半導体(用語)

半導体に関する記事一覧

  • 韓国がAI半導体の生産を推進、2030年までに50タイプを開発へ

    韓国がAI半導体の生産を推進、2030年までに50タイプを開発へ

    韓国政府は世界のAI産業において主要プレイヤーになるという野心を明らかにしてきた。ここにはAIの機能性を支える半導体の製造も含まれている。10月12日の週に韓国の情報通信テクノロジー当局はAIにフォーカスしたシステム半導体50タイプを2030年までに開発する計画を発表した、と聯合ニュースが報じた。 続きを読む

  • Kneronが新たなエッジAIチップでグーグルやインテルに挑戦

    Kneronが新たなエッジAIチップでグーグルやインテルに挑戦

    4000万ドル(約42億円)のシリーズAを調達したばかりの、エッジAIのスペシャリストであるKeneronは米国時間8月27日、同社の最新カスタムチップであるKneron KL 720 SoCのローンチを発表した。 続きを読む

  • 米国の輸出規制強化でTSMCはファーウェイからの受注を停止

    米国の輸出規制強化でTSMCはファーウェイからの受注を停止

    世界最大の契約半導体メーカーであるTaiwan Semiconductor Manufacturing Co.(TSMC)は、同社最大の顧客のひとつであるHuawei からの今後注文を受けないこととなった。 続きを読む

  • 米国政府の支援でTSMCがアリゾナに約1.3兆円規模の先進的半導体工場を建設

    米国政府の支援でTSMCがアリゾナに約1.3兆円規模の先進的半導体工場を建設

    世界最大の半導体契約ファウンドリーであるTaiwan Semiconductor Manufacturing Co.(TSMC)は米国時間5月14日に、同社がアリゾナ州に、州と米国政府の支援により先進的なチップのための半導体工場を建設する計画であると発表した。 続きを読む

  • 米政府が先進的半導体工場の国内建設に向けインテルやTSMCと協議か

    米政府が先進的半導体工場の国内建設に向けインテルやTSMCと協議か

    ウォールストリートジャーナル(WSJ)のレポートによれば、ホワイトハウスの担当者が、現在インテルならびにTSMCと米国内への半導体工場の建設について話し合っているらしい。 続きを読む

  • アップルがインテルのモバイル向けモデムチップ事業を約1000億円超で買収

    アップルがインテルのモバイル向けモデムチップ事業を約1000億円超で買収

    TechCrunchはアップルがインテルのモデム事業部の支配権を握る契約を結んだことを確認した。 続きを読む

  • サムスンのQ4も利益は下降、メモリチップなど半導体の需要低迷で

    サムスンのQ4も利益は下降、メモリチップなど半導体の需要低迷で

    Samsung Electronicsの2018最終四半期の決算ガイダンスも、二年ぶりに利益が減少するだけでなく、アナリストたちの予想をはるかに下回っている。 続きを読む

  • QualcommがオランダのNXP Semiconductorを470億ドルで買収

    QualcommがオランダのNXP Semiconductorを470億ドルで買収

    QualcommがNXP Semiconductorを約470億円で買収することを発表した。今回の買収は手元資金で賄われる。半導体の巨大企業であるこの2社によれば、買収交渉が合意に達したのは先週のことだということだが、今日のクアルコムによる発表で正式なものとなった。 続きを読む

  • デバイスが自分の視覚を持って行動できる時代に向けてビジョンプロセッサのMovidiusが$40Mを調達

    デバイスが自分の視覚を持って行動できる時代に向けてビジョンプロセッサのMovidiusが$40Mを調達

    GoogleのTangoタブレットが使っているビジョンプロセッサ(vision processor, 視野プロセッサ, 視界プロセッサ)を作っているMovidiusが、Summit Bridge Capital(Atlantic Bridge CapitalとWestSummit Capitalの共同事業)が率いるラウンドにより4000万ドルを調達した。これは、ファブレス半導体企業への投資としては近年で最大である。 続きを読む

  • 省エネチップで大手と勝負するIndice Semiconductorが$6Mを調達、本社を合衆国へ移す

    省エネチップで大手と勝負するIndice Semiconductorが$6Mを調達、本社を合衆国へ移す

    独自のアルゴリズムにより、各種応用器具の省エネを可能にするチップを作っているIndice Semiconductorが、マーケティングの拡充を主な目的としてシリーズAで600万ドルを調達した。このラウンドを仕切ったのはPixelworksのファウンダで元CEOのAllen Alley、これにオーストラリアのVC Rampersandが参加した。 資金は合衆国とアジア太平洋地区における営業チームの拡大に充てられ、各地域のOEMや製品設計者たちへの売り込みを強化する。これまでIndiceは、そのContinuous Sigmaアルゴリズムを用いたチ… 続きを読む

  • 半導体投資の回復

    半導体投資の回復

    [筆者: Ilgiz Akhmetshin] 編集者注記: Ilgiz AkhmetshinはSKTA Innopartnersで事業開発とマーケティングを担当している。IlgizはITと情報システムの分野で、さまざまな経験を積み重ねてきた。 これまでの数年間、半導体への投資は低迷していた。SGAの調査によると、2010年の北米、ヨーロッパ、およびイスラエルでは、半導体企業へのシリーズAの投資はわずか5件、出口はわずか10件だった。それまで半導体企業に投資してきたVCも、スケーラビリティが大きくて出口までの期間が短く、失敗のコストが低いソフトウェア… 続きを読む