詐欺(用語)

詐欺に関する記事一覧

  • 恋愛詐欺は被害総額がすべての消費者詐欺の中でずばぬけてトップ

    恋愛詐欺は被害総額がすべての消費者詐欺の中でずばぬけてトップ

    恋愛詐欺の犯人たちはデートサイトやデートアプリ、またはソーシャルメディアでターゲットをねらい、多くの場合偽のプロフィールと泣かせるような話(お涙ちょうだい話)を使って被害者を信用させ、巨額のお金を送らせる。 続きを読む

  • ABCテレビ、空前の大型ハイテク詐欺、Theranosの栄光と転落を放映へ

    ABCテレビ、空前の大型ハイテク詐欺、Theranosの栄光と転落を放映へ

    Theranosは一滴の血液から数多くの病気の検査ができるテクノロジーを開発したとしてアメリカでもっとも有名なスタートアップに急成長した。しかしその内実は大掛かりな詐欺だったという。 続きを読む

  • Googleが広告詐欺に使われる3つの悪質なSDKをデベロッパーに警告

    Googleが広告詐欺に使われる3つの悪質なSDKをデベロッパーに警告

    数日前Googleは、BuzzFeedの調査で広告詐欺が発覚した人気アプリCheetah MobileとKika TechをPlay Storeから外した。 続きを読む

  • Chromeにモバイルの会員登録詐欺(キャリア課金!)を防ぐ警告機能が登場

    Chromeにモバイルの会員登録詐欺(キャリア課金!)を防ぐ警告機能が登場

    Googleが今日(米国時間11/8)、近くChromeブラウザーにモバイルの会員登録詐欺を防ぐ機能を設ける、と発表した。それは、ユーザーに電話番号を入力するよう求め、それに応じると勝手に月額の会費が発生し、それがキャリアへの毎月の支払額に自動的に含まれてしまう。12月のChrome 71より、そのサイトが、モバイルの会員登録であることを明示しない場合、警告をポップアップする。 続きを読む

  • セラノスがついに解散へ

    セラノスがついに解散へ

    Theranos(セラノス)がついに永遠に消滅する。Wall Street Journalの調査が同社の血液検査テクノロジーに疑問を呈してから3年近くたっての出来事だ。 続きを読む

  • Duo Securityが高度に組織化されたツイッターのボットネットを発見

    Duo Securityが高度に組織化されたツイッターのボットネットを発見

    このボットネットは、ツイッターのアカウントを自動的に識別する方法を開発し公開するための、さらにはボットやその活動について研究を掘り下げるための、大規模な研究プロジェクトの中で発見された。 研究チームは、Twitter APIと標準的なデータエンリッチ化技術を用いて、5億件以上のつぶやきを含む、一般のツイッター・アカウント8800万件分の大きなデータセットを作成した(ただし、研究のために焦点を当てたのは、アカウントごとの最後の200件のつぶやきだとのこと)。 続きを読む

  • “Amazonで売れば誰でも儲かる”システムを無知な消費者に売る詐欺集団をAmazonとFTCが訴訟

    “Amazonで売れば誰でも儲かる”システムを無知な消費者に売る詐欺集団をAmazonとFTCが訴訟

    Amazonによると、同社は今、連邦取引委員会(Federal Trade Commission, FTC)による消費者詐欺の捜査に協力している。詐欺容疑者のSellers Playbookはミネソタ州の企業で、Amazon上の出店者(出品者)のお金儲けを助ける、と称していた。 続きを読む

  • 大型ICO関係者、証券詐欺で起訴――ボクシングの元チャンプ、メイウェザーもCentra Techの広告塔だった

    大型ICO関係者、証券詐欺で起訴――ボクシングの元チャンプ、メイウェザーもCentra Techの広告塔だった

    ICOで3200万ドルを集めたCentra Techの共同ファウンダーに有線通信詐欺、証券詐欺等の容疑がかかっているとはすでに報じたが、このほど3人が正式に起訴された。有罪になれば最低でも5年の刑期が課せられる。 続きを読む

  • ベトナムのICOで6.6億ドルと首謀者7人が消えた――愚か者とその金は…?

