shippio

  • 誰もが簡単に輸出入できる世界を目指す「Shippio」正式版リリース、1.9億円の調達も

    誰もが簡単に輸出入できる世界を目指す「Shippio」正式版リリース、1.9億円の調達も

    B2B国際物流のクラウドサービス「Shippio」は12月3日、第二種貨物利用運送事業者の許可を取得し、サービスを正式版としてリリースしたことを発表した。 続きを読む

  • 日本発の国際物流のクラウドサービス「shippio」を手がけるサークルイン、500 Startupsほかから資金調達

    日本発の国際物流のクラウドサービス「shippio」を手がけるサークルイン、500 Startupsほかから資金調達

    個人事業ではなく事業として、海外の良いものを安く輸入したい、あるいは日本の海外ウケするものを輸出したい、というときに案外ハードルとなるのが、船便・航空便の手配や貿易事務の煩雑さ。従来、こうした手続きや管理は、メールや電話、表計算ソフトを駆使して行われてきたが、慣れない言語での交渉や正確な情報管理が必要で、結構めんどうなものだ。その国際物流手配・管理などをWeb上で一括して行えるサービスが「shippio」だ。 shippioを開発・提供するサークルインは5月8日、500 Startups Japan、YJキャピタル、East Ventures… 続きを読む