シミュレーション(用語)

シミュレーションに関する記事一覧

  • 「臓器もどき」とAIで、医薬品開発のスピードアップと動物実験の削減を目指すイスラエルのQuris

    「臓器もどき」とAIで、医薬品開発のスピードアップと動物実験の削減を目指すイスラエルのQuris

    創薬のプロセスに動物実験は必要悪だ。マウスは特に人間に近いとはいえないものの、マウスを代替するものはないようにも思える。イスラエルを拠点とするQurisは「チップ上の患者」のデータとAIとを組み合わせて、マウスを必要としない新開発の本格的な方法で、低コストで極めて信頼性の高い試験と自動化を実現する、と主張している。 続きを読む

  • 心と体はどのように進化し成功するのか、スタンフォード大学がAI生物でシミュレーション

    心と体はどのように進化し成功するのか、スタンフォード大学がAI生物でシミュレーション

    人工知能は、プログラムされた心を持ち、デジタルな空間に浮かんでいる実体のないものと考えられがちだ。だが人間の心は体と深く結びついている。今回紹介する、仮想生物がシミュレーション環境でタスクを実行する実験は、AIが心と体を与えられることで、何らかの恩恵を受ける可能性を示唆している。 続きを読む

  • シムシティを手本に新しい都市開発ツールを目指すUrbanFootprint

    シムシティを手本に新しい都市開発ツールを目指すUrbanFootprint

    都市デザイナー、ピーター・カルソープ氏は、長年の豊富な経験を活かして、さまざまなデータを統合して都市計画のための情報を提供するソフトウェアUrbanFootprintを開発した。 続きを読む

  • ANYmalはシミュレーションで起き上がり方を学んだ――チューリヒ工科大学、ロボット訓練システムを開発

    ANYmalはシミュレーションで起き上がり方を学んだ――チューリヒ工科大学、ロボット訓練システムを開発

    高機能なロボットの開発はコストのかかる作業だ。新たに複雑な動作を教え込もうとすればおそろしく時間がかかる。シミュレーション・システムはマシンを訓練する費用も時間も大きく節約する。 続きを読む

  • 機械学習のシステムはときどき人間をびっくりさせる…学習内容に忠実なだけで

    機械学習のシステムはときどき人間をびっくりさせる…学習内容に忠実なだけで

    機械学習の弱点や奇癖をまとめた、このシンプルなスプレッドシートは、それほど膨大ではないが、‘機械’の考え方を知るための楽しい資料だ。研究者のVictoria Krakovnaが作ったこのリストは、ロボットが法の精神と文字の両方に同時に従おうとしたときの、さまざまな状況を記述している。 続きを読む

  • ロボットも人間のように偏見を持つ、防ぎ方も人間集団と同じ

    ロボットも人間のように偏見を持つ、防ぎ方も人間集団と同じ

    カーディフ大学とMITの研究者たちによる、おもしろい研究によれば、複数のロボットが一緒に仕事をするとき、偏見が生じることがある。チームワークをシミュレーションするロボットたちが、他のチームのロボットに対する偏見を表現した。研究者たちによると、“自動機械のグループが、お互いの振る舞いを単純に認識し、コピーし、学習することによって偏見が現れる”。 続きを読む

  • AIで創薬プロセスを改善するAtomwiseが、シリーズAで4500万ドルを調達

    AIで創薬プロセスを改善するAtomwiseが、シリーズAで4500万ドルを調達

    深層学習を用いて新薬の発見プロセスを短縮するAtomwiseがシリーズAで4500万ドルを調達した。このラウンドは、Monsanto Growth Ventures、Data Collective(DCVC)、ならびにB Capital Groupによって主導された。Atomwiseに対して初めて投資を行うBaidu Ventures、Tencent、Dolby Family Venturesも参加し、かつて投資していたY Combinator、Khosla Ventures、そしてDFJも再び参加した。 このことにより、2012年に創業したAtomwis… 続きを読む

