シリコンバレー(国・地域)

シリコンバレーに関する記事一覧

  • 【コラム】プライド月間の6月を終えて、テック業界のステレオタイプな男性的文化との戦い

    【コラム】プライド月間の6月を終えて、テック業界のステレオタイプな男性的文化との戦い

    プライド月間と先日行われた祭典は、ブログラマー覇権主義に対する解毒剤になる。虹を象徴とするプライドは、自由であり、真実であり、何にも縛られないすべての者の豊穣の角(豊かさの象徴)である。プライド月間が終わりに近づいた今、私の最大の希望は、プライド月間だけが持つ偏見のないエネルギーで、さらに意義のある変化を引き起こすことである。 続きを読む

  • 「今はイノベーションの黄金期」シリコンバレーの投資家イラッド・ギル氏とのインタビュー[後編]

    「今はイノベーションの黄金期」シリコンバレーの投資家イラッド・ギル氏とのインタビュー[後編]

    「爆速成長マネジメント」の著者でシリコンバレーの投資家で起業家でもあるイラッド・ギル氏とのインタビュー後編。前編では初めての起業家が陥りやすい罠とその回避策について、後編では新型コロナウイルスがスタートアップ業界に与えている影響とこれからの世界について聞いている。 続きを読む

  • 「スケールするために経営陣が必要」シリコンバレーの投資家イラッド・ギル氏に聞くスタートアップアドバイス[前編]

    「スケールするために経営陣が必要」シリコンバレーの投資家イラッド・ギル氏に聞くスタートアップアドバイス[前編]

    2021年3月18日、シリコンバレーの起業家で投資家であるイラッド・ギル氏の著書「High Growth Handbook」の日本語版である「爆速成長マネジメント」(日経BP)が発売となった。 著者のギル氏は投資家やアドバイザーとして、エアビーアンドビー、コインベース、インスタカート、ピンタレスト、スクエア、ストライプなど世界でも有数のテック企業に関わっている。起業家としても経験が豊富だ。2013年から2016年12月までカラージェノミクスの共同創業者兼CEOを務め、現在は会長に就任。カラージェノミクスの創業前はツイッターでコーポレート戦略… 続きを読む

  • 誰もが資本を獲得し起業家精神を持てる社会を目指すことが最後の公民権運動

    誰もが資本を獲得し起業家精神を持てる社会を目指すことが最後の公民権運動

    人間にとって環境と背景はいつでも重要だ。俯瞰的に見ると、私には次のような持って生まれた特権があった。男性であること、世界で最も力のある国にその歴史上最も繁栄している時代に生まれたこと、両親はどちらも大学を出ていること、中流階級の隣人に囲まれていることなどだ。 続きを読む

  • 非白人女性がシリコンバレーでベンチャー投資を獲得した秘訣

    非白人女性がシリコンバレーでベンチャー投資を獲得した秘訣

    世界のデジタル化が進むと、生身の付き合いがより渇望されるようになる。Squad(スクワッド)は、Z世代やミレニアル世代のための密接な人間関係をキュレートすることにより、招待者専用のコミュニティーとアプリで、オフラインでのつながりを満たそうとしている。 続きを読む

  • シリコンバレーは分散可能か?ビジネスは最前線でパーティは遠隔地で

    シリコンバレーは分散可能か?ビジネスは最前線でパーティは遠隔地で

    長い間、シリコンバレーの魅力は、この地にやって来ることができるかどうかにかかっていた。そのエコシステムは遠隔地からは機能しなかったからだ。 続きを読む

  • イノベーションのサプライチェーン:アイデアは大陸を横断し経済を変革させる

    イノベーションのサプライチェーン:アイデアは大陸を横断し経済を変革させる

    西欧では、微積分を発明したのはアイザック・ニュートンとゴットフリート・ライプニッツなどの17世紀の天才学者だとする考えが一般的だが、理論的な基礎はその数千年前に遡る。 続きを読む

