shopping

  • Caperのスマートカートでレジなしショッピングへ

    Caperのスマートカートでレジなしショッピングへ

    スタートアップのCaperは天井カメラ方式より低コストで簡単にレジの行列を無くすことを目指している。これには顧客に最も馴染みがあるデバイスを利用する―ショッピングカートだ。 続きを読む

  • Amazonのサイバーマンデーは同社史上最大のショッピングデーだった

    Amazonのサイバーマンデーは同社史上最大のショッピングデーだった

    11月27日、Amazonは今年のサイバーマンデー(11月26日月曜日)が同社史上最大のショッピングデーだったと発表した。これは全世界で販売した商品数に基づくものだ。 続きを読む

  • Google、画像検索にLensを適用し、画像の広告活用を推進

    Google、画像検索にLensを適用し、画像の広告活用を推進

    oogleのアナウンスによれば、AIを活用したLens技術を画像検索で利用できるようにしたそうだ。検索したイメージ写っている物の情報を入手して、買い物の際に役立てることができるようになるとのこと。 続きを読む

  • Amazonのウィッシュリスト(ほしい物リスト)を友だち家族など参加型&会話型にできる

    Amazonのウィッシュリスト(ほしい物リスト)を友だち家族など参加型&会話型にできる

    Amazonのウィッシュリスト(Wish List, ほしい物リスト)に、一部のユーザーが前から望んでいたコラボレーション機能がつくようだ。アメリカのamazon.comでは、一部のユーザーがすでに、そのモバイルアプリやWebサイトのウィッシュリストに“invite others”(ほかの人を招待する)オプションがある。これは自分のウィッシュリストのURLをメールやテキストメッセージやソーシャルアプリなどで共有できる機能だ。そのURLをクリックすると、元々のオーナーと同じように、ウィッシュリストにアイテムを加えたり取… 続きを読む

  • AmazonのPart Finder機能はネジなどの正しいパーツを画像認識で見つけてくれる

    AmazonのPart Finder機能はネジなどの正しいパーツを画像認識で見つけてくれる

    ねじやナット、ボルト、ワッシャー、割りピンなどをネットで買いたいけど、自分が欲しいものをどうやって見つけるべきか? Amazonはそんなネットショッパーたちのために“Part Finder”(パーツ・ファインダー)というサービスを用意した。モバイルのカメラで目的のネジを撮(うつ)すと、Amazonはそれをスキャンして寸法を測り、まさにその品物のページへあなたを連れて行く。 Amazonはこの機能のローンチをまだ発表していないが、実は数週間前に全ユーザー向けに可利用になったらしい。 続きを読む

  • Amazonが本社のあるシアトルで初めてピックアップロケーションを‘開店’、物理店展開多様化

    Amazonが本社のあるシアトルで初めてピックアップロケーションを‘開店’、物理店展開多様化

    Amazonがやることは何でもシアトルが最初だろう、と思いがちだが、でもどうやら、このオンラインリテーラーの本社所在都市にはまだ、顧客が自分宛の荷物をそこまで取りに行くピックアップロケーションがなかったようだ。 続きを読む

  • Shopify上のネットショップがInstagramのショッピング機能の利用をもっと簡単にセットアップできるようになる

    Shopify上のネットショップがInstagramのショッピング機能の利用をもっと簡単にセットアップできるようになる

    誰でも容易にネットショップを開けるeコマースプラットホームの老舗で大手Shopifyが、Instagramブームに乗り遅れまいとしている。これまでも多様なショップ機能を提供してきた同社は今度、今年のホリデイシーズンに間に合うべく、ユーザーであるお店たちにInstagramの統合を提供する。Shopifyはこれまでも、Facebook MessengerやBuzzfeed などを統合してユーザー店の販売チャネルを増やしてきたが、今回のInstagram統合もその一環だ。 続きを読む

  • Amazon、パーソナライズされたおすすめ商品ショップ “My Mix” をスタート

    Amazon、パーソナライズされたおすすめ商品ショップ “My Mix” をスタート

    Amazonはユーザーが買いたいであろう商品をすすめするパーソナライズドページを提供する新機能を密かにスタートした。”My Mix” と呼ばれるこの新機能は、Amazonが 昨年開設した商品閲覧サービスの”Interesting Finds”と連携している。Interesting FindsはAmazonの巨大なウェブサイトを横断して商品を見つけるPinterestライクな体験を提供する。 続きを読む

  • Google Expressのサービスエリア拡大、全米の90%をカバー

    Google Expressのサービスエリア拡大、全米の90%をカバー

    グーグルがホーム・デリバリー・サービスのGoogle Expressをアメリカ北東部一帯に拡張してまだほんの一ヶ月だが、同社は本日そのサービスを南東部と北西部の数多くの州に展開すると発表、アマゾンとさらに競合することとなる。本日現在、Google Expressがローンチするのはアラバマ、ケンタッキー、ユタ、フロリダ、ジョージア、ノースカロライナ、サウスカロライナ、テネシー、アイダホ、モンタナ、オレゴン、ワシントンの各州に渡るエリアだ。 続きを読む

