Shelfari

  • AmazonがShelfariを買収: 本好きのためのSNSを次々と征服

    AmazonがShelfariを買収: 本好きのためのSNSを次々と征服

    愛書家のためのSNS、ShelfariがAmazonに買収された(買収価格は未公開)。Amazonはかなり前からこのシアトルのスタートアップを支援し、2007年2月には$1M(100万ドル)を投資している。 AmazonがAbeBooksを買収してからまだ1か月も経っていない。AbeBooksはマイナーな出版社の古書や稀覯本を売るサイトだ。そのときの買収と並行して、AmazonはShelfariと競合するLibraryThingの株も取得した。LibraryThingは以前AbeBooksが40%の株式を取得して買収したサイトだ。 しかし… 続きを読む

  • AbeBooksとAmazonの合併に気まずさを感じたShelfariとLibraryThing

    AbeBooksとAmazonの合併に気まずさを感じたShelfariとLibraryThing

    先ほどの記事で、Amazonが各出版社の稀覯本などを扱うオンライン小売業者のAbeBooksを買収したことを報告した。 AbeBooksはLibraryThingの、最大ではないが多数の株も保持している。ここでは本好きたちが好きな本を掲載して、議論を楽しむことができる。そして一方AmazonはLibraryThingの直接的競合関係にあるShelfari(他にもBookJettyなど多数の競合社がある)に100万ドルを出資しているという話だ。こうなると、Amazonがこの2つの中規模新興企業を合体させようとしても不思議ではない。 しかしこ… 続きを読む

  • Shelfariが、作家と読者をWikiで繋ぐ試み

    Shelfariが、作家と読者をWikiで繋ぐ試み

    Amazonが支援する本に関するコミュニティーネットワークShelfariが、編集可能な著書プロフィールを導入し、経歴情報に加えて作家とファンとの交流のための目的地サイトになろうとしている。 各著者のページには、メッセージボード、著書一覧に加えてオープンなwikiが置かれている。Shelfariは、著者本人がコミュニティーに参加して自分のページを修正することを促進することによって、有名巨大wiki(Wikipediaのこと)と一線を画そうという考えだ。多くのサイトがこのやり方には消極的で、それはバイアスの心配が明白だからなのだが、She… 続きを読む

  • 読書家のためのSNS「Goodreads」、エンジェル投資の調達に成功

    読書家のためのSNS「Goodreads」、エンジェル投資の調達に成功

    ロサンゼルスのスタートアップ、Goodreadsは読書家のためのSNSだが、ローンチ後最初の1年で登録ユーザ-65万を数え、黒字化の寸前まで来ている。これまで外部資金はいっさい調達せずに運営されていたが、今日(米国時間12/17)、エンジェル投資を調達したことを発表する予定だ。投資家は以下のとおり。James Currier (Ooga LabsとTickleのファウンダー)、Michael Birch(Beboのファウンダー)、Chris Michel(Military.comとAffinity Labsのファウンダー)、Mike Jones (U… 続きを読む

  • Amazon、Shelfariに出資

    Amazon、Shelfariに出資

    Amazonは、少なくとも1社のベンチャーキャピタルとの競争に勝って、シアトルのスタートアップShelfariに$1M(100万ドル)程度を出資したという噂だ。 Shelfariはユーザーが所有している本をすべて入力して、その本のイメージをオンラインで表示して、ビジュアルなバーチャル図書室をコミュニティーの仲間と共有するというサービスだ。ユーザーはバーチャル図書室をShelfariのサイトを通じて、あるいはデスクトップのウィジェットを利用して表示する。本のイメージはAmazonにリンクされており、このリンクを通じて本が売れればユーザーに… 続きを読む

  • Shelfariに注目

    Shelfariに注目

    シアトルのShelfariは昨年秋にローンチした本を中心にしたソーシャルネットワークだ。この分野にはLibrary Thing、Listal、Delicious Monster、その他ライバルが多い。Shelfariの中心的な機能は、ユーザーがこのサイトに蔵書の情報を送ると、自分のページにそれをすべて画像表示してくれる。本の虫やブッククラブがターゲットだ。 ShelfariはLibrary Thingほど大きくないが (Library Thingの基本的なトラフィックデータはここに)、デザインは優秀だし、自分の持っている本を見せびらかすウェジェッ… 続きを読む