Samsung / サムスン(企業)

Samsung(サムスン)は、韓国最大の財閥で電子機器などを製造する企業グループ。

  • Chromebookの2020年出荷数がコロナ禍の需要増により前年比2倍以上に

    Chromebookの2020年出荷数がコロナ禍の需要増により前年比2倍以上に

    2020年の春は、パンデミックにより在宅勤務や自宅学習が一般化するのに伴いPCの需要が急造。日本でもノートPCが品薄になるなどの影響が出ていました。これは世界的なものだったようで、とくにChromebookの需要が急増し、2019年から倍増するほどの勢いだったことが市場調査の結果から明らかになりました。 続きを読む

  • サムスンGalaxy S21 Ultraレビュー、カメラの洗練もすばらしいが2.1万円の価格引き下げにも注目

    サムスンGalaxy S21 Ultraレビュー、カメラの洗練もすばらしいが2.1万円の価格引き下げにも注目

    今回のアップデートは、すでに定評のある携帯電話にとって、これまでと同様の改善の繰り返しだ。だが200ドル(約2万1000円)もの値下げに「No」という者はいない。 続きを読む

  • サムスン電子の李在鎔副会長に贈収賄事件で実刑判決、再び服役

    サムスン電子の李在鎔副会長に贈収賄事件で実刑判決、再び服役

    サムスン電子の李在鎔(イ・ジェヨン)副会長は、2017年の朴槿恵元大統領の失脚に関連した贈収賄事件の有罪判決の再審を受け、再び服役する。ソウル高等裁判所は米国時間1月18日月曜日、李氏に30カ月の判決を下した。 続きを読む

  • サムスン Galaxy Buds Proレビュー、優れたサウンドとノイキャン性能を持つAirPodsの強力なライバル

    サムスン Galaxy Buds Proレビュー、優れたサウンドとノイキャン性能を持つAirPodsの強力なライバル

    ワイヤレスイヤフォンで興奮するのは久しぶりかもしれない。メーカー側で展開が乏しかったからではない。実際はその逆だ。家電分野において、ワイヤレスイヤフォン部門は他のカテゴリーに比べてとても早く成熟した。大半の大手ハードウェアメーカーはワイヤレスイヤフォンの開発にしっかりと取り組み、それらの多くはかなり安い。 続きを読む

  • サムスンがTileのライバルとなる紛失防止用トラッカー「Galaxy SmartTag」発表、米国では1つ約3100円

    サムスンがTileのライバルとなる紛失防止用トラッカー「Galaxy SmartTag」発表、米国では1つ約3100円

    Samsungは、CES 2021で行った数々の発表に続き、米国時間1月14日に開催した「Unpacked」イベントで、「Galaxy SmartTag」と名付けられた新しいBluetooth位置情報デバイスを発表した。これはSamsungオーナーのための紛失物発見用ビーコン(無線標識)で、Tileの競合製品となる。 続きを読む

  • Samsung Galaxy S21シリーズ発表、カメラ強化とS Pen対応で約2.1万円値下げ

    Samsung Galaxy S21シリーズ発表、カメラ強化とS Pen対応で約2.1万円値下げ

    2021年のSamsungは時間を無駄にしない。Mobile World Congress(MWC)が約6カ月延期される中、同社はCES 2021の余韻が残るうちに新製品を発表した。ただし、先日のプレスカンファレンスとは異なり、今回のUnpackedイベントは単独製品のみで行われた。 続きを読む

  • サムスンがAirPods対抗のワイヤレスイヤフォンGalaxy Buds Pro発表、約2.1万円の価格で勝負

    サムスンがAirPods対抗のワイヤレスイヤフォンGalaxy Buds Pro発表、約2.1万円の価格で勝負

    リーク前から、Galaxy Buds Proが登場することはみんな知っていた。AppleのAirPods Proに負けないよう、Samsungが音質とアクティブノイズキャンセリング(ANC)を向上させることも折り込み済みだった。しかしここでの真の秘密兵器は価格だろう。 続きを読む

