Scandit(企業)

チューリッヒに拠点を置くScanditは、バーコードスキャン、OCR(光学文字認識)、オブジェクト検出、拡張現実(AR)にコンピュータービジョンと機械学習技術を組み合わせたプラットフォームを提供する企業。

  • 新型コロナによる非接触需要でスキャン技術のScanditが約86億円調達

    新型コロナによる非接触需要でスキャン技術のScanditが約86億円調達

    企業向けバーコードスキャナーのScandit(スキャンディット)が8000万ドル(約86億円)のシリーズCラウンドをクローズした。本ラウンドはシリコンバレーのVCファームG2VPがリードし、Atomico、GV、Kreos、NGP Capital、Salesforce Ventures、Swisscom Venturesも参加。Scanditの累計調達額は1億2300万ドル(約132億円)となった。 続きを読む

  • 暗がりでも読み取れるバーコードスキャナー「Scandit」が750万ドルをAtomicoから調達

    暗がりでも読み取れるバーコードスキャナー「Scandit」が750万ドルをAtomicoから調達

    何らかの理由で、エンタープライズ、SAAS、フィンテック、ロジスティクスの分野でスイス出身のスタートアップが評価を得ている ― その好例がチューリッヒで数年前に創業したScanditだ。彼らのアイデアはとてもシンプルである。バーコードを高価な専用のスキャナーで読み取るのではなく、スマートフォンのカメラで読み取り、そのサービスに利用する豊富な種類のハードウェアとソフトウェアを提供するというものだ。2012年にTechCrunchでScanditを紹介したビデオはここにある。しかし、このビデオを観てもらうと分かるように、現段階でのバーコードの… 続きを読む