ロシア(国・地域)

ロシアに関連する記事一覧

  • Twitterがロシアに結びついた選挙妨害ボットの数を13000から50000にアップデート

    Twitterがロシアに結びついた選挙妨害ボットの数を13000から50000にアップデート

    Twitterが、2016年の同プラットホーム上における、ロシアによる選挙妨害に関する調査結果の詳細をアップデートした。選挙関連のツイートをしたロシアと結びつきのあるボットの数13000あまりは、トータルで50000あまりとなった。同じく昨年秋の報告で1000だった、今や悪名高いInternet Research Agency(IRA)によるボットの数は、3800になった。 続きを読む

  • ロシアの米議会ハックは過去形でなく現在進行形、日本のTrend Microが痕跡を発見

    ロシアの米議会ハックは過去形でなく現在進行形、日本のTrend Microが痕跡を発見

    日本のセキュリティ企業Trend Microの最新報告によると、昨年の民主党全国大会をハックしたのと同じ集団が、2017年の後半には終始、アメリカ上院を活発に標的にしていた。Trend Microは以前にも、外国の政府をねらう同様のフィッシング攻撃を明らかにしたことがある。今回のセキュリティ報告書によると、彼らの活動は2017年6月に始まり、上院の内部的メールシステムに見せかけたフィッシングサイトにより、議員たちの認証情報(パスワードなど)を盗もうとしていた。 続きを読む

  • ロスコスモス、衛星打ち上げ失敗は初歩的エラーとの説を否定――ロシアの宇宙ビジネスには打撃

    ロスコスモス、衛星打ち上げ失敗は初歩的エラーとの説を否定――ロシアの宇宙ビジネスには打撃

    先月、ロシアはアムール州に新たに建設されたヴォストチヌイ宇宙基地から多数の衛星を積んだロケットを打ち上げたが軌道投入に失敗した。このほどロシアの宇宙開発組織ロスコスモスが発表したところによると、この失敗はこれに先立ってロシアのドミトリー・ロゴジン副首相が示唆していたのとは異なり、初歩的なプログラミング・エラーによるものではないという。 続きを読む

  • Facebook上でロシアのトロルアカウントにやられたか分かるツールがやっとリリース

    Facebook上でロシアのトロルアカウントにやられたか分かるツールがやっとリリース

    今年の秋は、Facebookの上でロシアのトロルアカウントに接触されたと思われる人の数がどんどん増えて、ついに1億5000万近くに達した。今日Facebookは、先月約束していたツールをやっとリリースし、ユーザーが「いいね!」したりフォローしたものが、怪しげな大衆操作のためにネット上にばらまかれた大量のページやコンテンツではないか、チェックできるようにした。 続きを読む

  • アメリカYahooデータ漏えいで起訴されたカナダのハッカーが有罪を認める

    アメリカYahooデータ漏えいで起訴されたカナダのハッカーが有罪を認める

    014年に起きた大規模なアメリカYahooのデータ漏えい事件に関与したとして起訴されていたカナダ国籍のハッカーが有罪答弁を行ったことが明らかになった。このハッカーはロシア情報機関の職員に雇われてYahooのデータベースに侵入し、5億件のアカウント情報を不法に得ていた。被告人は22歳のカザフスタン生まれのカナダ人で、Karim Baratovといい、アメリカYahooへのハッキングで逮捕された唯一の人物だ。 続きを読む

  • ロシアがFacebookに出稿したフェイク広告の一部を下院の委員会が公表、その画像もある

    ロシアがFacebookに出稿したフェイク広告の一部を下院の委員会が公表、その画像もある

    どれだけの量のロシアによるコンテンツがソーシャルネットワーク上に流通したのか、今テクノロジー企業はそれを探り当てようと焦っているが、正確な計量は不可能だろう。しかしここにご紹介する議会資料は、アメリカ社会に怒りと分断をもたらそうとした、外国勢力によるFacebook上の広告操作の、実態の一端を見せてくれる。 続きを読む

  • Facebookの“広告透明性機能”は来月発効、政治広告出稿者の説明責任を重視

    Facebookの“広告透明性機能”は来月発効、政治広告出稿者の説明責任を重視

    ロシアが昨年の大統領選に影響を及ぼすべく、Facebookの広告を使った、という懸念に応えて同社は、広告の透明性を増進して、広告の出元を誰が見ても分かるようにする、と発表した。 続きを読む