  • サムスンの新型家庭用ロボット群のうち少なくとも1つは2021年中にデビュー予定

    サムスンの新型家庭用ロボット群のうち少なくとも1つは2021年中にデビュー予定

    ここ数年のSamsungのCESプレスカンファレンスではいつも、未来的な家庭用ロボットのパレードが繰り広げられた。彼らはスマートで、器用で、印象的だ(そして、まあまあかわいらしい)。しかし、家庭用ロボットは難しい。本当に、本当に、本当に難しい。 続きを読む

  • CES 2021の人気カテゴリーは「ホームフィットネス」

    CES 2021の人気カテゴリーは「ホームフィットネス」

    2021年初めて、すべてがバーチャルになったCESでは、当然のようにジムもバーチャルだ。過去12カ月で私たちのフィットネスの日課のほとんどが、完全に変わってしまった。私についていうなら、Apple Watchのウォーキングの歩数に2020年3月と4月に大きな谷がある。 続きを読む

  • 古いデバイスに新しい役割を与えるサムスンのアップサイクルプログラム

    古いデバイスに新しい役割を与えるサムスンのアップサイクルプログラム

    毎年の更新サイクルの世界では、すぐに捨ててしまう古いテクノロジーをどうするかという大きな疑問が常につきまとっている。レアアースや、時には有害物質も含まれるこれらのデバイスを廃棄したり、リサイクルしたりする方法はいくつかある。「アップサイクル」という概念も、古いテクノロジーに新たな命を吹き込むという意味で、さらに人気の選択肢となっている。 続きを読む

  • サムスンが「低価格のプレミアムChromebook」という矛盾した存在を具現化

    サムスンが「低価格のプレミアムChromebook」という矛盾した存在を具現化

    CES 2021の開幕まであと少し。今年最大の家電ショーは新型コロナウイルスの影響により、オンラインで開催されることになっているが、そのためすでにいくつかのメーカーはショーの正式開幕前に、独自に新製品の発表を行っている。 続きを読む

  • Samsungが新製品発表イベント「Galaxy Unpacked」を日本時間1月15日午前0時に開催

    Samsungが新製品発表イベント「Galaxy Unpacked」を日本時間1月15日午前0時に開催

    すでにお聞きかもしれないが、Samsungの次世代フラッグシップは米国時間1月14日にデビューする予定だ。同社が次回の「Unpacked」イベントを、米国東部標準時の1月14日午前10時(日本時間15日午前0時)より開催する(もちろんバーチャルで)と発表した。そのテーマは「Welcome to the Everyday Epic」とされている。 続きを読む

  • サムスン電子の李在鎔副会長に実刑判決、収賄で懲役9年

    サムスン電子の李在鎔副会長に実刑判決、収賄で懲役9年

    サムスン電子の李在鎔(イ・ジェヨン)副会長は、朴槿恵(パク・クネ)元大統領を失脚させた贈収賄事件で懲役9年の実刑判決を受けた。検察は、サムスン電子が韓国最大の財閥であるため、刑の長さが正当だと主張している。 続きを読む

  • サムスンが未発表のGalaxy S 21の予約を開始

    サムスンが未発表のGalaxy S 21の予約を開始

    明らかな理由から、私たちの多くは2020年最後の週を楽しみに過ごしている。Samsung(サムスン)は、まだ発表されていないGalaxy S 21(正式な名前ではないがおそらく確実だろう)の予約枠を確保するのに先を十分見越している人がいることを期待している。 続きを読む

