SEC

  • イーロン・マスク弁護団「テスラの生産速度に関するツイートは法廷侮辱ではない」

    イーロン・マスク弁護団「テスラの生産速度に関するツイートは法廷侮辱ではない」

    Elon Muskの弁護団は、MuskがTeslaの生産速度を公表したツイートは法廷侮辱であるとする証券取引委員会の要求に対して、締切直前の月曜日(米国時間3/11)夜遅くに回答した。 続きを読む

  • 米証券取引委員会(SEC)、どの企業もIPOの事前伺いを可能に

    米証券取引委員会(SEC)、どの企業もIPOの事前伺いを可能に

    現委員長Jay Claytonの下、SEC(証券取引委員会)はもっと多くの会社に上場して欲しいことをこの2年間明言してきた。 続きを読む

  • Amazonの2018年の買収は総額16.5億ドル、そのトップはPillPackとRing

    Amazonの2018年の買収は総額16.5億ドル、そのトップはPillPackとRing

    このほどAmazonがSECに提出した10-Kファイル(年次報告書)は、同社が昨年行った昨年で最大の二つのM&Aのお値段を明かしている。 続きを読む

  • 米政府機関の一部閉鎖でIPO予定の企業が混乱するかもーー証取委職員が業務停止中

    米政府機関の一部閉鎖でIPO予定の企業が混乱するかもーー証取委職員が業務停止中

    米政府機関の一部閉鎖が19日目に突入した。これは米国史上2番目に長い閉鎖になる。 続きを読む

  • Teslaの納車台数が前四半期から2倍にーModel 3が牽引

    Teslaの納車台数が前四半期から2倍にーModel 3が牽引

    Elon Musk率いるTeslaは、最新のセダンModel 3を顧客に届けることに全力を注いだ結果、第三四半期のトータル納車台数は8万3500台と前四半期の2倍になった。 続きを読む

  • 速報:イーロン・マスク、Tesla会長を辞任――SECと和解、CEOには留まる

    速報:イーロン・マスク、Tesla会長を辞任――SECと和解、CEOには留まる

    TeslaのCEO、Elon Muskは2000万ドルの制裁金支払いと同社取締役会会長からの辞任という条件でSEC(連邦証券取引委員会)と和解した。マスクはTeslaのCEOには留まる。Muskは土曜日から45日以内にTeslaの取締役会から退くことになる。 SECはマスクを連邦証券取引法違反容疑でマンハッタンのニューヨーク州南部地区連邦地方裁判所に提訴していた 続きを読む

  • Tesla株、10%下落――SEC、イーロン・マスクを詐欺容疑で告訴

    Tesla株、10%下落――SEC、イーロン・マスクを詐欺容疑で告訴

    SECがイーロン・マスクを詐欺容疑で訴えているというCNBCの木曜の報道を受けて、時間外取引のTeslaの株価が10%近く下落している。マンハッタン連邦地裁の訴訟一覧表によればSECはマスクに対して訴えを起こしている。 続きを読む

  • Airbnb、ホストに株式付与を計画――SECに規則701改正のパブコメ提出

    Airbnb、ホストに株式付与を計画――SECに規則701改正のパブコメ提出

    評価額310億ドルの巨大企業、Airbnbは宿泊施設を提供している契約ホストに会社のビジネスに参加する道を開こうとしている。Axiosの報道によれば、AirbnbはSEC(証券取引委員会)に株式の所有に関する規則の変更を求める要望書を提出した。 続きを読む

  • SEC、マスクのTesla非公開化ツイートについて調査開始

    SEC、マスクのTesla非公開化ツイートについて調査開始

    昨日(米国時間8/7)、Teslaのファウンダーのビリオネア、イーロン・マスクが1株あたり420ドルでTesla株を買い戻し、同社の非公開化を検討しているとツイートしたことが大きな注目を集めた。ジョークだろうとか悪いもので食ったのだろうと聞き流す向きもあったが、ともあれ市場は反応した。Telsaの株価は11%アップし、一時市場での売買が停止された。 続きを読む

  • 米国証券取引委員会、公開企業が社名に「ブロックチェーン」を付加する行為に警告

    米国証券取引委員会、公開企業が社名に「ブロックチェーン」を付加する行為に警告

    誰もが知っているように、仮想通貨とブロックチェーン関連技術の騒動に乗じようと個人投資家も機関投資家も群がっている。 続きを読む

  • SECがユニコーン、Zenefitsに厳しい措置――「投資家の判断を誤らせた」として元CEOらに罰金100万ドル

    SECがユニコーン、Zenefitsに厳しい措置――「投資家の判断を誤らせた」として元CEOらに罰金100万ドル

    アメリカ証券取引委員会(SEC)はシリコンバレーのスタートアップの悪行の取締に乗り出した。まずターゲットとなったのはユニコーン〔10億ドル企業〕のZenefitsと元取締役のParker Conradだ。 BuzzFeedが最初に報じたが、このヒューマン・リソースのスタートアップとConradは総額で100万ドル近い罰金を支払うことでSECと和解し、訴追を受けないこととなった。 続きを読む

