シアトル(国・地域)

シアトルに関する記事一覧

  • アマゾンが手のひら決済「Amazon Oneスキャナー」をスーパーWhole Foodsに導入

    アマゾンが手のひら決済「Amazon Oneスキャナー」をスーパーWhole Foodsに導入

    小売大手Amazonは2021年秋、買い物客が手のひらをスキャンして店舗に入ることができるようにするAmazon Oneスキャナーを発表していた。顧客の手のひらの特徴はAmazonのキャッシュレスストアAmazon Goのような小売店の決済メカニズムに紐づけることができる。Amazon Go店舗では顧客は買い物して従来の精算プロセスを経ることなく店を後にできる。 続きを読む

  • シアトル企業へのVC投資額は2019年に3800億円に増加、スタートアップに好機到来

    シアトル企業へのVC投資額は2019年に3800億円に増加、スタートアップに好機到来

    景気後退の絶え間ない脅威にもかかわらず、2019年はベンチャーキャピタル投資が多くの地域で非常に活発だった。もちろんサンフランシスコは世界のスタートアップの震源地であり、投資に関しては他のすべての地域を圧倒している。ただ、他の地域も成長を続けており、今年はこれまで以上に多くの資金を集めた。 続きを読む

  • ナイキやエクスペディアも顧客、好調のSEOサービスBotifyが2000万ドル調達

    ナイキやエクスペディアも顧客、好調のSEOサービスBotifyが2000万ドル調達

    SEOをサービスとして企業化したBotifyは、ナイキやエクスペディアなどを顧客として抱えている。同社は米国時間2月26日、シリーズBで2000万ドルを調達したことを発表した。 続きを読む

  • 邪魔物保管サービスのClutterがソフトバンクのリードで2億ドルを調達

    邪魔物保管サービスのClutterがソフトバンクのリードで2億ドルを調達

    この1000億ドルのメガファンドの最新の取引相手はオンデマンドの倉庫サービスClutter、このほど成長資金として2億ドルを獲得した。 続きを読む

  • 米国セブンイレブン、レジなし店舗を導入

    米国セブンイレブン、レジなし店舗を導入

    Amazonが最初のレジなし店舗Amazon Goを2016年末にオープンして以来、他の小売業者は未来のコンビニエンスストアと戦う方法に取り組まざるを得なくなった。 続きを読む

  • 使い慣れたプログラミング言語を使ってクラウドのインフラストラクチャを管理できるPulumiが商用バージョンを開始

    使い慣れたプログラミング言語を使ってクラウドのインフラストラクチャを管理できるPulumiが商用バージョンを開始

    シアトルのPulumiを使ってデベロッパーは、自分が知っているプログラミング言語を使ってクラウドインフラストラクチャを指定しそれを管理できる。同社は今日(米国時間10/22)、Madrona Venture GroupがリードするシリーズAのラウンドで1500万ドルを調達したことを発表した。Tola Capitalがこのラウンドに参加し、同社のマネージングディレクターSheila GulatiがPulumiの取締役会に加わる。Madronaからはすでに、元Microsoftの役員でMadronaのマネージングディレクターS. Somasegar… 続きを読む

  • Amazonのレジ無しコンビニAmazon Goの三号店(これまでで最大)が開店、ミールキットも売る

    Amazonのレジ無しコンビニAmazon Goの三号店(これまでで最大)が開店、ミールキットも売る

    Amazonが、同社の“未来のストア”構想のピッチを上げている。今日(米国時間9/4)は、先週二号店をご紹介した同社のレジなしコンビニAmazon Goの三号店が開店する。近くほかの都市にも出店するようだが、Amazonはまだその計画を明らかにしていない。 続きを読む

  • Amazonが本社のあるシアトルで初めてピックアップロケーションを‘開店’、物理店展開多様化

    Amazonが本社のあるシアトルで初めてピックアップロケーションを‘開店’、物理店展開多様化

    Amazonがやることは何でもシアトルが最初だろう、と思いがちだが、でもどうやら、このオンラインリテーラーの本社所在都市にはまだ、顧客が自分宛の荷物をそこまで取りに行くピックアップロケーションがなかったようだ。 続きを読む

  • Facebookは選挙広告に関する市の条例に違反したとシアトルが主張

    Facebookは選挙広告に関する市の条例に違反したとシアトルが主張

    シアトルの選挙管理委員によると、Facebookは市の条例に違反して、選挙戦のときの広告費の出所を公表しなかった。Reutersの記事は、シアトルの倫理および選挙管理委員会の事務局長Wayne Barnettが、Facebookは昨年の市の選挙の広告支出の情報を明らかにすべきであり、それをしなければ広告の購入一件につき5000ドルの罰金を課せられると述べた、と報じている。 続きを読む

  • シアトルの皆さん、こんにちは

    シアトルの皆さん、こんにちは

    TechCrunchが生まれたのは2005年の6月11日だった。それからの5年で、われわれのブログは個人的な趣味から急成長中の小企業に成長した。従業員は20人ほど、果敢なCEO、Heather Hardeの指揮下にすばらしく優秀なライター、エンジニア、営業、イベント専門家を擁するまでになっている。最近ではビデオのチームが拡大中だ。 この5年間に私は人生で最良の瞬間と、時には最悪の瞬間を経験した。ほとんどの経験はすばらしいものだった。なにしろペーパーのナプキンに殴り書きしたただのアイディアが現実になっていく過程を見ることができたのだ。ときに… 続きを読む