  • 裕福な観光客を哀れむバーニングマンの本当の価値

    裕福な観光客を哀れむバーニングマンの本当の価値

    私が、バーニングマンでいちばん面白いと感じる点は、ポスト希少性社会の叩き台になっているところだ。ただ、膨大な費用と資源を必要とし、非常に過酷で不便な場所で行われる実験というのも皮肉な話だ。そこまで行かなければ、世界の金銭的または希少性の階級構造から抜け出すことはできないというわけだ。 続きを読む

  • シリコンバレーはいかにレイバー・デーを祝うべきか

    シリコンバレーはいかにレイバー・デーを祝うべきか

    25歳のエンジニアに、「あなたにとってレイバー・デーとは何か」と聞くとしよう。すると彼もしくは彼女は、こう答えるかもしれない。夏の休暇のあとにくるおまけの3日間。あるいは、ドローレス公園でバーベキューをする日。はたまた、学生生活を再び体験するために毎年恒例のタホ旅行をするための日。いや、シンプルに、普段激務だからゆっくりする日、かもしれない。 続きを読む

  • ジャーナリストから投資家への転身――元TechCrunch社員がたったひとりで立ち上げたVCファンドDream Machine

    ジャーナリストから投資家への転身――元TechCrunch社員がたったひとりで立ち上げたVCファンドDream Machine

    5年ほど前、Alexia Bonatsos(旧姓Tsotsis)はTechCrunchの共同編集長として働いており、スタートアップ界では名のしれた存在だった。さまざまなスタートアップやファウンダーとも顔見知りだったBonatsos。しかし彼女が本当にやりたかったのはスタートアップ投資だった。 「私はかなり早い段階でPinterestやWish(当時はまだContextLogicという名前だった)、Uber 、Instagram、WhatsAppの記事を書いていた。そのため、自分はいいタイミングにいい場所にいる(つまりラッキーだった)か、うま… 続きを読む

  • あるVCがファンドの規模を急激に拡大しないワケ――業界の流れに逆行するEmergence Capital

    あるVCがファンドの規模を急激に拡大しないワケ――業界の流れに逆行するEmergence Capital

    テック業界への投資を強化しようとする機関投資家が増えたことで、シリコンバレーでは実績のあるベンチャーキャピタル(VC)が資金調達で困ることはない。今年の3月にはSECに提出された書類によって、General Catalystが13億7500万ドルのファンドを立ち上げたことがわかった。これは同社の18年におよぶ歴史の中でも最大規模だ。設立から35年が経つBattery Venturesも、今年に入ってから2つのファンドを組成し、合計調達額は同社史上最大だった。さらにSequoia Capitalは、複数のファンドを通して合計120億ドルを調達… 続きを読む

  • HBOの人気ドラマ“Silicon Valley”、今年のキャストを見るとストーリーが分かりそう

    HBOの人気ドラマ“Silicon Valley”、今年のキャストを見るとストーリーが分かりそう

    HBOの“Silicon Valley”は、今度の日曜日(米国時間4/23)から4期目が始まる。 最初の二話を試写会で見たけど、とってもおかしい(笑える)ことは保証できる。本誌TechCrunchの名前も、頻繁に出てくる。試写会には今期の出演者たちも同席したが、その顔ぶれからどんな内容かある程度分かる。 続きを読む

  • シリコンバレーを有効活用するためのサテライトオフィスという選択

    シリコンバレーを有効活用するためのサテライトオフィスという選択

    全国のスタートアップエコシステムが広がりを見せている一方で、ベンチャーキャピタルによる投資総額の47%を占める、272億ドルという投資額を誇るシリコンバレーと肩を並べるような街は存在しない。 しかし、シリコンバレー以外で事業を展開することにはメリットも多くある。人材獲得や事業の確立のしやすさ、自分のビジネスを脅かすような数十億ドルの評価額を誇る企業がいないことなどが、その例として挙げられる。 とは言っても、シリコンバレー優位の状況は変わらない。そこで、前述の街やこれから自分たちのテクノロジーハブを成長させようと考えている地域は、「どのよう… 続きを読む

