人工衛星(用語)

人工衛星に関する記事一覧

  • Rocket Labが打ち上げ後のブースター回収に初成功!

    Rocket Labが打ち上げ後のブースター回収に初成功!

    ニュージーランドにも拠点を置くロケット打ち上げ会社であるRocket Labは米国時間11月20日、ペイロードを軌道に乗せた後にElectronのブースターを安全に落下させて回収し、再使用可能ロケットへの一歩を踏み出した。 続きを読む

  • Rocket Labが次に打ち上げるのは小型衛星30基とゲーム業界のレジェンドが搭乗料金を支払ったノーム人形

    Rocket Labが次に打ち上げるのは小型衛星30基とゲーム業界のレジェンドが搭乗料金を支払ったノーム人形

    Rocket Labの次のミッションは、同社のKick Stageスーペスタグを使って数十基の衛星を軌道に乗せ、同時に、Value Softwareのゲイブ・ニューウェル氏が持ち込んだ3Dプリントによるガーデンノーム人形も宇宙に運ぶ。これは新しい製造技術のテスト用なのだが、ゲーム業界のレジェンド、ニューウェル氏による慈善活動でもある。 続きを読む

  • Rocket Labが15回目の商用ミッションとして地球観測衛星10基の打ち上げに成功

    ニュージーランドのロケット打ち上げ企業Rocket Labは、15回目の商用ペイロードの打ち上げに成功し、地球観測衛星10基をそれぞれの目標軌道に載せた。同社はターンアラウンドタイムの最短記録樹立を目指していたものの2020年7月の混乱で計画が停滞していたが、再び元のペースに戻りつつある。 続きを読む

  • ロケット打ち上げスタートアップAstraが8月2日以降に初軌道飛行テストを実施、SpaceXなどより低コスト

    ロケット打ち上げスタートアップAstraが8月2日以降に初軌道飛行テストを実施、SpaceXなどより低コスト

    米国拠点のロケット打ち上げスタートアップであるAstra(アストラ)は、初の軌道飛行テストの準備を進めている。天候に応じて、今週末か来週末にも打ち上げを実施する。 続きを読む

  • SpaceXがGPS III衛星打ち上げとブースター回収に成功

    SpaceXがGPS III衛星打ち上げとブースター回収に成功

    SpaceXはささほどアメリカの新世代地球測位システム、GPS III衛星の打ち上げに成功した。発注はGPSの管轄を米空軍から引き継いだ新設の宇宙軍だ。 続きを読む

  • SpaceXのStarlink衛星打ち上げは延期、画像撮影とデータ分析を行うBlackSky衛星のライドシェアを予定

    SpaceXのStarlink衛星打ち上げは延期、画像撮影とデータ分析を行うBlackSky衛星のライドシェアを予定

    SpaceX(スペースX)は米国時間6月25日、実施予定だったのStarlinkミッションを中止した。次回の日程は不明だが、おそらく同社が次に計画している6月30日のGPS衛星の打ち上げの後なる確率が高い。 続きを読む

  • 中国のGPS代替システム「北斗」が最後の測位衛星を打ち上げ

    中国のGPS代替システム「北斗」が最後の測位衛星を打ち上げ

    数十年にわたり米国は位置情報、ナビゲーション、時間測定などで独占的地位を維持してきた。軍が運用する通信衛星群を利用した全地球測位システム(GPS)は、全世界で数十億台のデバイスに位置情報を提供する基幹システムである。 続きを読む

  • SpaceXの小型衛星ネットワークStarlinkが巨額な公的資金を得るためには7月中に低遅延の実証が必要

    SpaceXの小型衛星ネットワークStarlinkが巨額な公的資金を得るためには7月中に低遅延の実証が必要

    SpaceXは高帯域で低レイテンシーのグローバルなインターネットサービスのバックボーンとなる、低地球軌道の小型衛星ネットワークであるStarlinkを構築している。しかしその努力が、収益を上げるために必要な今後の資金源のひとつが時間切れになるかもしれない。 続きを読む

  • SpaceXが米陸軍とStarlink衛星ネットワークのテストで契約

    SpaceXが米陸軍とStarlink衛星ネットワークのテストで契約

    SpaceXは米国陸軍と新たな契約を締結し、軍はSpaceXが提供を予定している衛星ブロードバンドネットワーク、Starlinkをテストし、要求に合うかどうかを3年間に渡って評価する。この研究開発契約を最初に報じたSpaceNewsによると、これは米国軍部が実際の商業購買契約に先立って交わすいたって標準的な普通の契約だという。 続きを読む

  • 軌道上で設定変更可能で機械学習に最適化されたXilinxの宇宙規格チップ

    軌道上で設定変更可能で機械学習に最適化されたXilinxの宇宙規格チップ

    宇宙に特化した半導体メーカーのXilinxが開発した、宇宙空間や人工衛星で利用可能な新型プロセッサーは、いくつもの点で世界一を誇っている。宇宙向けとしては初めての20nmプロセスを実現し、演算能力と省電力性を高めている。そして、ニューラルネットワークをベースにした推論アクセラレーションによる高度な機械学習に対応する性能を備えたのも初めてだ。 続きを読む