ショートビデオ(用語)

ショートビデオに関する記事一覧

  • 競争が激化する中、TikTokはクリエイター向けに6つの新しいインタラクティブな音楽エフェクトを発表

    競争が激化する中、TikTokはクリエイター向けに6つの新しいインタラクティブな音楽エフェクトを発表

    米国時間4月7日、TikTokは、音楽をベースにしたクリエーションアプリとしてのルーツをさらに拡大し、クリエーター向けに6種類の新しい音楽エフェクトをローンチした。エフェクトは、インタラクティビティや視覚化、アニメーションなどを提供するもので、 アプリ「Music Visualizer」のローンチかを皮切りに、数週間以内に展開される予定という。 続きを読む

  • Instagramが他ユーザーの動画とコラボできるTikTok「Duets」的機能「Remix on Reels」を正式ローンチ

    Instagramが他ユーザーの動画とコラボできるTikTok「Duets」的機能「Remix on Reels」を正式ローンチ

    Instagramは米国時間3月31日にRemixを正式にスタートさせた。Remixを利用すると自分のReelsビデオに他のユーザーの動画を含めることができる。つまりTikTokで人気のDuetsに相当する機能だ。ユーザーは自分の動画を作成しながら同時に他のユーザーの動画にリアクションしたり交流したりすることができる。 続きを読む

  • TikTokのライバルとなる60秒以内の動画サービス「YouTubeショート」が米国に上陸

    TikTokのライバルとなる60秒以内の動画サービス「YouTubeショート」が米国に上陸

    米国時間3月18日、YouTubeのショート動画サービスでありTikTokのライバルとなる、YouTube Shortsが米国で提供開始される。クリエイターが60秒以内のショート動画コンテンツを記録、編集、共有し、オプションで人気の楽曲を設定する機能がある 続きを読む

  • 従業員同士が自分の都合に合わせてコミュニケーションがとれる新しい非同期ビデオツール「Weet」

    従業員同士が自分の都合に合わせてコミュニケーションがとれる新しい非同期ビデオツール「Weet」

    新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によってシャットダウンされた世界では、その技術はますます重要なものになる一方だったが、フィラージ氏の子供たちが、突然自宅からリモート学習をするようになってからは、社内のあるプロジェクトが彼女の興味を引き始めた。 続きを読む

  • TikTokがQ&A機能をテスト中、ファンからの質問にクリエイターはテキストと動画で効果的な回答が可能に

    TikTokがQ&A機能をテスト中、ファンからの質問にクリエイターはテキストと動画で効果的な回答が可能に

    人気ショートビデオサービスのTikTokは、クリエイターが視聴者の質問に効果的に回答できる新機能を追加する。同社は、テキストと動画を利用できるQ&A機能をテストしていることを認めた。 続きを読む

  • 選択だけで簡単に作れるブランド向けコラボ動画プラットフォームのCapsuleが2.1億円を調達

    選択だけで簡単に作れるブランド向けコラボ動画プラットフォームのCapsuleが2.1億円を調達

    ブランドを対象とした動画Q&AプラットフォームCapsuleは、パンデミックの中で消費者へのリーチに苦しむ企業のニーズへ、直接対応するものとして2020年に誕生した会社だ。この度、同社はプレシード資金の200万ドル(約2億1000万円)を調達した。 続きを読む

  • グーグルがTikTokとInstagramのショートビデオを集約する検索機能をテスト導入

    グーグルがTikTokとInstagramのショートビデオを集約する検索機能をテスト導入

    Googleは、InstagramとTikTokのビデオをモバイル機器向けGoogleアプリの専用カルーセルに表示する新機能をテスト中だ。これは、Googleのプラットフォームから完全に離れることなく、ソーシャルビデオエンターテイメントを探しているユーザーをつなぎ止めるのに役立つだろう。 続きを読む

  • インドのインフルエンサー向けサービスプラットフォームCreatorOSを注目スタートアップ幹部が支援

    インドのインフルエンサー向けサービスプラットフォームCreatorOSを注目スタートアップ幹部が支援

    米国時間10月9日、マダヴァン・マロラン氏はクリエイターが自分のビジネスを構築、管理し、成長させていけるプラットフォームであるCreatorOSを発表した。このプラットフォームの共同創業者であるマロラン氏によると、2020年1月の時点ですでに、ショートビデオ製作者を含むおよそ1000名のクリエイターや教師、コンサルタントが、以前Socionityと呼ばれたこのプラットフォームに参加しているという。 続きを読む

  • ハリウッド発のショートムービーアプリ「Triller」はTikTok騒ぎに後押しされるもリズムを崩さず

    ハリウッド発のショートムービーアプリ「Triller」はTikTok騒ぎに後押しされるもリズムを崩さず

    ハリウッドの大物や音楽界のセレブの支援を受けるショート動画アプリTrillerは、ユーザー数も評価額も急上昇している。現在は約260億円の新規投資ラウンドを募っているが、これが成功すれば評価額は約1060億円以上にまで押し上げられる。このアプリはTikTokに取って代わるものとして注目されるようになったが、じつはTikTokが登場する2年前の2015年から存在していた。 続きを読む

  • リップシンクのDubsmashが驚異のカムバック、月10億ビューでショートビデオの2位に

    リップシンクのDubsmashが驚異のカムバック、月10億ビューでショートビデオの2位に

    2015年にいっとき盛り上がったもののユーザー数の減少が続いたDubsmashが瀕死の状態から蘇った。リップシンクはカラオケの逆で、楽曲や映画の1シーンなどを素材としその音声に合わせて自分の口パクのショートビデオを撮るというものだ。 続きを読む

  • 一世を風靡したVineの生まれ変わりByteが正式にローンチ

    一世を風靡したVineの生まれ変わりByteが正式にローンチ

    かつてTwitterが提供していたショートビデオ、Vineの共同創業者ドン・ホフマン氏が開発した、その後継サービスであるByteがリリースされた。Byteを使えば、6秒のビデオを撮影またはアップロードして共有できる。コンテンツクリエーターの収益化の支援に初期の焦点を置くByteは、TikTok、Snapchat、Instagramなどが人気を博す現在、無事、テイクオフできるだろうか? 続きを読む

  • モバイル・ショートビデオのTikTokは2019年に急成長するも収益化に苦闘中

    モバイル・ショートビデオのTikTokは2019年に急成長するも収益化に苦闘中

    ダウンロード数でも収入でもTikTokは2019年のモバイル・アプリの星だった。中国製であるため最近アメリカ政府の規制が厳しさを増しているものの、昨年1年のアプリのインストールは7億3800万以上だった、 続きを読む

  • 中国人が熱狂するショートビデオにネットの巨人も気が気ではない

    中国人が熱狂するショートビデオにネットの巨人も気が気ではない

    中国で地下鉄に乗ると、多くの人がスマホのTikTok(ティックトック)の動画に見入っている。 モバイルインターネット専門調査研究会社QuestMbileの調査によれば、中国人のインターネット利用時間のうち、TikTokなどの動画の視聴に占める割合は、2017年には5.2パーセントだったものが、現在は90パーセント近くまで跳ね上がっているという。 続きを読む