scribd

  • ScribdがLinkedInからプレゼンテーション共有サービスSlideShareを買収

    ScribdがLinkedInからプレゼンテーション共有サービスSlideShareを買収

    SlideShareのオーナーが変わった。前オーナーのLinkedInがこのプレゼンテーション共有サービスを非公開価格でScribdに売却したのだ。 続きを読む

  • ドキュメントに対してGoogle Analytics(もどき)ができるScribd Stats

    ドキュメントに対してGoogle Analytics(もどき)ができるScribd Stats

    ドキュメント共有ハブScribdが今日(米国時間11/18)、各ドキュメントの見られ方などを量的に把握するための機能を発表した。その名はScribd Stats、同社はこれを’ドキュメントのためのGoogle Analytics’と呼んでいる(まさにそのとおり)。機能はGoogle Analyticsそっくりだが、アクセス分析の対象がWebサイトではなく、Scribdにアップロードされたドキュメントやプレゼンテーション、そのほかのファイルなどだ。 CEOのTrip Adlerによれば、パブリッシャー(ドキュメントの掲載者… 続きを読む

  • 文書共有サービスのScribd、デザインをリニューアルして「読書家のためのソーシャルネットワーク」を目指す

    文書共有サービスのScribd、デザインをリニューアルして「読書家のためのソーシャルネットワーク」を目指す

    読書というのは「ソーシャル」な行為ではない。しかし本の感想を話したり、本や記事などの文書についての情報を共有するといった行為は「ソーシャル」との親和性が高い。同じような読書傾向を持つ人と語り合う読書会も広く行われている。文書共有サービスを展開しているScribdも、読書好きの数多く集うサイトとしての知名度向上を狙っている。サイトのデザインを更新して、自ら「読書のためのソーシャルネットワーク」を名乗り始めた。 ScribdはFacebook、Twitter、Google Buzz、メール等の情報共有サービスからトラフィックを集めており、6週… 続きを読む

  • Scribd、Flashを捨てユーザー滞留時間が3倍増

    これは奇跡の巡り合わせと言ってもよいだろう。 ここ数ヵ月間にScribdのユーザーエンゲージメントが爆発的に伸びた。CEOのTrip Adlerによると、その要因はHTML5化、iPadの発売、ScribdのFacebook統合だという。3つの要因の中でも、この文書共有サービス会社にとって最大の駆動力となったのは、FlashからHTML5への移行であるとAdlerは語る。Scribdが発表した数字によると、ユーザーがサイトに留まる時間は過去3ヵ月で3倍に増えている。 続きを読む

  • ScribdのCTO曰く"オンラインドキュメントもFlashを捨ててHTML5化する"(貴重なスクリーンショットあり)

    ScribdのCTO曰く"オンラインドキュメントもFlashを捨ててHTML5化する"(貴重なスクリーンショットあり)

    Adobeの厄介ものになりそうなFlashが、また一撃を食らう。そしてオンラインドキュメントの世界もついに、みんなと歩調を合わせてWebに参加することになるようだ。これまでは、多くのドキュメント(PDF、Word、Powerpointなど)が、Flashプレーヤーの箱の中の珍品扱いされ、Webページそのものとして見ることはできなかった。しかし、オンラインのドキュメント共有サイトScribdはこれから、Flashを捨てて、同サイトにアップロードされている何千万点ものドキュメントをHTML5のWebページに変換する作業に取り組む。これらの… 続きを読む

  • Android機の上で本などを楽に読めるリーダーアプリIssuu Mobile

    Android機の上で本などを楽に読めるリーダーアプリIssuu Mobile

    タッチスクリーンデバイスの上で、文書の読みやすさをどうやって実現するか? 雑誌出版社とタブレット機のメーカーは、比較的大画面のデバイスのためにこの問題に取り組んでいるが、Issuuはタッチスクリーンケータイのための答えを知っている。Web上のドキュメントビューワであるIssuuがこのほど、Android機用のIssuu Mobileをリリースし、iPhone用のアプリケーションも今作っている。 Issuu Mobileは、雑誌でも本でもそのほかのドキュメントでもいったんIssuuにアップロードされたものを読むドキュメントリーダーだ。Scri… 続きを読む

  • WatchDoxで機密文書の‘管理された共有化’を実現…読者をベータにご招待

    WatchDoxで機密文書の‘管理された共有化’を実現…読者をベータにご招待

    企業内や企業間の機密文書の共有化にはリスクが伴う…だれかが文書をリークするかもしれないし、誤って部外者が共有することもありえる。このような問題を解決するためにConfidelaというスタートアップ企業が、WatchDoxというサービスのベータを立ち上げた。文書を送る側が、その文書を見る、印刷する、転送するなどの行為を制限し追跡もできるSaaS製品だ。本誌の読者は先着100名がここでベータに参加できる。 このサービスの基本的な機能はScribdやDocStocなどの文書共有サービスと同じだが、プライバシーの設定機能と追跡システムで武装して… 続きを読む

