Silicon Valley

  • HBOの人気ドラマ“Silicon Valley”、今年のキャストを見るとストーリーが分かりそう

    HBOの人気ドラマ“Silicon Valley”、今年のキャストを見るとストーリーが分かりそう

    HBOの“Silicon Valley”は、今度の日曜日(米国時間4/23)から4期目が始まる。 最初の二話を試写会で見たけど、とってもおかしい(笑える)ことは保証できる。本誌TechCrunchの名前も、頻繁に出てくる。試写会には今期の出演者たちも同席したが、その顔ぶれからどんな内容かある程度分かる。 続きを読む

  • カリフォルニア州、ハンドルのない自動運転車に向けて法整備

    カリフォルニア州、ハンドルのない自動運転車に向けて法整備

    真の「ドライバーレス」車のテストを可能にする法案の検討が、カリフォルニア州議会で進められている。 具体的には、米国時間8/29に改訂されたカリフォルニア州議会法案 1592が通ると、近々次のことが可能になる。 「運転席に運転手が座らず、ハンドル、ブレーキ、あるいはアクセルを装備していない自律走行車によるテスト走行」 このパイロットテストが許可されるためには、いくつか条件を満たしている必要がある。例えば、自動運転車はパイロットテスト中時速35マイル以上で走ることがてきない。また、走行できる場所は、「当局が指定する私有のビジネスパーク、および敷地… 続きを読む

  • Dropboxのロスレス画像圧縮ソフトウェアLeptonは、あの‘middle-out’アルゴリズムを使っている

    Dropboxのロスレス画像圧縮ソフトウェアLeptonは、あの‘middle-out’アルゴリズムを使っている

    “middle-out”(ミドルアウト)アルゴリズムは、テレビドラマ「シリコンバレー(Silicon Valley)」のもっとも劣悪な(そしてたぶんもっともおかしい)シーンで有名になったが、Dropboxが最近作ったクールなロスレス画像圧縮ソフトウェアLeptonでは、それがフィクションではなくて本物だ。 Leptonは、JPEGで圧縮した画像のファイルサイズのほとんどをさらに最大22%縮小するが、それでいてオリジナルのビットを一つも失わない。どうやれば、それが可能なのか?…ミドルアウトを使うのだ。 続きを読む

  • サイバーテロとシリコンバレーの役割

    サイバーテロとシリコンバレーの役割

    少なくとも現時点で、サイバーテロリストたちは世界のどこかの地下室から欧米文明を破壊するのに必要なテクノロジーを利用していない。 国家情報長官のJames Clapperは、「サイバー・ハルマゲドン」シナリオの可能性を当面否定しているが、新たな技術進歩はテロリストたちを、注目されることがる目的のローテクな殺人から、社会の資源や組織を破壊する目的のハイテクな破壊行為へと走らせる可能性をもっている。 続きを読む

  • Apple本社で死体で見つかった社員の身元が判明

    Apple本社で死体で見つかった社員の身元が判明

    [筆者: Kate Conger] Santa Clara County(サンタクララ郡)の検視官事務所は、水曜日にAppleのCupertino本社で死体で発見された男を、25歳のEdward Mackowiakと同定した、とReutersが報じている。 続きを読む

  • Appleクパチーノ本社の会議室内で死体が発見される

    Appleクパチーノ本社の会議室内で死体が発見される

    今日(米国時間4/27)午前、Appleクパチーノ本社の会議室内で死体が発見された。複数のニュース記事による。 続きを読む

  • Tシャツ用プリンタを持ってない人にお好みのテク系スローガンをプリントしてくれるSiliconvictsはスタンフォードのデザイン専科卒

    Tシャツ用プリンタを持ってない人にお好みのテク系スローガンをプリントしてくれるSiliconvictsはスタンフォードのデザイン専科卒

    [筆者: Nitish Kulkarni] シリコンバレーに関するジョークで、自分のTシャツにプリントしたいなと思ったやつって、たくさんあるよね。カリフォルニア州Malibuでシャツを作っているSiliconvicts Clothing Co.が、きみより先にそれをやってしまった。‘Unicorn Hunter’(一角獣(10億ドル企業)ハンター)や‘Coding Is My Cardio’(プログラミングがぼくのランニング)など、スタンフォードを卒業したばかりのCameron Lindsayの副業作品は、… 続きを読む

