまでに、非公開企業として数十億ドル(数千億円)の資金を獲得しており、史上有数の資金豊富なスタートアップに数えられている。 続きを読む

  • 買収ラッシュのServiceNowが今度はインドのRPAスタートアップIntellibotを獲得

    買収ラッシュのServiceNowが今度はインドのRPAスタートアップIntellibotを獲得

    ServiceNowはインド・ハイデラバード拠点のRPA(ロボットによる業務自動化)スタートアップIntellibotの買収を発表し、RPAを思い切って取りこむ最新の企業となった。両社は買収価格を公表しなかった。今回の買収は、企業が組織内の業務の自動化に目を向けていることを受けてのものだ。 続きを読む

  • AIを中心とするプロセス・オートメーション・プラットフォームのDeepSee.aiが24.7億円のシリーズA調達

    AIを中心とするプロセス・オートメーション・プラットフォームのDeepSee.aiが24.7億円のシリーズA調達

    米国時間3月15日、企業がAIを利用して基幹業務の課題を自動化することを支援するスタートアップ企業のDeepSee.aiが、ForgePoint Capitalの主導する2260万ドル(約24億7000万円)のシリーズAラウンドを実施したことを発表した。 続きを読む

  • Infinitusが医療企業を対象とした「新世代のロボコール」で22.6億円獲得

    Infinitusが医療企業を対象とした「新世代のロボコール」で22.6億円獲得

    ロボット・プロセス・オートメーション(RPA)は、人がより複雑な作業に集中できるよう、AIやその他のテクノロジーを効果的に活用して反復的な作業を自動化することで企業のIT分野を支えてきた。Infinitusというスタートアップがこの概念を医療分野に適用し、分断された米国の医療業界における音声通信プロセスを高速化すべく、これまでの沈黙を破り忽然と姿を現した。 例えば、医療提供者や薬局が保険会社へ電話する場合、支払い承認や手続きの前に通常一般的な質問を相手側の人間に尋ねるが、Infinitusは「音声RPA」を用いて音声を機械で生成すること… 続きを読む

  • 業務自動化のUiPathが約790億円調達、IPOもまもなく

    業務自動化のUiPathが約790億円調達、IPOもまもなく

    急成長中のロボット・プロセス・オートメーション(RPA)分野におけるリーダーの1社であるUiPathは米国2月1日、350億ドル(約3兆7000億円)という驚くべきポストマネーバリュエーションで7億5000万ドル(約790億円)のシリーズFラウンドをクローズしたと発表した。 続きを読む

  • 業務自動化のUiPathが新規上場のための書類を米証取委に非公開で提出

    業務自動化のUiPathが新規上場のための書類を米証取委に非公開で提出

    ものすごい勢いで成長しているロボットプロセスオートメーション(RPA)のスタートアップUiPathが、今後予想されているIPOに先立ち、米国時間12月17日米国証券取引委員会(SEC)に非公開で書類を提出した。 続きを読む