science

  • 毒針を持つアカエイにヒントを得た航空機が金星の大気を調べる

    毒針を持つアカエイにヒントを得た航空機が金星の大気を調べる

    NASAの次の金星探査では、バッファロー大学(University of Buffalo、UB)が設計した、アカエイのように後尾に針のあるロボットが大気のサンプリングを行う。 続きを読む

  • ロボットアームの動きは適度に遅いほうが不気味の谷現象を防げる

    ロボットアームの動きは適度に遅いほうが不気味の谷現象を防げる

    ロボットの手の動きが速いと、人間はそれを「温かみがなくて不快」と感じた。遅い速度が、いちばん好評だった。ロボットの手の動きに初動時の遅延がないと、それも人間にとっては不安だった。ただし遅延が長すぎると、やはり不安が生じた。 続きを読む

  • MITのブロック型ロボットは相互通信によって集団行動

    MITのブロック型ロボットは相互通信によって集団行動

    MITのComputer Science and Artificial Intelligence Laboratory(コンピューターサイエンスと人工知能研究所、 SAIL)が考案したこのキューブ状のロボットは、自力で移動し、お互いとコミュニケーションして協調しながら自分たちを何らかの構造物へ組み立てる。 続きを読む

  • 蜘蛛の目の原理を借りて奥行き感知カメラを超小型化へ

    蜘蛛の目の原理を借りて奥行き感知カメラを超小型化へ

    彼らは、巧妙な捕食動物として獲物を正しく見つけて、そっち方向へ正しく進み、正しく獲物を捕らえる。どうやっているのだろう?。節足動物の例に漏れず彼らもまた、非常に不可思議なおもしろい方法でそれをやってのける。 続きを読む

  • NASAが月の南極の地表下で結氷水を探すVIPER探査車を2022年に打ち上げ

    NASAが月の南極の地表下で結氷水を探すVIPER探査車を2022年に打ち上げ

    試料採掘とスペクトル分析を大面積にわたって行うと、地表下の水の所在を地図に落とし、大きなパターンを掴めるだろう。月の上の、人間が大好きな物質の存在を、もっと体系的に理解できるかもしれない。 続きを読む

  • 古代ギリシアの石板の解読をAIが助ける

    古代ギリシアの石板の解読をAIが助ける

    機械学習とAIは、太陽系外惑星を見つけたり、写真のように本人そっくりの人間の画像を作ったりといった派手な業績が強調されがちだが、でも同じ技術が学術研究の意外なところでも利用されている。 続きを読む

  • リチウム充電池を作った3名がノーベル化学賞を共有

    リチウム充電池を作った3名がノーベル化学賞を共有

    毎朝メールをチェックしたりInstagramを見たり友だちにテキスティングしたりするたびに、スマートフォンに新しい単3形電池を2つ入れなければならないとしたら、モバイル革命はちっとも革命にならなかっただろう。 続きを読む

  • NASAの惑星探査用の新望遠鏡は気球に乗って大気圏の外縁に浮かぶ

    NASAの惑星探査用の新望遠鏡は気球に乗って大気圏の外縁に浮かぶ

    地球に似た惑星以外のほかのものが発見されるかもしれない。環境光や他の星からの光に邪魔されない、初めてのとてもクリアな観測だから、これまでの観測では見えなかったものが初めて見える可能性がある。 続きを読む

  • 人によるコントロールと機械学習を融合したスマート義手

    人によるコントロールと機械学習を融合したスマート義手

    義肢は年々良くなっているが、それらの強度と精度が使いやすさや能力(実際にできること)に貢献していないこともあり、とくに手足を切断手術した人たちがごく初歩的な動作しかできない場合が多い。 続きを読む

  • 地球から110光年先のスーパーアースに液状の水

    地球から110光年先のスーパーアースに液状の水

    氷やガス状の水は私たちの銀河系宇宙でそんなに珍しくはないが、液体の水は極めまれだ。 続きを読む