  • 力仕事をサポートする外骨格テクノロジーのGerman Bionicがサムスン主導で20.7億円調達

    力仕事をサポートする外骨格テクノロジーのGerman Bionicがサムスン主導で20.7億円調達

    外骨格テクノロジーは、人間に取って代わる機械を作るのではなく、身に着けた人間の能力を何倍にも高めるハードウェアを作る、ロボット工学の世界で最も興味深い開発の1つだ。産業および物理的な応用を目的とした外骨格ロボットを設計しているスタートアップ、German Bionic(ジャーマン・バイオニック)は今日、その将来性を明確にする資金調達ラウンドを発表した。同社のCray X ロボットは、重いものを持ち上げて作業する人間にパワー、精度、安全性を提供してサポートする「ネットワークに接続した世界初の産業用外骨格ロボット」だという。 続きを読む

  • 2021年サムスンはさらに多くの折り畳みスマホを投入へ、廉価モデルも登場か

    2021年サムスンはさらに多くの折り畳みスマホを投入へ、廉価モデルも登場か

    折り畳みスマートフォンのカテゴリは、難しいスタートから始まった。最初のGalaxy Foldのリリースから15カ月後、Galaxy Z FlipとZ Fold 2が世界で好評を博していることを考えると、Samsungは初代 「GALAXY Fold」 が抱える問題のいくつかを解決する時間がある。 続きを読む

  • 「Galaxy Z Flip 5G」は折り畳めば5Gスマホで最もコンパクト

    「Galaxy Z Flip 5G」は折り畳めば5Gスマホで最もコンパクト

    auはディスプレイ折り畳み型Androidスマートフォン「Galaxy Z Flip 5G SCG04」を11月4日に発売した。価格は18万5835円。同製品は2月28日に発売された「Galaxy Z Flip SCV47」(17万9360円)の後継モデル。大きな進化点としては5Gへの対応が挙げられるが、ボディデザインはまったく同じでマイナーチェンジモデルとして位置づけられる。そこで今回は前モデルからの進化点にスポットを当ててレビューしていこう。 続きを読む

  • 完成度を高め使い勝手が大幅に向上した折り畳みスマホ「Galaxy Z Fold2 5G」、ただし中途半端感も

    完成度を高め使い勝手が大幅に向上した折り畳みスマホ「Galaxy Z Fold2 5G」、ただし中途半端感も

    KDDIからサムスンの「Galaxy Z Fold2 5G(SCG05)」が発売された。折り畳みスマートフォンとして2世代目として、使い勝手が大幅に向上したGalaxy Z Fold2をチェックしてみた。 画面の大型化で使いやすさアップ Galaxy Z Fold2は、ディスプレイを内側に折り畳むことで、スマホとタブレットを切り替えられる折り畳みスマートフォン。初代の「Galaxy Fold」に対して、Galaxy Z Fold2は新たにZシリーズの一員として位置づけられた形だ。きちんとシリーズ化したことで、今後も継続してくれることが期待できそうだ。 2世代目… 続きを読む

  • Galaxy Note20 Ultra 5GはApple Pencil&iPadユーザーにこそぜひ1度試してほしい

    Galaxy Note20 Ultra 5GはApple Pencil&iPadユーザーにこそぜひ1度試してほしい

    auはペンを内蔵するサムスン製6.9型Androidスマホ「Galaxy Note20 Ultra 5G SCG06」を10月15日に発売した。今回、Galaxy Note20 Ultra 5G SCG06を個人的に購入したので、実機レビューをお届けしよう。 続きを読む

  • サムスンの新しい試み「折り畳みスマホ」は定着するか? 第1世代「Galaxy Fold」を振り返る

    サムスンの新しい試み「折り畳みスマホ」は定着するか? 第1世代「Galaxy Fold」を振り返る

    まだまだ特殊なデバイスという位置づけではあるものの、折り畳みスマートフォンが拡大している。サムスンはGalaxy Zシリーズとして折り畳みスマートフォンを複数ラインナップしており、その第1弾となった製品が「Galaxy Fold」だ。日本ではauから発売され、後継機種の「Galaxy Z Fold2」発売も目前に迫っている。まずは第1世代「Galaxy Fold」を振り返り、どのような解決がなされたのか、後日「Galaxy Z Fold2」のレビューを掲載しよう。 続きを読む