  • 米SEC、仮想通貨資金調達(ICO)2件を詐欺で告発

    米SEC、仮想通貨資金調達(ICO)2件を詐欺で告発

    今日(米国時間10/01)証券取引委員会(SEC)は、ダイアモンドおよび不動産の仮想通貨資金調達(ICO)を、投資家を欺いたとして告発した。 続きを読む

  • Bitcoin、ウィンクルボスETFの申請をSECが却下して15%安

    Bitcoin、ウィンクルボスETFの申請をSECが却下して15%安

    SEC(証券取引委員会)はWinkelevossのbitcon ETF申請に関する裁定を発行し、その内容はbitcoin支持者にとって良いニュースではなかった。規制当局が申請を却下した主な理由は、bitcoinを取り巻く規制が整備されていないためだ。 続きを読む

  • ジェイ・クレイトンSEC委員長候補がシリコンバレーに歓迎される理由

    ジェイ・クレイトンSEC委員長候補がシリコンバレーに歓迎される理由

    ウォールストリートの有力な弁護士、ジェイ・クレイトン( Walter “Jay” Clayton)はまだSEC〔証券取引委員会〕委員長への就任を正式に承認されていない。しかし共和党が多数を占めるアメリカ議会の勢力バランスを考えれば、クレイトンが承認されることはほぼ間違いない。 これはスタートアップのファウンダー、その投資家にとって歓迎されるニュースだ。最近のSECの動向に関心を強めていた人々はクレイトンの任命で証券市場においてかなりのフリーハンドを得られることになりそうだ。 続きを読む

  • 秘密主義のビッグデータ企業Palantirが11月にひっそりと2000万ドルを調達

    秘密主義のビッグデータ企業Palantirが11月にひっそりと2000万ドルを調達

    Palantir — 政府、金融、ヘルスケア、その他の組織に、分析、セキュリティ、その他のデータ管理ソリューションを提供する、秘密主義の200億ドル規模の企業 — が、新しいSECのファイリング によれば、再び2000万ドルの資金調達を行った。 それは同社にとってはどちらかと言えば控えめな金額だ。2015年12月に行われた最後の資金調達では、Palantirはラウンドを8億8000万ドルで締めくくった、この過程で企業の評価額はうなぎ登りに上がった。 続きを読む

  • 急成長中の企業向けソフトのAtlassianがSECに上場申請―売上3億2000万ドル、純利益6800万ドル

    急成長中の企業向けソフトのAtlassianがSECに上場申請―売上3億2000万ドル、純利益6800万ドル

    上場を目指すソフトウェア企業がまた一つ現れた。Hipchatなどのソーシャル機能のあるエンタープライズ・ソフトを提供するAtlassianがNASDAQへの上場を目指して昨日(米国時間11/9)、アメリカの証券取引委員会(SEC)にF-1申請書を提出した〔F-1はアメリカ企業のS-1に相当する外国企業向け上場申請書〕。 Atlassianの主力製品はSlackのライバルHipChat、それにJIRA、Confluenceなどが知られている。ティッカー・シンボルはTEAMが選択されている。今回の新規上場では2億5000万ドルを調達する予定… 続きを読む

  • SEC、Bitcoin関連のリスクをリストアップして投資家に警告

    SEC、Bitcoin関連のリスクをリストアップして投資家に警告

    アメリカのSEC(連邦証券取引委員会)は以前からBitcoinの大ファンではないことが知られていたが、今日(米国時間5/7)、Bitcoinに関連して生じ得るリスクを長いリストにして発表した。なかなかインパクトのある文書だ。 続きを読む

  • SECがP2P金融「Prosper」業務一時停止の理由を公開

    SECがP2P金融「Prosper」業務一時停止の理由を公開

    先月SECの審査のため、サイト上の新規貸付け業務が全一時停止となったP2P金融「Prosper」。 証券取引法の下、登録を行うことに同意した同社だが、この手続きには何ヶ月かかかる可能性もある。 昨日(米国時間11/25)、SECが正式なC&Dレターを発行し(以下に貼ったのがそれ。PDFダウンロードはここ)、Prosperを投資販売業者と種別した理由のあらましを公開した。Prosperは従来、自分たちは貸し手と借り手の縁組をするマーケットプレイスに過ぎないときっぱり反論してきたが、SECの耳には念仏のようだ。 これはProsperだ… 続きを読む

  • SECがFacebookに株主500人以上でも会計報告免除の例外措置

    SECがFacebookに株主500人以上でも会計報告免除の例外措置

    非公開会社は株主500人を超えるとほとんどの場合、SEC規則が発動され、実質上公開企業と同等の扱いとなり財務会計報告義務が生じる。グーグルも上場直前にこの問題にぶつかったが、今度は雇用拡大が続くFacebook(ここは社員が社外の投資家にも株を売却できる)が同じ閾値に差し掛かっている。 が、以下に貼った2008年10月13日付け書簡でFacebook弁護団は、株主の大部分は従業員なのでこの規則は適用すべきでないと主張、SECもこの例外措置の適用を認めた。 続きを読む

  • 企業はブログで財務情報の開示ができる―SECの新方針

    企業はブログで財務情報の開示ができる―SECの新方針

    〔日本語版編集部:この記事の執筆はBrian Solis〕 SunのCEO、Jonathan Schwartzは数年前から、企業が財務情報をブログ上で開示できるよう、SEC(証券取引委員会)を説得してきた。昨日の画期的な発表によって、Schwartz氏の願いはやっと実現したようだ。それは、企業の情報開示を従来型のメディアと配付チャネルに限定していた長年の制約を、やっと外した、歴史的な決定でもある。 昨日のスピーチでSECの法律顧問Kim McManusは、企業が重要情報の開示をブログなどのWebサイトを使って行ってもよい場合の指針をかいつまんで… 続きを読む