Safety

  • アップルとGoogle PlayはFTC警告の3つのデートアプリを削除

    アップルとGoogle PlayはFTC警告の3つのデートアプリを削除

    安全対策のあるアプリでも、TinderやGrindrなどのアプリを起因とする児童のレイプが2015年以降で30件あまりあった。 続きを読む

  • Facebookは新しい機械学習技術で870万件の児童搾取ポストを削除したと主張

    Facebookは新しい機械学習技術で870万件の児童搾取ポストを削除したと主張

    Facebookが今日(米国時間10/24)、前四半期には新しい技術により、児童搾取の規則に違反している870万件のコンテンツを削除した、と発表した。同社が昨年来開発してきた新しいAIおよび機械学習の技術は、それらのポストの99%を、誰かがそれを報告する前に削除した、とFacebookの安全性担当のトップAntigone Davisがブログ記事で述べている。 続きを読む

  • 長いパスワードはパスワードの悪用や同一パスワードの再利用を大幅に減らす

    長いパスワードはパスワードの悪用や同一パスワードの再利用を大幅に減らす

    インディアナ大学の研究者たちが、パスワードに関する厳しい規則は…相当面倒なものを除いては…実際に効果があることを実証した。その研究を行った院生のJacob Abbott, 同大のCIO Daniel Calarco, そしてL. Jean Camp教授らは、彼らの研究成果を“Factors Influencing Password Reuse: A Case Study.”(パスワード再利用の影響要素に関する事例研究)と題するペーパーで発表した。 続きを読む

  • Uber、乗客アプリの安全機能を強化

    Uber、乗客アプリの安全機能を強化

    本日(米国時間4/12)Uber CEOのDara Khosrowshahiは、不安が高まっている乗客の安全に配慮したアプリの新機能を発表した。追加機能の大半は、アプリのホームにあるSafety Centerの中にある。 続きを読む

  • ドイツが子ども用スマートウォッチを禁止、盗聴などハッキングの餌食になることを懸念

    ドイツが子ども用スマートウォッチを禁止、盗聴などハッキングの餌食になることを懸念

    ドイツの連邦ネットワーク庁(Federal Network Agency, FNA, Bundesnetzagentur)が今週、子ども用のスマートウォッチを全面的に禁ずる禁令を発布した。さらに、そのようなデバイスをすでに買い与えていた親は、それを破壊しなければならない。この強権的な動きは、未成年をねらったデバイスをめぐるプライバシーの懸念が高まっていることに対する、政府としての対応だ。 続きを読む

  • テスラ、Model X 1万1000台を自主リコール

    テスラ、Model X 1万1000台を自主リコール

    Teslaは、Model Xのごく一部で起きる可能性のあるリアシート調整ケーブルの問題に対して、「十分な注意」のための「未然防止措置」を講じる。同社は自発リコールを発行し、1万1000台のModel Xを対象として検査することを望んでいる ―― ただし実際に問題が発生する可能性があるはわずか3%だと同社は考えている。 続きを読む

  • 安全ゾーンと安全でないゾーンのあいだに‘お友達ゾーン’を設けるロボット安全技術

    安全ゾーンと安全でないゾーンのあいだに‘お友達ゾーン’を設けるロボット安全技術

    言うまでもなく、ロボットや大型機械を使う仕事には、つねにかなりの危険性が伴う。正しい使用技術の徹底教育や、労働者に配慮した倫理性の高い企業は、どこにでもあるとは限らない(たとえばBloomberg Businessweekに、こんな優れた記事がある)。いわゆる‘スマートな’ロボットも、この点は同じだ。そこでドイツのFraunhofer研究所は、工場などで人とロボットがコラボレーションする場合の、直感的なモデルを提案する。 続きを読む

  • 米国の交通事故死者数、2年合計が過去53年で最大に

    米国の交通事故死者数、2年合計が過去53年で最大に

    2016年の自動車事故による死者数は過去10年近くで最大だったことが安全性評議会(NSC)が水曜日(米国時間2/15)に発表した予備データでわかった。2016年と2015年の増加を合わせると、自動車関連死者数の2年単位の増加としては過去53年間で最大だった。NSCのCEO、Deborah A.P. Hersmanは、増加要因の少なくとも一部は運転者の自己満足に起因するとリリース文で述べた。 続きを読む

  • GoogleのTrusted Contactsアプリは緊急時にその人(たとえば高齢者)の位置を共有する

    GoogleのTrusted Contactsアプリは緊急時にその人(たとえば高齢者)の位置を共有する

    Googleが今日(米国時間12/5)、事故や危害に遭ったとき、知ってる誰かに通報できるAndroidアプリTrusted Contactsをローンチした。 このアプリを使うためにはまず、家族など信頼できる連絡先のリストを定義する。するとユーザーが緊急の通報を送ったとき、その人たちだけがそれを見ることができる。 続きを読む

  • UberとLyft、条例をめぐり今日からオースチンでの事業を「中断」

    UberとLyft、条例をめぐり今日からオースチンでの事業を「中断」

    今日(米国時間5/9)、UberとLyftはテキサス州オースチンでの乗り合いサービスを中断し、残されたドライバーたちは別の収入源を求めてさまよい、乗客は立ち往生するか別の輸送手段を求めることになる。 続きを読む

  • 安全運転のために運転時にiPhoneの機能を制限する方式でAppleが特許を取得

    安全運転のために運転時にiPhoneの機能を制限する方式でAppleが特許を取得

    AppleInsiderによると、Appleにこのほど認められたパテントは、多くの不注意運転を防止するかもしれない。その技術は、携帯電話に搭載されているセンサや、あるいはBluetoothなどによる車への直接接続により、デバイスの機能を制限し、運転中にはSMSやメールなどにアクセスできないようにする。 続きを読む

  • 位置対応(+屋内位置対応)で緊急時の通知を一斉同報するモバイル向けサービスをGuardlyがローンチ

    位置対応(+屋内位置対応)で緊急時の通知を一斉同報するモバイル向けサービスをGuardlyがローンチ

    トロントのGuardlyが今日(米国時間6/27)ローンチするmobile mass notification system(MMNS)(モバイル一斉通知システム)を使うと、緊急時などの警報や通知の一斉同報ができる。AT&Tなどは最近、iOS 6のユーザに緊急警報を提供するようになったが、Guardlyのシステムは送信対象の位置を限定でき、また企業ユーザは屋内測位システム(indoor location positioning(IPS))も利用できる点が新しい。 学校、企業、集合住宅、駐車場ビルなどに会費制でセキュリティサービスを提供してい… 続きを読む