sales

  • セールス業につきまとう悪いイメージを一掃するBravado、13億円を調達

    セールス業につきまとう悪いイメージを一掃するBravado、13億円を調達

    セールスは、就活落ちこぼれのキャリアだと思われている。私たちは、セールスという専門職に尊敬と信用をもたらし、すばらしいキャリアのひとつとして新たな定評を確立したい。 続きを読む

  • iPhone、販売台数微減もiPhone Xのおかげで売上アップ

    iPhone、販売台数微減もiPhone Xのおかげで売上アップ

    売上数値だけで言えば、この四半期は、Appleにとってまったくのバラ色というわけではなかった。同社は今日(米国時間2/1)の決算で、iPhoneを7730万台売ったことを報告した。昨年同時期よりわずか100万台少なかった。もちろん2017年の7820万台という数字は同社の新記録だった。 続きを読む

  • 機械学習を利用して見込み客別にもっとも有効なピッチを営業に教えるHighspotが$15Mを調達

    機械学習を利用して見込み客別にもっとも有効なピッチを営業に教えるHighspotが$15Mを調達

    営業はいつも大量のノルマを抱えているが、でも最新のテクノロジーは、それらが従来よりももっと売れるようにしてくれる。 それともあなたは、うちのピッチ(売り込み)は完璧、と思っているかな? Highspotは、それは違う、と教えてくれる。まあそれが、Highspotのピッチだけど。 Highspotのソフトウェアは、見込み客とのさまざまなコミュニケーション、たとえばプレゼンテーションやケーススタディ、教育訓練ビデオなどを分析する。そして、それらの有効性を表すデータを提供する。 続きを読む

  • 企業の営業活動を自動化するPeople.aiが$7Mを調達、営業の全過程の可視化が鍵

    企業の営業活動を自動化するPeople.aiが$7Mを調達、営業の全過程の可視化が鍵

    People.aiは、売買が成立するための最良の方法や道筋を示す予測的指針をAIを利用して作成し、企業の営業部長に提供する。同社は今日(米国時間5/30)、Lightspeed Venture PartnersがリードするシリーズAの投資ラウンドにより、700万ドルを調達した。Index VenturesとShasta Venturesが新たに参加したほか、これまでの投資家Y CombinatorとSV Angelもこの投資に参加した。LightspeedのパートナーNakul Mandanが、People.aiの取締役会に加わる。 続きを読む

  • 営業はデータ情報作業を自動化すれば効率三倍増も夢ではない、それを助けるOutreachが新たに$30Mを調達

    営業はデータ情報作業を自動化すれば効率三倍増も夢ではない、それを助けるOutreachが新たに$30Mを調達

    各種企業の営業チームに、時間の有効活用と営業活動の最適化のために必要な力与えるサービスと、売り込みの過程を管理するための組織化ツールを提供しているソフトウェアデベロッパーOutreachが今日(米国時間5/23)、そのまさに売り込み努力によって、3000万ドルの資金を調達した。 最前線の営業がそれまでの三倍、いろんな相手に面会できるようになり、営業のパイプラインをそれだけ増やせることが、ソフトウェアサービス企業としての同社の誇りであり自慢だ。 続きを読む

  • 営業の効率を上げる: 見込み客を見つける前にLegion Analyticsで情報の精選を

    営業の効率を上げる: 見込み客を見つける前にLegion Analyticsで情報の精選を

    Legion Analyticsのファウンダたちは、営業が新規顧客を見つけるためには、もっと良い方法があるはず、と主張する。 彼らはは今、Y Combinatorが新しく作った特別奨励事業(fellowship system)に参加している。それはごくごく初期の企業に対する8週間の育成事業で、12000ドルの助成金とオフィスの利用とメンターが提供される。 これまでの見込み客生成過程の、どこが間違っていたのか? CTOのSinan Ozdemirによると、これまでの営業はごみの山のような大量の無駄なデータとの格闘に、時間を取られすぎていた。情報の2… 続きを読む

  • 営業とマーケティングを支援する客向けコンテンツや内部ドキュメントをつねに最新にキープするSeismicが$20Mを調達

    営業とマーケティングを支援する客向けコンテンツや内部ドキュメントをつねに最新にキープするSeismicが$20Mを調達

    【抄訳】 営業やマーケティングが使用するドキュメントなどのコンテンツ作成を助け、それらのコンテンツのアップデート(最新化)を自動的に行うSeismicが今日、シリーズBで2000万ドルを調達した。 このラウンドを仕切ったのはJMI Equityで、シリーズAで投資したSigma Westも参加した。2000万ドルは2013年8月の450万ドルに比べると相当な額で、これで同社の総調達資金は2450万ドルになった。 続きを読む

