SDGs(用語)

SDGsに関連する記事一覧

  • kemuri venturesがフードテック特化型「食の未来ファンド」設立、ファンド規模は総額10~30億円

    kemuri venturesがフードテック特化型「食の未来ファンド」設立、ファンド規模は総額10~30億円

    独立系ベンチャーキャピタル「kemuri ventures」は10月1日、国内ベンチャーキャピタル初の「フードテック特化型ファンド」を設立した。ファンド名称は、「食の未来1号投資事業有限責任組合」(食の未来ファンド)。主な投資対象はフードテック領域のスタートアップ(日本国内)で、ファンド規模は総額10~30億円。 続きを読む

  • IoT
    相鉄ビルマネジメントが横浜・相鉄ジョイナスで予約制トイレ「QREA」の実証実験を開始

    相鉄ビルマネジメントが横浜・相鉄ジョイナスで予約制トイレ「QREA」の実証実験を開始

    相鉄ビルマネジメントは7月29日、横浜駅西口の商業施設「相鉄ジョイナス」で、予約制トイレ「QREA」(クリア)の実証実験を実施すると発表した。実証期間は7月30日から8月30日まで。 続きを読む

  • アイカサが協業によるZiplocリサイクル傘のシェアを実現、7月29日よりTerraCycleが使用済みZiplocを回収

    アイカサが協業によるZiplocリサイクル傘のシェアを実現、7月29日よりTerraCycleが使用済みZiplocを回収

    旭化成ホームプロダクツ、テラサイクルジャパン、Nature Innovation Group(アイカサ)、ビームスは7月29日、ジップロックをリサイクルした傘のシェアリングサービスを展開する「Ziploc RECYCLE PROGRAM」の開始を発表した。 続きを読む

  • 東大発スタートアップ「イノカ」が世界初のサンゴの人工産卵実証実験を再始動

    東大発スタートアップ「イノカ」が世界初のサンゴの人工産卵実証実験を再始動

    東大発スタートアップ企業のイノカは7月26日、IoT技術による水温調整により、沖縄の久米島付近の海面水温と同期させた完全閉鎖環境内の実験で、サンゴの人工抱卵を実現したと発表した。また、サンゴの人工産卵のための実証実験を2020年8月から再始動すること、2021年3月に世界初の産卵時期をコントロールした人工産卵の成功を目指すことを明らかにした。 続きを読む

  • 京大発スタートアップ「バイオーム」が大阪府内の生物ビッグデータの構築・生物多様性の調査に協力

    京大発スタートアップ「バイオーム」が大阪府内の生物ビッグデータの構築・生物多様性の調査に協力

    いきものコレクションアプリ「Biome」(バイオーム)運営のバイオームは7月22日、地方独立行政法人 大阪府立環境農林水産総合研究所に対してアプリを提供し、府内で注目の「在来種」と「外来種」を中心とする生物ビッグデータの構築、および生物多様性と気候変動の影響の調査に協力すると発表した。 続きを読む

  • JAXAが国際宇宙ステーションで使う生活用品アイデアを募集開始

    JAXAが国際宇宙ステーションで使う生活用品アイデアを募集開始

    国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)は7月7日、ビジネス共創プラットフォーム「THINK SPACE LIFE」プラットフォーム、また国際宇宙ステーション(ISS)での利用を目指す、宇宙と地上の生活の共通課題を解決する生活用品アイデアの募集開始を発表した。 続きを読む

  • エネチェンジがLooopと共同で海外特化の脱炭素エネルギーファンド設立、1000億規模の投資目指す

    エネチェンジがLooopと共同で海外特化の脱炭素エネルギーファンド設立、1000億規模の投資目指す

    テクノロジーを活用したエネルギー関連の事業を手がけるENECHANGE(エネチェンジ)は4月21日、太陽光発電システムや電力小売り事業を展開するLooopと共同で海外特化の海外特化型の脱炭素エネルギーファンド「JAPAN ENERGY ファンド」を設立したことを明らかにした。 続きを読む

  • 自治体から住民への通知を自動化する「BetterMe」開発のケイスリーが1.9億円を資金調達

    自治体から住民への通知を自動化する「BetterMe」開発のケイスリーが1.9億円を資金調達

    地方自治体のSDGs推進支援や行政機関向けプロダクトの開発に取り組むケイスリーは3月26日、モバイル・インターネットキャピタルが運営するMICイノベーション5号投資事業有限責任組合を引受先とする第三者割当増資により、総額1億9000万円の資金調達を実施したことを明らかにした。 続きを読む

  • TikTokの運営のByteDance日本法人が経団連入り

    TikTokの運営のByteDance日本法人が経団連入り

    スマートフォン向け短編動画のプラットフォーム「TikTok」(ティックトック)を運営するByteDance(バイトダンス)の日本法人(ByteDance株式会社)は3月12日、2月3日付けで日本経済団体連合会(経団連)に入会したことを明らかにした。 続きを読む

  • ピアボーナスを用いた新たな“従業員寄付体験”でSDGs推進企業を後押し、UniposとREADYFORがタッグ

    ピアボーナスを用いた新たな“従業員寄付体験”でSDGs推進企業を後押し、UniposとREADYFORがタッグ

    ピアボーナスサービスを展開するUniposとクラウドファンディング事業を運営するREADYFORは2月18日、従業員が「Unipos」を通じて獲得したピアボーナスをSDGs活動を行う団体へ寄付できる「SDGsプラン」の提供をスタートした。 続きを読む