RPA / ロボティック・プロセス・オートメーション(用語)

RPAに関連する記事一覧

  • Infinitusが医療企業を対象とした「新世代のロボコール」で22.6億円獲得

    Infinitusが医療企業を対象とした「新世代のロボコール」で22.6億円獲得

    ロボット・プロセス・オートメーション(RPA)は、人がより複雑な作業に集中できるよう、AIやその他のテクノロジーを効果的に活用して反復的な作業を自動化することで企業のIT分野を支えてきた。Infinitusというスタートアップがこの概念を医療分野に適用し、分断された米国の医療業界における音声通信プロセスを高速化すべく、これまでの沈黙を破り忽然と姿を現した。 例えば、医療提供者や薬局が保険会社へ電話する場合、支払い承認や手続きの前に通常一般的な質問を相手側の人間に尋ねるが、Infinitusは「音声RPA」を用いて音声を機械で生成すること… 続きを読む

  • 業務自動化のUiPathが約790億円調達、IPOもまもなく

    業務自動化のUiPathが約790億円調達、IPOもまもなく

    急成長中のロボット・プロセス・オートメーション(RPA)分野におけるリーダーの1社であるUiPathは米国2月1日、350億ドル(約3兆7000億円)という驚くべきポストマネーバリュエーションで7億5000万ドル(約790億円)のシリーズFラウンドをクローズしたと発表した。 続きを読む

  • 業務自動化のUiPathが新規上場のための書類を米証取委に非公開で提出

    業務自動化のUiPathが新規上場のための書類を米証取委に非公開で提出

    ものすごい勢いで成長しているロボットプロセスオートメーション(RPA)のスタートアップUiPathが、今後予想されているIPOに先立ち、米国時間12月17日米国証券取引委員会(SEC)に非公開で書類を提出した。 続きを読む

  • マイクロソフトがPower Automateの機能を強化するProcess Advisorを公開、反復の多い作業のワークフローを効率化

    マイクロソフトがPower Automateの機能を強化するProcess Advisorを公開、反復の多い作業のワークフローを効率化

    Microsoftが公開したProcess Advisorはさまざまな業務を可視化するプロセスマイニングツール、Power Automateの一部となりプロセスのロボット化を助ける 続きを読む

  • BizteXが約500のSaaS対象にAPI連携状況をデータベース化した「SaaS連携マップ」公開

    BizteXが約500のSaaS対象にAPI連携状況をデータベース化した「SaaS連携マップ」公開

    BizteXは10月15日、国内展開されている約500のSaaS(Software as a Service)を対象にAPI連携状況をデータベース化した「SaaS連携マップ」を公開したと発表した。 続きを読む

  • 評価額1.1兆円超に急増した業務自動化のUIPathがシリーズEで約241億円を追加調達

    評価額1.1兆円超に急増した業務自動化のUIPathがシリーズEで約241億円を追加調達

    Robotic Process Automationの先頭を走るスタートアップであるUIPathが、米国時間7月13日に102億ドル(約1兆1000億円)という驚異的な評価額の下に、2億2500万ドル(約241億円)のシリーズEを行ったことを発表した。 続きを読む

  • マイクロソフトがRPAプラットフォームのSoftomotiveを買収

    マイクロソフトがRPAプラットフォームのSoftomotiveを買収

    Microsoft(マイクロソフト)のCEOであるSatya Nadella(サティア・ナデラ)氏はBuildの基調講演で5月19日、RPA(ロボティックプロセスオートメーション)のプラットフォームのSoftomotive(ソフトモーティブ)を買収したことを明らかにした。Bloomberg(ブルームバーグ)が今月初め、買収の動きを最初に報じたが、両社は現時点でコメントを出していない。 続きを読む

  • 定型作業を自動化するクラウド型RPA「Robotic Crowd」が約5.5億円を調達

    定型作業を自動化するクラウド型RPA「Robotic Crowd」が約5.5億円を調達

    SaaS型のクラウドRPA「Robotic Crowd」を展開するチュートリアルは5月13日、シリーズAラウンドでDNX Ventures、Salesforce Ventures、Archetype Venturesを引受先とした第三者割当増資により総額5億5200万円を調達したことを明らかにした。 続きを読む

  • クラウドRPAとiPaaSの二刀流で企業の業務自動化を支援へ、BizteXが6.3億円調達

    クラウドRPAとiPaaSの二刀流で企業の業務自動化を支援へ、BizteXが6.3億円調達

    クラウドRPA「BizteX cobit」を展開するBizteXが、iPaaS領域にプロダクトを拡張することで顧客の業務自動化を加速させる取り組みを始めるようだ。 同社は4月20日、みやこキャピタル、KDDI(KDDI Open Innovation Fund 3号)、TISおよび既存投資 家のWiLを引受先とする第三者割当増資と日本政策金融公庫や商工組合中央金庫からの融資により総額で6.3億円を調達したことを明らかにした。 続きを読む

