science

  • Wikipediaの英語バージョンの記事数が600万超え

    Wikipediaの英語バージョンの記事数が600万超え

    米国時間1月23日、Wikipediaが重要なマイルストーンを超えた。この世界最大のオンライン百科事典の英語バージョンの記事が今や600万本以上になったのだ。 続きを読む

  • 見るだけで子供の弱視が治る特殊なディスプレイ

    見るだけで子供の弱視が治る特殊なディスプレイ

    弱視は多くの人を苦しめている視覚障がいだが、早期に発見されれば完全に治すことができる。ただし、治療のために何か月も眼帯を着けなければならない。 続きを読む

  • 針の頭に乗るほど小さい粒子加速器

    針の頭に乗るほど小さい粒子加速器

    粒子加速器について何も知らない人でも、それがときには数マイルにも達する巨大な設備であることは知っているだろう。しかしスタンフォード大学の研究者たちの新しいやり方では、加速器を人間の髪の毛よりも細くできる。 続きを読む

  • ボーイングのStarliner乗員カプセルが軌道に乗り損ねてISSとドッキングできず

    ボーイングのStarliner乗員カプセルが軌道に乗り損ねてISSとドッキングできず

    宇宙船は予定外に燃料で噴射し、意図していた軌道投入点を通り過ぎてしまった。その後Starlinerは二回目の噴射を行い、安定軌道にあるが、もはや計画どおりに国際宇宙ステーションに到着することはできない。 続きを読む

  • 深海調査のための自動運転深海艇を運用するTerradepthが約8.8億円を調達、創業者はNavy SEALs出身

    深海調査のための自動運転深海艇を運用するTerradepthが約8.8億円を調達、創業者はNavy SEALs出身

    深海の地図作成やデータ収集には膨大な費用がかかるためわずかな調査しか行われていない。元米海軍特殊部隊Navy SEALsにいた二人が立ち上げたTerradepthは自動運転の潜水艇でこの状況を変えようとしている。 続きを読む

  • Blue Originの準軌道打ち上げ機「New Shepard」が12回目の打ち上げで有人宇宙飛行の未来に少し近づく

    Blue Originの準軌道打ち上げ機「New Shepard」が12回目の打ち上げで有人宇宙飛行の未来に少し近づく

    Jeff Bezos(ジェフ・ベゾス)が創業したBlue Originが、準軌道打ち上げ機New Shepardのミッションに再度成功した。それは、人間の宇宙飛行のための宇宙船を目指す前段階として重要なステップだ。 続きを読む

  • 超精細な画像を高頻度で撮れるNear Space Labsの成層圏気象観測気球

    超精細な画像を高頻度で撮れるNear Space Labsの成層圏気象観測気球

    航空宇宙工学におけるこの盲点を利用したい、と考えた。盲点とは成層圏、航空機が飛ぶ高度の倍ぐらいの高さのことだ。誰もまだ手を付けていないという創業者有利の見地から言えば、そこではとても広大な領域を一望にでき、しかも得られる画像の解像度は航空機やドローン並にきわめて精細だ。 続きを読む

  • 健康なサンゴ礁から出る音を死んだサンゴ礁で鳴らすと海域に活気が戻る

    健康なサンゴ礁から出る音を死んだサンゴ礁で鳴らすと海域に活気が戻る

    ワシントンポスト紙が紹介しているNature Communications誌上の研究論文によると、健康なサンゴ礁から出る音を録音して瀕死のサンゴ礁で鳴らすと良い効果がありそうだ。 続きを読む

  • MITの科学者が1年で10万回の反復実験が可能なロボットを開発

    MITの科学者が1年で10万回の反復実験が可能なロボットを開発

    科学はエキサイティングなはずだが、実際にはおそろしく退屈なこともある。何千回も同じことを繰り返す実験もあるが、そんなものは自動化してほしいところだ。 続きを読む

  • マイクロソフトがニュージーランド政府と協力し機械翻訳にマオリ語を加える

    マイクロソフトがニュージーランド政府と協力し機械翻訳にマオリ語を加える

    Microsoft(マイクロソフト)とニュージーランド政府は、マオリ語を保存し、できればそれに新しい命を吹き込むために、機械翻訳が役に立つことを示そうとしている。 続きを読む