Security

  • Mozillaは悪名漂うUAEのDarkMatterをHTTPSの証明提供者として否認

    Mozillaは悪名漂うUAEのDarkMatterをHTTPSの証明提供者として否認

    同社は証明発行機関としては履歴がクリーンだったので、Mozillaは難しい立場に立っていた。Mozillaはあやしい履歴のあるDarkMatterを証明発行機関として認めるべきか、それとも万一のリスクを避けるために拒否すべきか。そして最終的には、後者が勝利した。 続きを読む

  • プロバイダーの業界団体がMozillaをインターネットの悪党と非難

    プロバイダーの業界団体がMozillaをインターネットの悪党と非難

    インターネットサービスプロバイダーの業界団体がFirefoxブラウザーの開発元であるMozillaを、DNSのセキュリティ規格をサポートしているために「インターネットの悪党だ」と決めつけた。 続きを読む

  • 1つの盗聴許可で米警察が920万のテキストメッセージを収集

    1つの盗聴許可で米警察が920万のテキストメッセージを収集

    新たに公開された統計によると、テキサス州の当局は2018年の4ヶ月間、裁判所が許可した盗聴命令のもと、920万件のメッセージを収集していた。テキサス州南部地区の連邦判事によって許可された今回の盗聴は、麻薬操作の一環として実施され、年次盗聴報告書によれば2018年における最大の盗聴件数となった。 続きを読む

  • エンタープライズセキュリティサービスのChronicleがGoogle Cloudに統合へ

    エンタープライズセキュリティサービスのChronicleがGoogle Cloudに統合へ

    ChronicleをGoogle Cloudに置かずにスピンアウトさせたことは、いつも謎だが、Googleはクラウド事業の成長にフォーカスしているから、ChronicleのGoogle Cloudへの統合も論理的な流れかもしれない。 続きを読む

  • イスラエルのセキュリティスタートアップがシード段階で7億円超調達

    イスラエルのセキュリティスタートアップがシード段階で7億円超調達

    クラウド上のセキュリティサービスを提供するイスラエルのOrca Securityが、YL Venturesがリードするラウンドで大金650万ドル(約7億500万円)を調達した。 続きを読む

  • 脅威インテリジェンスのスタートアップがプライベート・エクイティ会社に戦略的身売り

    脅威インテリジェンスのスタートアップがプライベート・エクイティ会社に戦略的身売り

    米国時間5月29日、プライベート・エクイティ企業であるInsight Partnersが、脅威インテリジェンスのベンダーのRecorded Futureを7億8000万ドルで買ったことを発表した。 続きを読む

  • 米不動産保険大手から8億8500万件の顧客データが露出

    米不動産保険大手から8億8500万件の顧客データが露出

    セキュリティ研究家のJohn Wethingtonによると、Webサイトを落としてもドキュメントの多くは検索エンジンにキャッシュされている。しかし本誌TechCrunchは、データがまだリーダブルである間は、露出したデータへのリンクを差し控える。 続きを読む

  • Googleの調査データが2段階認証の対ハッカー防御効果を実証

    Googleの調査データが2段階認証の対ハッカー防御効果を実証

    2段階認証は、通常のログインプロセスよりもやることがひとつ増えて、ユニークなコードをユーザーが持っているデバイスに送ってくる。でもそれは、あなたのアカウントのデータを盗もうとするハッカーに対する最強の防御だ。 続きを読む

  • データを暗号化するフラッシュドライブeyeDiskは簡単にハックできた

    データを暗号化するフラッシュドライブeyeDiskは簡単にハックできた

    “ハックできない”と主張されるものはすべて研究者たちにとって、じゃあハックしてやろう、というチャレンジだ。 続きを読む

  • 英国はファーウェイを5Gサプライヤーにすることに難色

    英国はファーウェイを5Gサプライヤーにすることに難色

    重要なネットワークへのファーウェイの関与が国のセキュリティにもたらすすべてのリスクは、長期的には十分に軽減できる。 続きを読む