  • プログラミングなしで業務自動化を実現するTonkeanが約26億円調達

    プログラミングなしで業務自動化を実現するTonkeanが約26億円調達

    新型コロナウイルスによってリモートワークを強いられる会社が急増する中、多数のスタートアップがRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)を提供するビジネスに乗り出している。 続きを読む

  • 京葉銀行がAI inside開発のAI OCRサービス「DX Suite」を導入、住宅ローン事前審査業務からDX化

    京葉銀行がAI inside開発のAI OCRサービス「DX Suite」を導入、住宅ローン事前審査業務からDX化

    AI insideは3月12日、千葉県内を主な営業地域とする京葉銀行にAI-OCRサービス「DX Suite」を提供することを明らかにした。 続きを読む

  • Peaceful Morningが2019年版RPAカオスマップを公開

    Peaceful Morningが2019年版RPAカオスマップを公開

    Peaceful Morningは10月23日、RPA(Robotic Process Automation)カオスマップの2019年版を公開した。RPAは、機械学習や人工知能などを活用して事務処理などの業務の自動化・効率化をを図るサービス。 続きを読む

  • Abbyyがスキャンとワークフローに新たな命を吹き込むためにRPAに目を向けた

    Abbyyがスキャンとワークフローに新たな命を吹き込むためにRPAに目を向けた

    Abbyyは長い間スキャンやワークフローツールを使って企業を助けてきたが、古いベンダーたちと同様に、従来のビジネスモデルを拡張する方法を模索していた。そうするための1つの手段が、UIPathのようなRPA企業とチームを組むことだ。本日同社は、UiPath Go! App Store内で、Abbyy FlexiCapture Connectorを発売したことを発表した。 AbbyyのプロダクトマーケティングシニアバイスプレジデントであるBruce Orcuttによれば、このコネクタはコンテンツをUIPathに取り込んだり、Abbyyからコンテンツを取… 続きを読む

  • 2018年度版「RPAカオスマップ」が公開

    2018年度版「RPAカオスマップ」が公開

    ホワイトカラー業務の効率化・自動化の取組みを行うRPA(Robotic Process Automation)の領域は、ここ数年で大きく動きを見せている。2017年11月にはソフトバンクが国内RPA大手のRPAホールディングスへの出資を発表。共同でこの領域へと本格的に参入する意志を示した。 続きを読む

  • オフィス労働者を置き換えるロボットたちが大きな価値を生み出す

    オフィス労働者を置き換えるロボットたちが大きな価値を生み出す

    今でも多くの人たちが、オフィスに座って繰り返しの仕事を行うことによって給料を得ている。しかし近年では、雇用主たちは、その仕事を機械に委託する方法を見つけようと躍起になっている。 ベンチャーと成長企業への投資家たちは、これらのワーカーボットの増加を加速するために多くのことを行っている。これまでのところ、今年彼らは数億ドルの資金を、ロボティックプロセスオートメーション(RPA)の開発者たちに注ぎ込んできた。RPAとはこれまで人間によって行われていた一連の仕事を行ってくれるソフトウェアを表現するための用語だ。 続きを読む

  • 定型的なPC作業はロボットにお任せ、クラウドRPAのBizteXが4億円を調達

    定型的なPC作業はロボットにお任せ、クラウドRPAのBizteXが4億円を調達

    定型的・反復的な事務作業をロボットが代行するクラウドRPAサービス「BizteX cobit」。同プロダクトを運営するBizteXは8月7日、WiLとジェネシア・ベンチャーズを引受先とした第三者割当増資により総額約4億円を調達したことを明らかにした。 続きを読む

  • 人手のかかる来客対応を自動化する「ACALL」が1億円を調達、きっかけは自社の課題解決から

    人手のかかる来客対応を自動化する「ACALL」が1億円を調達、きっかけは自社の課題解決から

    来客対応を自動化するRPA(Robotic Process Automation)サービス「ACALL」を提供するACALL。同社は4月24日、ジェネシア・ベンチャーズとみずほキャピタルを引受先とする第三者割当増資により約1億円を調達したことを明らかにした。 今回調達した資金を基に組織体制を強化し、IoT連携のためのAPI開発やシェアオフィス・コワーキングスペース向けのサービス開発を進めるという。 続きを読む

  • 資産管理業の自動化ソリューションを提供するロボット投信が4億円を調達

    資産管理業の自動化ソリューションを提供するロボット投信が4億円を調達

    金融機関向けに資産運用業務の自動化ソリューションなどを提供するロボット投信は2月1日、インキュベイトファンド、テックアクセルベンチャーズ、三菱東京UFJ銀行、SMBCベンチャーキャピタル、カブドットコム証券、みずほキャピタルを引受先とした第三者割当増資により、総額約4億円の資金調達を実施したことを明らかにした。 ロボット投信は2016年9月にもインキュベイトファンドから1億円を調達。今回はそれに続くラウンドとなる。 同社が手がけるのは、いわゆる金融機関向けの「RPA(Robotic Process Automation)」サービスだ。ここ半年… 続きを読む