海 / 海底 / 深海(用語)

海 / 海底 / 深海に関する記事一覧

  • 海洋保全事業のアクセラレーター「Ocean Solutions Accelerator」の3年目の育成企業が決まる

    海洋保全事業のアクセラレーター「Ocean Solutions Accelerator」の3年目の育成企業が決まる

    Sustainable Ocean Alliance(SOA)とそのアクセラレーターであるOcean Solutions Acceleratorは、地球の水域が直面している問題に取り組んでおり、2020年の育成対象になった企業はいずれも、それぞれ独自の新しい問題と活用するリソースを提示している。 続きを読む

  • UCバークレー校が海底光ケーブルを地震計にするテクノロジーを発表

    UCバークレー校が海底光ケーブルを地震計にするテクノロジーを発表

    地震の観測は重要な活動だが、精度をアップするためには地震活動が起きている場所になるべく近い地点に地震計を設置しなければならない。これが海洋の中心などになると困難を極める。 続きを読む

  • 自律海底マッピング技術コンペの勝者が4億円超を獲得

    自律海底マッピング技術コンペの勝者が4億円超を獲得

    この星の上には広大な海がある。だが私たちはその底に何が横たわっているのかをよくは知らない。だがそうした状況もOcean Discovery Xprizeコンペティションの中で生み出された船や技法によって変わるかもしれない。 続きを読む

  • 深海に眠るタイタニック号を3Dスキャン―、米OceanGateが2018年5月に実施予定

    深海に眠るタイタニック号を3Dスキャン―、米OceanGateが2018年5月に実施予定

    シアトルに拠点を置くOceanGate Inc.は、世界で最も有名な沈没船のタイタニック号を調査するため、有人探査を行う予定だと今週発表した。歴史学者の推定によれば、1912年4月の沈没以降、タイタニック号を訪れた人の数は200人にも満たないとされており、エベレスト登頂者や宇宙に行ったことがある人の数の方が多いくらいだ。 2018年5月に予定されているこの調査は、2005年に別のチームがタイタニック号を訪れて以来初の調査となる。前回の調査が行われた頃や、ジェームズ・キャメロン監督が映画『タイタニック』のために沈没船の様子を撮影した1995… 続きを読む