  • NASAとロシア、月宇宙ステーションの共同開発で合意

    NASAとロシア、月宇宙ステーションの共同開発で合意

    今年の国際宇宙会議で、NASAとロシアの宇宙機関、ロスコスモスが共同声明に署名し、地球を遠く離れ月軌道を周回する宇宙ステーションを共同開発する意志を表明した。月面探査と深宇宙科学両方の拠点となる。 続きを読む

  • 救急車が入れない僻地災害地などに細動除去器を運ぶドローンをロシアの産学協同で開発

    モスクワ工科大学のロシア人科学者たちが考えた、このドローンの有効利用技術では、細動除去器(defibrillator, AEDなど)をドローンに搭載して飛ばし、心肺蘇生処置を必要としている遠隔地の人を助ける。 いわば空飛ぶ救急車だが、ヘリなどに比べるとずっと安上がりだ。 このプロジェクトはモスクワ工科大学の航空宇宙研究所と、ロシアの医療機器企業Altomedikaのコラボレーションだ。 続きを読む

  • Microsoftがロシアのハッカー集団Fancy Bearとの静かなるサイバーウォーに勝利

    Microsoftがロシアのハッカー集団Fancy Bearとの静かなるサイバーウォーに勝利

    ホワイトハウスはサイバーセキュリティでロシアと協力し合おうなんて言ってるが、それはロシアよりもさらにありえない相棒に任せた方がよいだろう。Daily Beastの記事によると、Microsoftはこれまで、Fancy Bearという名前で知られるハッカー集団と静かな戦いを繰り広げてきた。このグループは、ロシア軍部の秘密諜報機関GRUと関係がある、と信じられている。 続きを読む

  • ロシアのYandexによる自動運転車オンデマンドタクシーサービスのデモ動画

    ロシアのYandexによる自動運転車オンデマンドタクシーサービスのデモ動画

    ロシアの検索とインターネット技術の巨人Yandexが、Yandex自身が開発した自動運転車のプロトタイプを披露している。最初はタクシーのオンデマンド乗車サービスで、上のビデオは実際に車が動作している様子を示したものだ。このプロトタイプは、Yandexによるソフトウェアのテストを助けることが目的だ。Yandexはこの新興市場に向けての開発に、良い位置を占めていると考えている。 Yandexは、Yandex.NavigatorとYandex.Mapsを含む現在の製品やサービスの中から、ナビゲーション、ジオロケーション、コンピュータビジョン、… 続きを読む

  • Googleがアプリのプリロードを反競争的とするロシア当局の裁定で780万ドルの罰金を払う

    Googleがアプリのプリロードを反競争的とするロシア当局の裁定で780万ドルの罰金を払う

    ロシアの検索ライバルYandexがかねてからGoogleを、ロシアにおける競争のルールに違反しているとして提訴していたが、このほどやっとGoogleは、ロシアの公正取引委員会に相当する連邦独占禁止庁(Federal Antimonopoly Service, FAS)との和解に達した。この訴訟の中心的争点は、Google Play Storeへのアクセスを容易にするためにGoogleが各社のスマートフォンデバイスに、同社のアプリケーションを強制的にプリロードさせている件だ。それをYandexおよび今回のロシア当局は、違法と見なした。 続きを読む

  • トランプの元選挙参謀の家族のテキストメッセージがハックされ闇サイト上で公開

    トランプの元選挙参謀の家族のテキストメッセージがハックされ闇サイト上で公開

    トランプの選挙戦とロシアとの関係をめぐる疑問が高まる中、大統領の元側近の少なくとも一人が、DNC的扱い*を受けたようだ。〔*: DNC, Democratic National Committee, 民主党全国委員会; DNC的扱い, ハックされたこと〕 続きを読む

  • ロシアによる選挙のハッキングを調べるようオバマ大統領が命令

    ロシアによる選挙のハッキングを調べるようオバマ大統領が命令

    ホワイトハウスの国土安全保障とテロ対策アドバイザーLisa Monacoによるとオバマ大統領は、この前の大統領選挙を誘導し、結果に影響を与えたかもしれないハッカー行為や情報リークを徹底的に調べるよう、政府の諜報部門に命じた。 Monacoはこう言った: “大統領は、CIAや国防総省など諜報活動を行う複数の政府機関を全体的に統括する国家情報長官に、2016年の選挙の過程で何が起きたのかを徹底的に調べるよう、指示した”。 続きを読む