    ベトナムのICOで6.6億ドルと首謀者7人が消えた――愚か者とその金は…?

    ベトナムに本拠を置くスタートアップ、Modern TechはPincoinというトークンを売り出してICOを行い、3万2000人から6億6000万ドルを集めた。Modern TechはPincoin ICOの後、投資に対する継続的利益を約束しつつ、続いてiFan(セレブ向けソーシャルネットワーク・トークンとやらいうもの))を売り出した。Picoinの出資者は当初、キャッシュで配当を受けるが、その後iFanのトークンが利益として支払われるはずだった。その後、連中は姿を消した。 続きを読む

  • 大手薬局チェーンのWalgreens、血液検査スタートアップのTheranosに1.4億ドルの損害賠償訴訟

    大手薬局チェーンのWalgreens、血液検査スタートアップのTheranosに1.4億ドルの損害賠償訴訟

    アメリカ第2の規模の薬局チェーン、Walgreensは血液検査スタートアップのTheranosに対し、1億4000万ドルの訴訟を起こした。 WalgreensはかつてTheranosの最大のパートナーだった。TheranosはWalgreensのアリゾナの数店舗をビジネス運営のテストのために利用したことがある。しかし、Walgreensはこの6月、正式にTheranosとの提携を解消した。WalgreensはTheranosの検査結果多数が無効とされたこと、運営に対して連邦当局の調査が行われたことを理由としている。 提携解消は「直ちに有効… 続きを読む

  • ヘッジファンドが医療スタートアップのTheranosを訴える―「虚偽、重大な説明の誤り」と主張

    ヘッジファンドが医療スタートアップのTheranosを訴える―「虚偽、重大な説明の誤り」と主張

    サンフランシスコに本拠を置くヘッジファンドのPartner Fund Management (PFM)は、 2014年に9600万ドルを血液検査スタートアップのTheranosに出資したと報じられているが、昨日(米国時間9/10)、同社はTheranosとそのファウンダー、エリザベス・ホームズを訴えたことが明らかになった。 PFMは契約締結にあたってTheranosが「一連の虚偽の説明をし、重要事項について誤った説明をし、また説明を省いたこと」によって不当に投資に誘い込まれたとしている。同時にPFMは「Theranosは証券詐欺その他の法律違反… 続きを読む

  • 7万7000ドルを集めた、この壮大なIndiegogo荒らしをチェックせよ

    7万7000ドルを集めた、この壮大なIndiegogo荒らしをチェックせよ

    これ以上の自己言及はそうそうあるものではない。Indiegogoで7万7000ドルを集めた、映画 “It’s All Good” のフィルムメーカーらが金を持って姿をくらまし、その金をコカインや売…、いやちょっと待った。リムジンやシャンペンに費した。支援者は当然激怒したが、もう一つ裏があった。このいたずら連中が〈実際に〉作っていた映画は、フィルムメーカーが、クラウドファンディングで集めた金を「無駄使い」する話だったのだ。 続きを読む

  • 電話の詐欺を見抜くPindropが創業3年で早くもシリーズC、Google Capitalらから$75Mを調達

    電話の詐欺を見抜くPindropが創業3年で早くもシリーズC、Google Capitalらから$75Mを調達

    Pindropは、電話の音声と発呼者に関するメタデータの両方を分析して、企業が電話詐欺にやられることを防ぐ。ローンチ時の2012年に調達した4700万ドルに加えて今日(米国時間1/28)同社は、Google Capital率いるシリーズCのラウンドにより7500万ドルを調達したことを発表した。 このラウンドにはGoogle Ventures、Citi Ventures、Felicis Venturesのほか、同社のシリーズAをリードしたAndreessen Horowitzと、シリーズBをリードしたInstitutional Venture Part… 続きを読む