  • 相手がメールを読んだら通知をくれるImmediatelyは、営業のための便利機能山盛りのメールアプリ

    相手がメールを読んだら通知をくれるImmediatelyは、営業のための便利機能山盛りのメールアプリ

    今年の初めにメッセージを整理する機能のあるiOS上のメールアプリとしてデビューしたSquareOneが、このほど、名前をImmediatelyに変えて再デビューした。今度のアプリはiPhoneとWebの両方で使え、リマインダーやテンプレート、スケジューリング、Salesforceへのシンク、メールが開封されたことのチェックなど、営業の人たちのための便利機能を山盛りにしている。開封チェックは、顧客や見込み客がこのアプリのユーザからのメールメッセージを開いたことがリアルタイムで分かる。 続きを読む

  • 自社サイトのビジター履歴から見込み客を発掘するAzaleadはコールドコールに終わりを告げる

    自社サイトのビジター履歴から見込み客を発掘するAzaleadはコールドコールに終わりを告げる

    あなたの会社のWebサイトを、何人の人が訪れて、御社のB2B製品に関する情報を見ているだろうか? これらのビジターたちは、御社の営業にとって貴重な見込み客なのに、だれも彼らを知ろうとしない。そこでフランス生まれのAzaleadは、どこの会社の人が御社のWebサイトを訪れたかを、リアルタイムでアラートする。 CEOのNick Heysは言う、“前にいたソフトウェア会社では、見込み客を増やすことが至上命令だった。コンバージョンレート(成約率)は2%ぐらいで、その2%を得るために毎月3万〜4万ユーロの広告費を投じていた。残る98%に… 続きを読む

  • ビッグデータ分析で営業に助言と予見を与えるモバイルアプリClariがステルスを脱して$6Mを調達

    ビッグデータ分析で営業に助言と予見を与えるモバイルアプリClariがステルスを脱して$6Mを調達

    SalesforceやOracleなど、CRMの巨人たち、それにDomoのような成熟したスタートアップが、このところモバイルに大々的に侵入してきて、とくに営業の人たち向けのアプリを売り込んでいるが、モバイルファースト*でよりすっきりとしたソリューションの方が良いのだと主張する新進のスタートアップもいる。ここでご紹介するClariは、リアルタイムのビッグデータ分析で営業を支援するモバイルファーストのアプリだが、今日(米国時間4/2)はSequoia Capitalなどから600万ドルの資金を調達したことを契機に、ステルス状態を脱した。今&… 続きを読む

  • Apple TV: 2013年の売上台数は1000万, コンテンツを合わせると売上額は$1Bを超す

    Apple TV: 2013年の売上台数は1000万, コンテンツを合わせると売上額は$1Bを超す

    Appleのテレビ事業といえば、いまだにOTTタイプのストリーミングメディアボックスだけで、長らく噂があるにもかかわらずテレビ受像機本体はない。でもその小さなボックスは、実は侮(あなど)れない。昨年だけでも推定1000万台売れた、とAppleのCEO Tim Cookが今日行われた毎年恒例の株主集会で述べた。 続きを読む

  • パニック的騒乱もあった中、感謝祭当日に140万台のタブレットを売り上げたウォルマート

    パニック的騒乱もあった中、感謝祭当日に140万台のタブレットを売り上げたウォルマート

    記事執筆時点、アメリカではまだブラックフライデーの売り上げ結果など出ていないが、しかしウォルマートが満足気に成果を報告している。なぜウォルマートが結果を予測できているかと言えば、それは単純な話だ。ブラックフライデーの売り上げは、前日の感謝祭の売り上げと同様の傾向を示すもので、そしてホリデーシーズンの間もだいたいそうした傾向が続くことになるからだ。 続きを読む

  • Appleの小売戦略:「作れば、人はやってくる(そして消費する)」を実証

    Appleの小売戦略:「作れば、人はやってくる(そして消費する)」を実証

    Appleはユニークな会社だ。個々の事業を解体して全体から切り離したとしても、数多くの領域で大いに成功していると考えることができる。ハードウェア会社として、成功している。ソフトウェサービスのプロバイダーとして、成功している。小売店チェーンとして、成功している。そしてAppleの物理的小売店の順調な成長ぶりを見ると、この会社にとって、どの製品よりも、今後数年間で最大のイノベーションを起こす場になるかもしれない。 火曜日(米国時間2/12)、Goldman Sachsの投資家向けカンファレンスの講演で、CookはAppleの小売計画の詳細に立… 続きを読む

  • 営業もプロの技術だ–成功するセールスのための10の戦術

    営業もプロの技術だ–成功するセールスのための10の戦術

    このゲスト記事の筆者Matt Bellは、Azaleosの営業企画担当副社長だ。Azaleosは、大企業のアプリケーション管理をクラウド化するサービスを提供している。Mattは、これまでの二度の不況の間に企業の売上を伸ばした実績を持つ強者(つわもの)なので、考え方も独特で魅力的だ。この記事は、Vivek Wadhwaが先月書いた生き残るためには、売ることがすべて(It’s All About Selling for Survival)の、いわば続編だ。 テクノロジ分野のブログには、スタートアップたちへのアドバイスがたくさんある: 会社の作り… 続きを読む