  • ロシア政府がJollaのSailfish OSを初のAndroid代替OSとして認可

    ロシア政府がJollaのSailfish OSを初のAndroid代替OSとして認可

    残り少ない独立系モバイルOSプラットフォームのひとつである、JollaのSailfish OSの未来が少しずつ見え始めてきた。他社へのライセンシングを目的に、Sailfish OSのコアコードの開発・保守を行っている、フィンランド生まれのJollaは、本日同OSがロシア政府および企業で利用されるために必要となる認証を取得したと発表したのだ。 近年ロシア政府は、AndroidとAppleのiOSの複占市場となっているモバイルOS界で、2つのOSを代替できるようなシステムの開発を奨励しようとしており、SailfishとTizenがその候補に挙げ… 続きを読む

  • ロシアのSpotify、Zvooqが社員の引き抜きを理由にYandexを相手取り2900万ドルの賠償請求

    ロシアのSpotify、Zvooqが社員の引き抜きを理由にYandexを相手取り2900万ドルの賠償請求

    西欧の主要レーベルを味方につけ、ロシアと独立国家共同体(CIS)で音楽ストリーミングサービスを提供しているZvooqが、Yandexに2900万ドルの賠償金を求める裁判を起こしている。同社は、ロシアの検索エンジン大手Yandexが、今年の2月に両社の間で結ばれたとされる秘密保持契約書(NDA)に反し、自社の音楽ストリーミングサービスのために、Zvooqのキーメンバーを引き抜いたと主張しているのだ。 モスクワを拠点とし、キプロスに登記されているZvooqは、Yandexを不正競争とNDA違反で訴えている。なお、問題となっているNDAは、Y… 続きを読む

  • Foodpandaが1億ドルでロシアのフードデリバリー事業をMail.Ruに売却

    Foodpandaが1億ドルでロシアのフードデリバリー事業をMail.Ruに売却

    Rocket Internetの投資先で、フードデリバリー事業を営むFoodpandaが、海外事業のさらなる処分を進めている。本日同社は、ロシアにある子会社のRussian Delivery ClubをMail.Ru Groupに1億ドルで売却すると発表した。 売却益を他の事業に投じることで「コアとなる地域にさらにフォーカスできる」とFoodpandaは話す。今回の売却は、Mail.Ruがロシアの顧客に売れるような他のサービスがないか探しているタイミングで起きた。Mail.Ruによれば、mail.ruやFacebookのようなSNSのVK.co… 続きを読む

  • ロシアのバスチケット比較サイト「Busfor」が2000万ドルを調達、東欧やアジア諸国へのさらなる拡大を目指す。

    ロシアのバスチケット比較サイト「Busfor」が2000万ドルを調達、東欧やアジア諸国へのさらなる拡大を目指す。

    個人所有のクルマによる配車サービスという分野でUberなどの企業がしのぎを削る一方、人を運ぶという分野には運ぶ人数がはるかに多いのにも関わらず、まだ古いビジネスモデルがそのままの業界がある。長距離バス業界だ。 ここまで言っただけでは笑われそうだが、私は「バス版のUber」というビジネスを話しているのではない。この業界がもつ複雑さはバスが家までやって来たとしても無くならない。そうではなく、それぞれのバス会社が単体で提供するルートよりも遠くに行くとき、この業界の複雑さがのしかかる。バスを乗りつぐ中距離や長距離の旅行を計画することは、ユーザー… 続きを読む

  • 芸術写真フィルタアプリPrismaがAndroid版をリリース

    芸術写真フィルタアプリPrismaがAndroid版をリリース

    Prismaの人気が続いている。iOSでの公開からほんの1か月余りでInstagramの多数の利用者の想像力をほとんど根こそぎにさらったAIベースの写真加工アプリケーションのPrismaが、ついにすべてのAndroidユーザーのために開放された 。これはGoogleのモバイルOS上でベータ公開されたわずか5日後のことだ。 続きを読む

  • ロシアの独禁当局がAndroid機へのGoogle検索のプレインストールを不正競争と裁定、Yandexの株価が上昇

    ロシアの独禁当局がAndroid機へのGoogle検索のプレインストールを不正競争と裁定、Yandexの株価が上昇

    【抄訳】 2月に“ロシアのGoogle” Yandexが、不正競争でGoogleを訴えた。その訴訟は、Androidデバイスのほとんど全機に、デフォルトの検索エンジンとしてGoogleがプレインストールされていることが不正競争にあたり、Yandexに不当な不利を与えている、と主張した。 Yandexはロシアで60%のシェアを握っているが、Androidはロシアで売られているスマートフォンの86%を占める。つまりモバイルが、この係争の戦場だ。 そして今日(米国時間9/14)、Googleに不正競争の判決が下り、Yande… 続きを読む