Runnable

  • Runnableがマイクロサービス時代のための開発環境の迅速なセットアップをサービスとして提供

    Runnableがマイクロサービス時代のための開発環境の迅速なセットアップをサービスとして提供

    2013年にRunnableは、“コードのYouTube”になることをミッションに掲げてローンチした。ユーザーはこのサイトで、コードの小片を見つけられるだけでなく、それを動かしてみることもできた。しかしそれも少しずつ変わり、今日(米国時間9/20)この資金潤沢なスタートアップは、これまでとはやや違う方向性を打ち出した。Runnableが今日リリースしたツールにより企業は、デベロッパーの各コードブランチ用の完全な開発〜テスト環境を迅速に整えることができる。今日からこのサービスはベータを脱して一般公開される。 続きを読む

  • Runnableの上にGoogleがDart専用チャネルを作った…新言語の試用が容易に

    Runnableの上にGoogleがDart専用チャネルを作った…新言語の試用が容易に

    Googleが将来的にJavaScriptを駆逐すべきものとして推しているDartは、昨年11月にバージョン1.0に達した。しかし、同じくGoogleのGo言語は急速に人気が盛り上がっているが、Dartはいまいちだ。Dartをなんとか普及させたいGoogleは今日(米国時間1/16)、“コードのYouTube”と呼ばれるサンプルコード発見サイトRunnableが最近設けたCode Channels*を利用する初のフレームワークとして、Dartチャネルを設けた。〔*: YouTubeの‘チャネル̵… 続きを読む

  • コードの作例が見つかる“コードのYouTube”RunnableにC/C++とJavaが加わり企業別チャネルも提供開始

    コードの作例が見つかる“コードのYouTube”RunnableにC/C++とJavaが加わり企業別チャネルも提供開始

    参考になるコード例が見つかるので“コードのYouTube”と呼ばれるRunnableは、3か月前にローンチしたばかりだが、今日(米国時間1/2)は、サポートする言語が増えたことと、同サイトの上で自分のSDKやAPIを目立たせたいと思っている企業やオープンソースプロジェクトをサポートする仕組み〔==“チャネル”の設営〕の開始を発表した。 続きを読む

  • 「プログラムコードのYouTube」を目指すRunnable。サンプルはサイト内で編集・実行可

    「プログラムコードのYouTube」を目指すRunnable。サンプルはサイト内で編集・実行可

    開発しようとしているプログラム(コード)に似たものがないかと、Googleを検索してみるのはよくあることだ。非常に多くのコードが公開されているが、あちこちに分散していて、比較したり内容を検証するのがどうにも面倒だ。Amazonや、ホスティングサービス企業で働きつつ、やはりこのように感じた人物がRunnableというサービスを立ち上げた。コードを探しだすのみでなく、その場で編集して、さらに動かしてみることもできる。 続きを読む