人工衛星(用語)

人工衛星に関する記事一覧

  • ヴァージン・オービットのLauncherOneが2021年6月に再び宇宙へ

    ヴァージン・オービットのLauncherOneが2021年6月に再び宇宙へ

    Virgin Orbitは2021年6月にLauncherOneロケットを再び軌道に打ち上げ、米国防総省の宇宙試験計画(STP)や、ポーランドの人工衛星開発企業であるSatRevolution、オランダ空軍のためにペイロードを届ける予定だ。 続きを読む

  • 10cmの高解像度衛星画像提供を目指すAlbedoが10.8億円調達

    10cmの高解像度衛星画像提供を目指すAlbedoが10.8億円調達

    今では、大半のスタートアップがソフトウェアを開発しているが、すべての新興企業が事業を構築するのにコード専門のアプローチを取っているわけではない。現代で最も野心的なスタートアップの一部はそれ以上のものを目指している。Albedoはそうした企業の1社だ。 続きを読む

  • 産業や気候変動モニタリングで重要な赤外線と熱放射を観測する衛星画像のSatellite Vuが5.4億円調達、2022年に衛星打ち上げへ

    産業や気候変動モニタリングで重要な赤外線と熱放射を観測する衛星画像のSatellite Vuが5.4億円調達、2022年に衛星打ち上げへ

    地球観測の分野はますます競争が激しくなっているが、Satellite Vuは産業や気候変動モニタリングにとって重要なものである赤外線と熱放射にフォーカスするという異なるアプローチを取っている。同社はシードラウンドで360万ポンド(約5億4000万円)を調達し、2022年に初の衛星を打ち上げる予定だ。 続きを読む

  • ノースロップ・グラマンが軌道上の古い衛星の再生に成功、衛星の寿命を5年延ばす

    ノースロップ・グラマンが軌道上の古い衛星の再生に成功、衛星の寿命を5年延ばす

    ノースロップ・グラマンのMEV-2衛星が退役間近のインテルサット衛星の寿命を延長させることに成功した。これにより衛星サービス事業がビジネスとして極めて大きな可能性を持つことが証明された。 続きを読む

  • 低コストの小型静止通信衛星スタートアップAstranisが約272億円調達

    低コストの小型静止通信衛星スタートアップAstranisが約272億円調達

    宇宙スタートアップのAstranisが、同社のユニークなMicroGEO衛星の製造を拡大する原資にしようと、シリーズCで2億5000万ドル(約272億円)を調達した。 続きを読む

  • SpaceXが新たにStarlink衛星60機打ち上げ、Starshipロケットは一度に最大400機まで打ち上げ可能に

    SpaceXが新たにStarlink衛星60機打ち上げ、Starshipロケットは一度に最大400機まで打ち上げ可能に

    SpaceXが、Starlink衛星の新しいバッチを打ち上げた。いつものように地球低軌道向けの60機の衛星で構成されており、打ち上げ済みの1000機の衛星コンステレーションに加わることになった。今回の打ち上げは、SpaceXにとって2021年5回目のStarlink衛星の打ち上げであり、トータルでは20回目の打ち上げとなる。 続きを読む

  • 日本の民間宇宙スタートアップ企業ALEがシリーズA追加ラウンドで総額約22億円の資金調達

    日本の民間宇宙スタートアップ企業ALEがシリーズA追加ラウンドで総額約22億円の資金調達

    民間宇宙スタートアップ企業ALE(エール)は2月26日、2019年9月5日に公表したシリーズAの追加ラウンドとして、第三者割当増資を実施したと発表した。引き続き同追加ラウンドにおいて、既存投資家および新規投資家を引受先とする追加調達を検討しており、2022年4月までを目処に総額約22億円(今回の資金調達金額を含む)の調達を完了する予定。シリーズAを含む累計調達金額は総額約49億円となる。 続きを読む

  • AIによるSAR衛星データ解析システムを開発するスペースシフトが5億円調達、開発体制を大幅強化

    AIによるSAR衛星データ解析システムを開発するスペースシフトが5億円調達、開発体制を大幅強化

    衛星データ解析システムの開発を手がけるスペースシフトは2月16日、シリーズAラウンドにおいて、第三者割当増資による5億円の資金調達を発表した。引受先は、宇宙特化型の宇宙フロンティアファンド(スパークス・イノベーション・フォー・フューチャー)、EEI4号イノベーション&インパクト投資事業有限責任組合(環境エネルギー投資)ほか1社の合計3社。 続きを読む

  • Omnispaceは63億円を調達し衛星と5Gを単一のユビキタスネットワークに統合

    Omnispaceは63億円を調達し衛星と5Gを単一のユビキタスネットワークに統合

    この数年間、周波数帯域が広がり遅延が減ると無線事業者やスマートフォンメーカーが5Gを大げさに宣伝しまくり、大騒ぎになっている。しかし、消費者の関心を多く集めている5Gだが、その次世代無線技術のもっとも重要な用途は、むしろ事業者の側にある。 続きを読む

  • 2021年には軌道上での燃料補給や製造が理論から現実へ変わる

    2021年には軌道上での燃料補給や製造が理論から現実へ変わる

    軌道上を周回中の人工衛星や宇宙船に燃料補給したり、修理したり、さらには新しい機能を追加するというアイデアは、一般的には「理論としては素晴らしい」ものとされてきた。しかし、Maxar Technologies、Astroscale、Orbit Fabのリーダーたちは、TC Sessions : Spaceにて、2021年はそれが現実になる年だと語った。少なくとも、現実的にはなるという。 続きを読む