  • クリスマス・ショッピングのテクノロジーと消費者行動の変化を考える

    クリスマス・ショッピングのテクノロジーと消費者行動の変化を考える

    長年にわたってアメリカ的生活の不可欠な一部とみなされてきたクリスマス休暇のショッピングも最近大きく変わった。 1947年に公開された映画、『34丁目の奇跡』〔日本語版:メイシーズ・デパートを舞台にしたドラマ。その後何度もリメイクされている〕に代表される巨大デパートでのショッピングは今や少し風変わりで決定的に前世紀の遺物の習慣とみなされるようになった。 続きを読む

  • AmazonのApple Watchアプリは、腕の上でショッピングができる

    AmazonのApple Watchアプリは、腕の上でショッピングができる

    オンライン小売業のAmazonは、今週Appleが新ウェアラブルデバイス、Apple Watchにもうすぐやってくると紹介した多くのアプリケーションには入っていなかったが、実は同社もApple Watchバージョンのモバイルショッピングアプリを開発中であると本誌は理解している。このアプリは消費者が商品の検索から実際の購入までを、Amazonの1クリック注文システムを使って腕の上で行うことができる。 続きを読む

  • FacebookとInstagramのコメント欄でショッピングができるサービス、Soldsieが400万ドル調達

    FacebookとInstagramのコメント欄でショッピングができるサービス、Soldsieが400万ドル調達

    マーチャントがFacebookのファンとInstagramのフォロワーにコメント欄を通じて商品を直接販売できるeコマース・サービスのSoldsie〔ソルジーと発音する〕は今朝(米国時間5/15)、First Round Capital他からシリーズAラウンドで400万ドルの資金を調達したと発表した。SoftTech VC、Lerer Ventures、Correlation Ventures、Great Oaks Ventures、e.Ventures、500 Startupsに加えて何人かの個人のエンジェル投資家も今回のラウンドに参加している。 この… 続きを読む

  • 小規模eコマースにAmazonなみのレビューシステムを提供するOrankl

    小規模eコマースにAmazonなみのレビューシステムを提供するOrankl

    【抄訳】 顧客が投稿するレビューは、Amazonなどのサイトにとって重要な柱だ(それらはインターネット上のもっとも機知に富んだ笑い話集でもある)。でもマイナーなネットショップが顧客からフィードバックを得るのは、なかなか難しい。そこで、Y Combinatorで育ったOranklは、すべてのeコマース企業に、彼らの巨大ライバルが持っているのと同じツールを与えようとする。 続きを読む

  • ブラックフライデーはiPadが圧倒。販売サイトは快適なタブレットエクスペリエンスの提供が急務

    ブラックフライデーはiPadが圧倒。販売サイトは快適なタブレットエクスペリエンスの提供が急務

    オンラインショッピングに利用するタブレットについてIBMが調査を行なっている。それによればiPadが他を圧倒しているという結果になるようだ。そして実際のところ、iPadは他のモバイルデバイスをも圧倒する存在となっている。おそらくはAndroid系デバイスに比較して圧倒的なシェアを持つことによる結果ではあるだろう。また、スマートフォンと比較した場合には、コマースサイトのウェブをそのまま閲覧できることが強みとなっているだろう。しかし、タブレットによるショッピングエクスペリエンスというのはあまり進化していない。この分野には新たなソリューショ… 続きを読む

  • ここ数年, アメリカのクリスマス商戦は子ども市場もAppleが一人横綱

    ここ数年, アメリカのクリスマス商戦は子ども市場もAppleが一人横綱

    今年のクリスマスに合衆国の子どもたちが期待しているプレゼントは、iPhoneまたはiPod touchまたはiPadまたはiPad miniである。Nielsenのクリスマス年末商戦調査では、6歳から12歳までの子どもたちが向こう半年以内に買ってほしい物の上位5つのうちの4つを、これらApple製品が占める。 ダントツはiPadだ。48%の子どもたちが、欲しいと答えている(複数回答制)。二位はNintendo Wii Uで39%だが、発売当初のリビューはあまり芳しくない。同率三位がiPod touchとiPad miniの36%、次がiPhone… 続きを読む

  • わかりやすい名前で特定ジャンルのアイテムを販売するQuidsi、子供をターゲットとしたBookworm.comおよびAfterSchool.comを立ちあげ

    わかりやすい名前で特定ジャンルのアイテムを販売するQuidsi、子供をターゲットとしたBookworm.comおよびAfterSchool.comを立ちあげ

    Soap.comやDiapers.com、あるいは新しいものとしてはエコ系プロダクトを扱うVine.comなどを運営するQuidsi(Amazonの子会社)が、2つの新しいサイトをオープンした。ひとつはAfterSchool.com、もうひとつはBookworm.comだ。双方ともに子供のいる家庭をターゲットとするサイトで、前者は子供たちの「活動」(スポーツやゲーム、趣味等)を支える70,000以上のアイテムを揃えていて、後者は45,000冊の児童向け書籍を揃えている。 続きを読む

  • バーコードスキャン価格比較サービス進化の形:個人間売買サイトに成長を遂げるShopSavvy

    バーコードスキャン価格比較サービス進化の形:個人間売買サイトに成長を遂げるShopSavvy

    バーコードをスキャンして価格比較をしてくれるShopSavvyが面白い進化を遂げた。SavvyListingsという名前のパーソナルマーケットプレイスが利用できるようになったのだ。個人間で物品の売買をしたいという層を取り込み、利用者数を2000万人程度に拡大したい考えだ。 続きを読む