  • DocStocがドキュメントの話題別/テーマ別コレクション機能を提供開始

    DocStocがドキュメントの話題別/テーマ別コレクション機能を提供開始

    人気のドキュメント共有サービスDocStoc が今日(米国時間5/21)、コレクション機能をロンチした。これによりユーザは、特定の話題に関連したドキュメントを拾い出して集めることができる。サイト自身が、すでに「自分でビジネスを始める」、「オンラインで広告をする」、「節約旅行」など50近くのコレクションを作っているが、ユーザが既存のコレクションに何かを加えたり、独自のコレクションを作ることもできる。 この機能はオンラインのドキュメントを整理する方法の一つだが、大量のドキュメントが話題別に分類されずに提供されているときにはとくに便利だ。競合サ… 続きを読む

  • オンライン文書共有のIssuu、バージョンアップでScribdを追撃

    オンライン文書共有のIssuu、バージョンアップでScribdを追撃

    Issuuはユーザーが簡単にPDFその他のフォーマットの文書をアップロードし、専用のウェブページないし、エンベッド可能な小さなウィジェットで閲覧できるようにするサービスだが、魅力をさらに高めるべくこのほどバージョンアップを行っていくつかの機能を追加した。われわれはローンチしたときからこのサービスが気に入っている。Issuuはこのジャンルでまともなインタフェースを提供した最初のサービスだった。Issuuの有力ライバルにはDocstocとScribdがある。 Issuuによると、今回のバージョンアップは、無料ユーザーに対しても有料の企業ユー… 続きを読む

  • 大手出版社、文書共有サービスのScribdを利用し始める

    大手出版社、文書共有サービスのScribdを利用し始める

    オンラインの文書共有サービスの ScribdはRandom House、Simon & Schuster、Workman Publishing Co.、Berrett-Koehler,、Thomas Nelson、Manning Publicationsなどを始めとする多数の大手出版社とパートナー契約を結んだことを発表した。これにより、出版社側では一部の書籍のコンテンツを無料でScribdにアップロードし、ユーザーが合法的に共有できるようにする。出版社は長編小説まるごとから一部の中身紹介までさまざまなコンテンツをScribdのライブラリーに加… 続きを読む

  • 新春恒例―2009年版「これなしでは生きていけない」ウェブ・サービス

    新春恒例―2009年版「これなしでは生きていけない」ウェブ・サービス

    私は毎年、年始めにひいきのスタートアップとそのサービスのリストを公表している。今年で4年目だ―以前のリストは、こちらに。2006、2007、2008。読者の皆さんにおかれては、Crunchiesにお気に入りを投票していただきたい。このリストは純粋に私の個人的な好みだ。 私はこのリストに載っているサービスをだいたいにおいて毎日利用している。仕事で使っている(Wordpress、Delicious、Zohoその他)ものもあれば、楽しみのために使っている(MySpace Music、Hulu)ものもある。両方に役立つサービス(Digg、Skyp… 続きを読む

  • Scribd、この一年で急成長。ウェブ上のドキュメントも急増中

    Scribd、この一年で急成長。ウェブ上のドキュメントも急増中

    先に掲載したソーシャルメディアランキングの記事で、個人的に最も驚いたのは、ドキュメント共有サービスのScribdがトップ20入りしていたことだ。comScoreの数値によれば、2008年11月にはimeemより多く、Beboにもほぼ匹敵する2350万の訪問者を集めた(米国内での訪問者数は400万)。Scribdがシード資本30万ドルでサービスを立ち上げたのが2年足らず前だったことを考えれば、これは大いなる成果と言えるだろう。 続きを読む

  • 2008年、ソーシャルメディアサイトランキング(Facebookが依然として成長中)

    2008年、ソーシャルメディアサイトランキング(Facebookが依然として成長中)

    2008年、ソーシャルメディア部門でトップにたったサイトはどこだろう。ComScoreが数日前に11月のトラフィック統計を公表した(この統計に基づいているので12月分は反映していない)。公表されたデータはソーシャルネットワークとブログプラットフォームを混在させたもの。上のグラフ中オレンジで示しているのはBloggerで、11月に世界中から集めたビジター数は2億2200万(昨年11月比44%増加)で、未だこの分野を牛耳っている。青線はFacebookで、ユニークビジター数は2億を突破して、間もなくBloggerを抜きそうな勢いだ(116… 続きを読む

  • Scribd、$9M調達に成功―これでオンラインPDFの共有サービスが延命

    Scribd、$9M調達に成功―これでオンラインPDFの共有サービスが延命

    Y Combinatorが支援するスタートアップ、Scribdが2度目の大型資金調達ラウンドに成功、 Charles River Ventures、Redpoint Ventures、Kinsey Hills Group.から$9M(900万ドル)を調達した。これは2007年半ばのシリーズAのラウンドによる$3.7M(370万ドル)の資金調達に続くもの。これ以外に多少のエンジェル投資も受け入れている。 ScribdはユーザーがPDFファイルとOfficeドキュメントをアップロードして、オンラインでの閲覧とエンベッドができるようにするサービスだ。すでに… 続きを読む

