ショッピング / 買い物(用語)

ショッピングに関連する記事一覧

  • Visa予測:オンラインでのホリデーショッピング額は昨年比18%増

    Visa予測:オンラインでのホリデーショッピング額は昨年比18%増

    1年の後半数ヶ月は、電子商取引関連ビジネスにとって非常に大きな意味をもつ時期となる。ホリデーシーズンを迎え売上額は最高を示し、さらにウェブやモバイルデバイスから買い物をする人が年々増えてもいる。この傾向はもちろん今年も続くこととなる。最新の予測レポートによれば、ほぼ半数(47%)の消費者が、ホリデーショッピングをオンラインで行うことになるとのこと。 続きを読む

  • Amazonはもはやメーカーのライバル―各種プライベート・ブランドがオンラインでシェアを獲得

    Amazonはもはやメーカーのライバル―各種プライベート・ブランドがオンラインでシェアを獲得

    今日(米国時間11/3)発表されたレポートによれば、Amazonのプライベート・ブランド製品は投資に見合う成功を収めつつある。十数種類の製品分野でAmazonのプライベート・ブランドは専門メーカーと競争する存在になっている。これにはコンピューター・アクセサリー、家庭用品、ペット用品、食品などが含まれる。あるカテゴリーではAmazonはオンライン通販のトップ・ブランドだという。 続きを読む

  • Instagramが写真投稿から買い物ができるタグ機能の検証を開始

    Instagramが写真投稿から買い物ができるタグ機能の検証を開始

    Instagramは、ユーザーが商品を見るために毎回ブラウザに移行しなくても、アプリ内で買い物をできるようにする。今回InstagramはKate SpadeやJackThreadsといった20の小売ブランドと協力し、写真投稿にショピングのためのタグ機能の提供を開始する。まずはアメリカ国内のiOSユーザーが利用できる。 続きを読む

  • Google Expressのサービスエリア拡大、全米の90%をカバー

    Google Expressのサービスエリア拡大、全米の90%をカバー

    グーグルがホーム・デリバリー・サービスのGoogle Expressをアメリカ北東部一帯に拡張してまだほんの一ヶ月だが、同社は本日そのサービスを南東部と北西部の数多くの州に展開すると発表、アマゾンとさらに競合することとなる。本日現在、Google Expressがローンチするのはアラバマ、ケンタッキー、ユタ、フロリダ、ジョージア、ノースカロライナ、サウスカロライナ、テネシー、アイダホ、モンタナ、オレゴン、ワシントンの各州に渡るエリアだ。 続きを読む

  • Instacartが普段の食料品の買い物の仕方を変える

    Instacartが普段の食料品の買い物の仕方を変える

    普段の食料品の買い物を支援するアプリのInstacartは、商品の選択、包装と配送をオンデマンドで簡便化する独自の方法を考え出した。TechCrunchでは同社において人とテクノロジーが実際にどのように機能するのか、サンフランシスのコストコに実際に出向いて取材を行った。明らかになったことは、このサンフランシス発のスタートアップは食料品店の売り方を永遠に変えてしまったということだ。 続きを読む

  • 友人とVRでファッションショーを見ながらショッピング、KABUKIが挑む未来型ECサービス

    友人とVRでファッションショーを見ながらショッピング、KABUKIが挑む未来型ECサービス

    2016年はVR元年と言われている。今年10月にはPlayStation VRも発売され、一通りのVR向けハードウェアが出揃う。けれども、VRが本当に立ち上がるためにはVRコンテンツが鍵となる。徐々に360ChannelなどのVR番組やゲームといったエンターテイメント領域でのコンテンツが立ち上がる中、KABUKIが提供を目指すのはVR内でのショッピング体験だ。KABUKIは本日、「VR Shopping with Voice Chat」を8月下旬から提供開始するにあたり、記者発表会を実施した。 続きを読む