  • 広告詐欺対策製品を開発するMomentum、SMBCやみずほなどから資金調達

    広告詐欺対策製品を開発するMomentum、SMBCやみずほなどから資金調達

    クラッキングなどサイバー犯罪が攻撃者と対策者のいたちごっこになっているなんて話はよく聞くが、アドテクノロジーの進化につれて、不正に広告を出稿させる「アドフラウド(広告詐欺)」という行為が増えていることはご存じだろうか? そんなアドフラウド対策で広告のパフォーマンスを向上させるサービスを展開するのがMomentumだ。同社は5月29日、SMBC ベンチャーキャピタル、みずほキャピタル、VOYAGE VENTURES、GMOベンチャー通信スタートアップ支援を引受先とした第三者割当増資による資金調達を実施した。調達額は約7000万円。GMOベンチ… 続きを読む

  • YourFreeProxy、ツールバーが裏でBitcoinを発掘していたことが発覚

    YourFreeProxy、ツールバーが裏でBitcoinを発掘していたことが発覚

    今日の「テク系サービスがやってはいけないこと」コーナーは、Mutual Public(別名Build Toolbars, LLC = WBT)のYourFreeProxyをご紹介する。ファイヤーウォールや検閲を回避するためのプロキシサーバーを提供するこの会社は、ツールバーを通じて秘かにユーザーのパソコンを利用してBitcoinの発掘を行っている。しかもこの「機能」は、サービス利用規約に堂々と記載されている。 続きを読む

  • TwitterでURL入りDMが送れなくなったのは、多発するDMスパムへの(一時的)対応策らしい

    TwitterでURL入りDMが送れなくなったのは、多発するDMスパムへの(一時的)対応策らしい

    昨夜あたりから、Twitter上ではURLの入ったダイレクトメッセージが送れないという問題が発生している。昨日も、この問題についての記事を掲載したが、以後も不満の声をあげる利用者も多くなっていったようだった。新たに明らかになったところによると、どうやらこの問題はURLを送信する云々によるものではなく、ダイレクトメッセージによるスパムへの対応を行う際に生じた問題であるようだ。 続きを読む

  • 今日のインチキiOSアプリメーカー:Installous

    今日のインチキiOSアプリメーカー:Installous

    親切な読者から今朝送られてきた一通の書状は私を激高させた。またも現われたインチキiOSアプリメーカーが、偉大なるMojangに対する侮辱ともいえるMinecraftの詐欺バージョンを売っているのだ。その会社、Installousが販売するMinecraft Mobileと称する2.99ドルのアプリは、実際にはタップした周辺に山ほど光の点のようなものが表示されるだけだ。 続きを読む

  • スーパーのセルフレジにクレジットカード情報傍受機が仕掛けられた

    スーパーのセルフレジにクレジットカード情報傍受機が仕掛けられた

    Lucky Supermarketsでセルフレジを使ったお客がハックされた。カリフォルニアで店舗を展開しているこの食品スーパーによると、一部のクレジットカードマシンに傍受装置が仕掛けられて、クレジットカードとデビットカードの番号が盗まれた。Save Martの子会社であるLuckyは、これらのマシンを使ったお客に、銀行口座とクレジットカードのアカウントを閉鎖するよう告げている。少なくとも80の、リスクが見込まれるアカウントが同定され、また同スーパーには、不安に駆られた500人あまりのお客からの電話が殺到した。 これまで、このようなカード読み… 続きを読む

  • 進化する偽クリック犯罪:中国の大規摸犯罪グループDormRing1暴露される

    進化する偽クリック犯罪:中国の大規摸犯罪グループDormRing1暴露される

    クリックに金を払う広告主がいる限り偽クリック犯罪の種は尽きない。戦う人が増えれば増えるほど、広告主や検索エンジンが施す防御策を回避する攻撃の手口は巧妙になっていく。しかし、偽クリック監視サービスのAnchor Intelligenceが最近発見した偽クリック組織からは、その犯行が史上空前の規模に拡大していることが窺われる。 Anchor Intelligenceが存在を突き止めた中国発の偽クリック集団は、20万の個別IPアドレスを保有し、2週間のうちに広告主2000社にわたって、計$3M(300万ドル)相当以上の偽クリック行為を重ねた。この… 続きを読む