  • シリコンバレーでは、スタートアップ経験が履歴書代わりになりつつある

    シリコンバレーでは、スタートアップ経験が履歴書代わりになりつつある

    エンジニア5人とその仲間が集まってエンジェル投資をいくらか募り、スタートアップを設立したと思ったら、ほとんどもしくは全く収益もないまま1000万ドルで売却。一体どういうこと? ありがちな解釈ならば、ITバブル、思慮のない”アクハイヤー”(買収による人材獲得)、あるいは不合理な共同幻想になるだろう。しかし、もう少し大きな視点から見れば、たとえば超一流の人材が報酬を得る方法が根本的に変化したとか、何か別の現象なのかもしれない。 続きを読む

  • カリフォルニア州、ハンドルのない自動運転車に向けて法整備

    カリフォルニア州、ハンドルのない自動運転車に向けて法整備

    真の「ドライバーレス」車のテストを可能にする法案の検討が、カリフォルニア州議会で進められている。 具体的には、米国時間8/29に改訂されたカリフォルニア州議会法案 1592が通ると、近々次のことが可能になる。 「運転席に運転手が座らず、ハンドル、ブレーキ、あるいはアクセルを装備していない自律走行車によるテスト走行」 このパイロットテストが許可されるためには、いくつか条件を満たしている必要がある。例えば、自動運転車はパイロットテスト中時速35マイル以上で走ることがてきない。また、走行できる場所は、「当局が指定する私有のビジネスパーク、および敷地… 続きを読む

  • Dropboxのロスレス画像圧縮ソフトウェアLeptonは、あの‘middle-out’アルゴリズムを使っている

    Dropboxのロスレス画像圧縮ソフトウェアLeptonは、あの‘middle-out’アルゴリズムを使っている

    “middle-out”(ミドルアウト)アルゴリズムは、テレビドラマ「シリコンバレー(Silicon Valley)」のもっとも劣悪な(そしてたぶんもっともおかしい)シーンで有名になったが、Dropboxが最近作ったクールなロスレス画像圧縮ソフトウェアLeptonでは、それがフィクションではなくて本物だ。 Leptonは、JPEGで圧縮した画像のファイルサイズのほとんどをさらに最大22%縮小するが、それでいてオリジナルのビットを一つも失わない。どうやれば、それが可能なのか?…ミドルアウトを使うのだ。 続きを読む

  • サイバーテロとシリコンバレーの役割

    サイバーテロとシリコンバレーの役割

    少なくとも現時点で、サイバーテロリストたちは世界のどこかの地下室から欧米文明を破壊するのに必要なテクノロジーを利用していない。 国家情報長官のJames Clapperは、「サイバー・ハルマゲドン」シナリオの可能性を当面否定しているが、新たな技術進歩はテロリストたちを、注目されることがる目的のローテクな殺人から、社会の資源や組織を破壊する目的のハイテクな破壊行為へと走らせる可能性をもっている。 続きを読む

  • Apple本社で死体で見つかった社員の身元が判明

    Apple本社で死体で見つかった社員の身元が判明

    [筆者: Kate Conger] Santa Clara County(サンタクララ郡)の検視官事務所は、水曜日にAppleのCupertino本社で死体で発見された男を、25歳のEdward Mackowiakと同定した、とReutersが報じている。 続きを読む

  • Appleクパチーノ本社の会議室内で死体が発見される

    Appleクパチーノ本社の会議室内で死体が発見される

    今日(米国時間4/27)午前、Appleクパチーノ本社の会議室内で死体が発見された。複数のニュース記事による。 続きを読む

  • Tシャツ用プリンタを持ってない人にお好みのテク系スローガンをプリントしてくれるSiliconvictsはスタンフォードのデザイン専科卒

    Tシャツ用プリンタを持ってない人にお好みのテク系スローガンをプリントしてくれるSiliconvictsはスタンフォードのデザイン専科卒

    [筆者: Nitish Kulkarni] シリコンバレーに関するジョークで、自分のTシャツにプリントしたいなと思ったやつって、たくさんあるよね。カリフォルニア州Malibuでシャツを作っているSiliconvicts Clothing Co.が、きみより先にそれをやってしまった。‘Unicorn Hunter’(一角獣(10億ドル企業)ハンター)や‘Coding Is My Cardio’(プログラミングがぼくのランニング)など、スタンフォードを卒業したばかりのCameron Lindsayの副業作品は、… 続きを読む