  • クリスマス・ショッピングのテクノロジーと消費者行動の変化を考える

    クリスマス・ショッピングのテクノロジーと消費者行動の変化を考える

    長年にわたってアメリカ的生活の不可欠な一部とみなされてきたクリスマス休暇のショッピングも最近大きく変わった。 1947年に公開された映画、『34丁目の奇跡』〔日本語版:メイシーズ・デパートを舞台にしたドラマ。その後何度もリメイクされている〕に代表される巨大デパートでのショッピングは今や少し風変わりで決定的に前世紀の遺物の習慣とみなされるようになった。 続きを読む

  • AmazonのApple Watchアプリは、腕の上でショッピングができる

    AmazonのApple Watchアプリは、腕の上でショッピングができる

    オンライン小売業のAmazonは、今週Appleが新ウェアラブルデバイス、Apple Watchにもうすぐやってくると紹介した多くのアプリケーションには入っていなかったが、実は同社もApple Watchバージョンのモバイルショッピングアプリを開発中であると本誌は理解している。このアプリは消費者が商品の検索から実際の購入までを、Amazonの1クリック注文システムを使って腕の上で行うことができる。 続きを読む

  • モバイルブラウザZurfではページ上に付箋紙を貼り付けてソーシャルなおしゃべりができる

    モバイルブラウザZurfではページ上に付箋紙を貼り付けてソーシャルなおしゃべりができる

    【一部要約】 オンラインショッピングを“ソーシャル”にする試みが、これまでいろいろあった。ChromeやFirefoxのプラグイン、それにブラウザのオーバレイもあったが、…うまくいったものが一つでもあったのか、そのへんが、あやしい。 今年のTechCrunch Disrupt San Francisco 2014に登場したZurfは、考え方が違う。彼らのコンセプトはちょっとおもしろいし、いくつかの問題を解決している。 続きを読む

  • FacebookとInstagramのコメント欄でショッピングができるサービス、Soldsieが400万ドル調達

    FacebookとInstagramのコメント欄でショッピングができるサービス、Soldsieが400万ドル調達

    マーチャントがFacebookのファンとInstagramのフォロワーにコメント欄を通じて商品を直接販売できるeコマース・サービスのSoldsie〔ソルジーと発音する〕は今朝(米国時間5/15)、First Round Capital他からシリーズAラウンドで400万ドルの資金を調達したと発表した。SoftTech VC、Lerer Ventures、Correlation Ventures、Great Oaks Ventures、e.Ventures、500 Startupsに加えて何人かの個人のエンジェル投資家も今回のラウンドに参加している。 この… 続きを読む

  • 小規模eコマースにAmazonなみのレビューシステムを提供するOrankl

    小規模eコマースにAmazonなみのレビューシステムを提供するOrankl

    【抄訳】 顧客が投稿するレビューは、Amazonなどのサイトにとって重要な柱だ(それらはインターネット上のもっとも機知に富んだ笑い話集でもある)。でもマイナーなネットショップが顧客からフィードバックを得るのは、なかなか難しい。そこで、Y Combinatorで育ったOranklは、すべてのeコマース企業に、彼らの巨大ライバルが持っているのと同じツールを与えようとする。 続きを読む

  • クリスマスにモバイルアプリケーションのダウンロード数が増加する傾向に歯止め?!

    クリスマスにモバイルアプリケーションのダウンロード数が増加する傾向に歯止め?!

    広告プラットフォームを運営し、モバイル分析も行っているFlurryから、2013年クリスマス近辺のアプリケーションダウンロード動向についての年次レポートがリリースされた。例年のように、やはりクリスマスのアプリケーションダウンロード数は大幅に増加している。プレゼントにもらったiPadを開封して、そしてソフトウェアをダウンロードするという振る舞いがあちこちで行われているわけだ。但し、「クリスマスといえばアプリケーション」という動きは、徐々に落ち着きを見せ始めるのかもしれないという数値も出ているのだそうだ。 続きを読む

  • comScoreレポート:米国ホリデーシーズンのオンライン消費は423億ドル。期待を少々下回る14%増

    comScoreレポート:米国ホリデーシーズンのオンライン消費は423億ドル。期待を少々下回る14%増

    comScoreからは、昨年中にクリスマスに関する統計が出ていたが、このたび2012年ホリデーシーズン全体についてのまとめも出てきた。これによると、11月1日から12月31日までの間に、アメリカ国内で423億ドルの商品がオンラインで購入されたのだとのこと。2011年シーズンについてのcomScoreレポートでは372億ドルであったので、そこから14%の伸びを示したことになる。但し、12月中旬における伸びが期待ほどではなかったようで、当初の予想よりは少々低めの数値となっているようだ。 続きを読む