  • Scribdがデザイン一新で次の飛躍を目指す

    Scribdがデザイン一新で次の飛躍を目指す

    人気のドキュメント共有ハブScribdが、待望の新デザインをやっと実現した。このサイトはこれまでずっと、ごたごたして魅力のないホームページが利用者獲得の邪魔をしていた。掲示している主なドキュメントをYouTubeふうに流すわけでもなく、ただ、サイトの重要機能の一覧表があるだけだった。前のデザインでは、Scibdが便利なユーティリティであることは分かるが、訪ねてみたい魅力的なサイトとは誰も思わない。今回の新デザインでは、現在の重要ドキュメントをいくつかサンプリングして紹介し、いわば話題のドキュメントを“今日のスター̶… 続きを読む

  • オバマ候補の選対、Scribdを文書保管庫に利用

    オバマ候補の選対、Scribdを文書保管庫に利用

    バラク・オバマ(Barack Obama)候補の選対はブログ記事で、Scribdに公式オンライン文書保管庫をローンチしたことを発表した。このページのアドレスはhttp://scribd.com/barackobamaで、Obama候補の政策、公式発表に関連した文書が保管される。 Y Combinatorが資金を提供したScribdは「文書版のYouTube」を目指している。ユーザーはさまざまなフォーマットの文書をアップロードすることができ、ScribdではそれをすべてFlashファイルに変換してほとんどあらゆるコンピュータ上で閲覧できるよう… 続きを読む

  • Labmeeting: 科学者のソーシャルネットワーク

    Labmeeting: 科学者のソーシャルネットワーク

    科学者は地球上で最もソーシャルな人種ではない。Facebookで暇つぶしにバーチャルなパイ投げ合戦するぐらいならラボに篭って次の大発見に精出す方がマシという人が多い(例外もあるが)。 だがもし仮に自分の科学論文を全部オンラインでオーガナイズして、ラボのメンバーと簡単に共有できたとしたら、どうだろう? そういうサイトならラボからオンラインに引っぱり出せるんじゃないか…とMark Kaganovichは踏んでいる。氏はバイオ科学とコンピュータサイエンスで学位を取って2年前にハーバードを卒業後、「Labmeeting」という会社作りに乗り出した。… 続きを読む

  • Docstoc、OneClickでファイル転送サービスも提供

    Docstoc、OneClickでファイル転送サービスも提供

    Docstocは、YouSendItをお手本にして、サイズを気にせずに他の人にメールでドキュメントを送ることのできるデスクトップアプレットを発表した。 OneClickはウィンドウズのみで動作するアプリケーションで、特定のタイプのファイル(ワード、PDF、エクセル、等)上で右クリックして、Docstoc経由のメールで送るファイルを指定する。ファイルへのリンクが予め埋め込まれたメール編集画面が開き、選択したファイルはバックグラウンドでDocstocのサーバに送られる。メールを受け取った人は、リンクをクリックするだけでファイルの閲覧ないしダ… 続きを読む

  • ストレージ・サービスのDrop.io、ScribdのiPaperを採用―ファイルのブラウズが容易に

    ストレージ・サービスのDrop.io、ScribdのiPaperを採用―ファイルのブラウズが容易に

    Drop.ioはファイル・ストレージと共有のためのサービスだ。今回、Scribdと提携、サイト上でのドキュメントの閲覧の改善を図った。今後はDrop.ioにアップロードされたファイルでScribdがサポートするものはのScribdのFlashベースのビューワー、iPaperで閲覧が可能になる。 Drop.ioの「Drop Box」ストレージ・サービスは特にユニークではないが、インターフェースは使いやすく、また他のサービスとの差別化に役立つ機能をいくつか提供している。今年に入ってから、同社ではVoiceという機能をローンチした。ユーザーが所… 続きを読む

  • ウェブトップウォッチ:AdobeがAcrobat.comをローンチ。さらにAcrobat 9(Flash搭載)もリリース

    ウェブトップウォッチ:AdobeがAcrobat.comをローンチ。さらにAcrobat 9(Flash搭載)もリリース

    ウェブトップソフトの主要プロバイダとなるべく奮闘を続けるAdobeが、月曜(米国時間)に2つの新製品をリリースする。それがAcrobat.comとAcrobat 9だ。Adobeのウェブトップ製品には、最近発表したオンライン版PhotoShopと、そのオンラインメディアプレーヤーのAdobe TVがすでに含まれている。Acrobat.comはウェブにデスクトップのような体験をもたらすさらなる大きな一歩だ。「過去の製品の多くの境界をあいまいにすることが目的です」と、プロダクトマネージャーのErik Larsonは話す。 Acrobat.com―… 続きを読む