  • 調査報告:数学関連業務の採用活動では、男女ともに男性を採用する率が2倍程度

    調査報告:数学関連業務の採用活動では、男女ともに男性を採用する率が2倍程度

    女性がガラスの天井を打ち破れない理由について、新たな研究結果が発表された。意思決定者が男性である場合のみならず、女性であっても、数学の関係する仕事については、2倍の確率で男性の方を雇うことにする傾向があるようなのだ。 続きを読む

  • 新刊『シリコンバレーの秘密:世界のイノベーションの中心からわれわれが学べること』の著者に聞く

    われわれの秘密がついに暴露された。今日(米国時間4/2)、デボラ・ペリー・ピシオーネ(Deborah Perry Piscione) による期待の新刊 シリコンバレーの秘密:世界のイノベーションの中心からわれわれが学べること(Secrets of Silicon Valley: What EveryoneCan Learn From The Innovation Capital Of The World)が出版された。ピシオーネによれば、シリコンバレーの強さの本当の秘密は、ハイアラーキーによる硬直した上下関係のなさにあるという。 ニューヨークが貪欲と権力によって動かさ… 続きを読む

  • 日本へ:経済を立て直すには失敗した起業家を尊重せよ

    日本へ:経済を立て直すには失敗した起業家を尊重せよ

    私は日本の沖縄を訪れ、世界のイノベーションのエキスパートたちと会った後、シリコンバレーで最大の長所はその多様性ではないという結論に達した。それは、失敗を受け入れ、かつ賛美しているという事実である。多くの国々と同じく、日本はシリコンバレーを真似ようと試みてきた。派手なテクノパークを作り、研究開発に助成金を出し、新しく立派な研究専門大学まで設立した。しかし、テク系スタートアップは殆どなく、イノベーションも殆どない。日本の経済は停滞している。 この停滞には理由がある。 どこの国でも、イノベーションと経済成長はスタートアップから始まる。しかし、多… 続きを読む

  • 差別を解決するには、インド人の通った道をたどれ

    差別を解決するには、インド人の通った道をたどれ

    女性とラテン系アメリカ人と黒人は、シリコンバレーのテク系企業で常に過少評価されてきた。Mercury Newsの最新の調査によると、2000年から2008年にかけて、シリコンバレーのテク系企業における女性比率は25.3%から23.8%、米国全体でも30%から27.4%へと減少している。2008年のシリコンバレー企業の黒人とラテン系の比率はそれぞれわずか1.5%と4.7%だった。これは全米の技術者人口における平均比率、7.1%と5.3%を大きく下回る。どうやら私が前回の記事で技術系女性の不足を問題にした時より事態は悪化しているようで、特に… 続きを読む

  • シリコンバレーとサクラメント:起業家たちがカリフォルニアのITシステム再構築に力を借すべき理由

    シリコンバレーとサクラメント:起業家たちがカリフォルニアのITシステム再構築に力を借すべき理由

    多くの人たちが気付いていないが、実はカリフォルニア北部には巨大テクノロジー拠点が2つある。シリコンバレーとサクラメントだ。シリコンバレーは世界の起業家の中心地であり、サクラメントはカリフォルニアの州都である。2つの地域は互いに100マイルと離れていない。シリコンバレーの労働者たちが、次のテクノロジー革命を育んでいるのに対して、サクラメントの労働者たちは、テクノロジー中世紀時代に作られたコンピューターシステムの保守に明け暮れている。どちらも互いに依存している。サクラメントの労働者は州のインフラストラクチャーと公共サービスを維持し、シリコ… 続きを読む

  • なぜボストンのルート128号は忘却の中に沈み、シリコンバレーがIT産業の中心になったのか?

    なぜボストンのルート128号は忘却の中に沈み、シリコンバレーがIT産業の中心になったのか?

    編集部:本稿は、起業家出身の学者、Vivek Wadhwaによる寄稿。同氏は現在カリフォルニア大学バークレー校客員教授、ハーバード・ロースクール上級研究員、デューク大学起業および研究の商用化センター主席研究員を務めている。Twitterアカウントは@vwadhwa。 今や誰もシリコンバレーが世界のIT産業の中心であることを疑うものはいない。しかし実は昔からずっとそうだったわけではない。シリコンバレーの圧倒的なダイナミズとネットワークがライバルだったボストンのハイウェイ128号線沿いの地域に勝利した結果なのだ。 しかし、そもそもどれだけの人が… 続きを読む