  • ブラックフライデーはiPadが圧倒。販売サイトは快適なタブレットエクスペリエンスの提供が急務

    ブラックフライデーはiPadが圧倒。販売サイトは快適なタブレットエクスペリエンスの提供が急務

    オンラインショッピングに利用するタブレットについてIBMが調査を行なっている。それによればiPadが他を圧倒しているという結果になるようだ。そして実際のところ、iPadは他のモバイルデバイスをも圧倒する存在となっている。おそらくはAndroid系デバイスに比較して圧倒的なシェアを持つことによる結果ではあるだろう。また、スマートフォンと比較した場合には、コマースサイトのウェブをそのまま閲覧できることが強みとなっているだろう。しかし、タブレットによるショッピングエクスペリエンスというのはあまり進化していない。この分野には新たなソリューショ… 続きを読む

  • ここ数年, アメリカのクリスマス商戦は子ども市場もAppleが一人横綱

    ここ数年, アメリカのクリスマス商戦は子ども市場もAppleが一人横綱

    今年のクリスマスに合衆国の子どもたちが期待しているプレゼントは、iPhoneまたはiPod touchまたはiPadまたはiPad miniである。Nielsenのクリスマス年末商戦調査では、6歳から12歳までの子どもたちが向こう半年以内に買ってほしい物の上位5つのうちの4つを、これらApple製品が占める。 ダントツはiPadだ。48%の子どもたちが、欲しいと答えている(複数回答制)。二位はNintendo Wii Uで39%だが、発売当初のリビューはあまり芳しくない。同率三位がiPod touchとiPad miniの36%、次がiPhone… 続きを読む

  • わかりやすい名前で特定ジャンルのアイテムを販売するQuidsi、子供をターゲットとしたBookworm.comおよびAfterSchool.comを立ちあげ

    わかりやすい名前で特定ジャンルのアイテムを販売するQuidsi、子供をターゲットとしたBookworm.comおよびAfterSchool.comを立ちあげ

    Soap.comやDiapers.com、あるいは新しいものとしてはエコ系プロダクトを扱うVine.comなどを運営するQuidsi(Amazonの子会社)が、2つの新しいサイトをオープンした。ひとつはAfterSchool.com、もうひとつはBookworm.comだ。双方ともに子供のいる家庭をターゲットとするサイトで、前者は子供たちの「活動」(スポーツやゲーム、趣味等)を支える70,000以上のアイテムを揃えていて、後者は45,000冊の児童向け書籍を揃えている。 続きを読む

  • Microsoftの“未来のショッピングアプリ”Glimpse Catalogs: できはイマイチだがコードをGitHubで公開

    Microsoftの“未来のショッピングアプリ”Glimpse Catalogs: できはイマイチだがコードをGitHubで公開

    印刷物のショッピングカタログをオンライン化するために、現代的なWebテクノロジは要らないと思うが、少なくともMicrosoftとショッピング検索エンジンTheFindは、必要だ!と考えたに違いない。両社は今日(米国時間7/24)、Glimpse Catalogsと名付けたプロジェクトを披露したが、それはHTML5などの現代的なWebテクノロジを大々的に使って、TheFindのタブレット用アプリCatalogueと、同じく同社のFacebook用ソーシャルショッピングアプリGlimpseを組み合わせてPinterest的なサイトを作り、ユ… 続きを読む

  • バーコードスキャン価格比較サービス進化の形:個人間売買サイトに成長を遂げるShopSavvy

    バーコードスキャン価格比較サービス進化の形:個人間売買サイトに成長を遂げるShopSavvy

    バーコードをスキャンして価格比較をしてくれるShopSavvyが面白い進化を遂げた。SavvyListingsという名前のパーソナルマーケットプレイスが利用できるようになったのだ。個人間で物品の売買をしたいという層を取り込み、利用者数を2000万人程度に拡大したい考えだ。 続きを読む