  • リクルートの米国子会社のIndeedが、シミュレーションを用いた採用アセスメントの強化のためにInterviewedを買収

    リクルートの米国子会社のIndeedが、シミュレーションを用いた採用アセスメントの強化のためにInterviewedを買収

    毎月2億人以上の求職者を探している求人情報プラットフォームIndeedが、オンライン採用時アセスメントツールのInterviewedを買収した。契約の条件は明らかにされていないが、3人の共同創業者を含むInterviewedの従業員全員がIndeedで働く予定だ。 サンフランシスコに本拠を置くInterviewedは、Y Combinatorの2015年夏季クラスの一員であり、IBM、Zillow、Thumbtackといった顧客たちに採用時アセスメントツールを提供している。シードラウンドでは200万ドルを調達している。 続きを読む

  • オープンワールドゲームの仮想空間で自動運転車のソフトウェアを訓練する – 例えばグランド・セフト・オートなど

    オープンワールドゲームの仮想空間で自動運転車のソフトウェアを訓練する – 例えばグランド・セフト・オートなど

    トップゲームの多くは、リマスターされたり他のプラットフォームでリリースされたりしながら長い寿命を保っている。しかしゲームに投入された労力が全く新しい形で実を結ぶこともある。たとえば自動運転車や、配送ドローン、その他のロボットの訓練を行っている企業たちが、実世界を模倣したシミュレーション訓練環境を提供してくれる、豊かで詳細な仮想世界を求めているのだ。 シミュレーションで可能になった進化のおかげで、小さなチームと限られた資金で超音速ジェットを構築することができたBoomといった企業の例や、NIO(以前のNextEV)といったスタートアップた… 続きを読む

  • Udacityが自動運転車シミュレーターをオープンソース化、Unityで実装されている

    Udacityが自動運転車シミュレーターをオープンソース化、Unityで実装されている

    自動運転車には、人間の脳に代わって自動車を運転するソフトウェアが必要だ。そこでオンライン教育のUdacityは、その分野のナノ学位(nanodegree)を設けている。その学科の教材の一つとして自動運転車シミュレーターがあるのだけど、同社はこのほどそのシミュレーターをオープンソースにした。ゲームエンジンUnityの知識や経験のある人なら十分理解できるし、新しいシーンをロードしたり、新しい仮想テストコースを作ったりできる。 続きを読む

  • 宇宙探索ゲームNo Man’s Skyのプレイヤーたちがひと晩で1000万種以上の生物を発見

    宇宙探索ゲームNo Man’s Skyのプレイヤーたちがひと晩で1000万種以上の生物を発見

    宇宙探査ゲームNo Man’s Skyは、地球が羨望でむせび泣くほどの生物多様性を備えていて、プレイヤーたちは信じられないほど分類熱心である。Hello Gamesの創業者Sean Murrayは今日、プレイヤーたちがこれまでにゲームの中で1000万以上の生物種を発見したことをツイートした。この数は誰の数字を信じるかによるが、地球上で知られている種の数の6.5倍である。 続きを読む

  • NASAの最近アップグレードしたPleiadesスーパーコンピュータは宇宙空間に星ができていく過程をシミュレーションする

    NASAの最近アップグレードしたPleiadesスーパーコンピュータは宇宙空間に星ができていく過程をシミュレーションする

    NASAの科学者たちは、最近チューンナップした世界最強クラスのコンピューターを使って、“星はどこから来たのか”、という疑問に答えようとしている。今度子どもにそれを尋ねられたら、あなたもこんなお利口なことを言えるかもしれない: “超高密度な伸長型ステラフィラメント(stellar filaments)だよ”、なんて。 NASAのメインのスーパーコンピュータPleiadesは、最近の数か月でハードウェアを一新した。 続きを読む

  • 布や衣服の超リアルな表現技術が完成(今のゲーム専用機のメモリ容量では無理)

    布を表現しシミュレートするのは難しいけど、でもゲームや科学的な分析やCGIではそれが重要だ。そこで、カリフォルニア大学バークレイ校とカーネギーメロン大学の連中が6か月かけて、アニメのキャラクターに着せる布製のローブの、ありとあらゆる表現方法を研究しつくし、今われわれが見るものとしては最良の、布のシミュレーションを作り出した。彼らの研究報告は、今日(米国時間7/23)発表されるSIGGRAPHの論文に載っている。 続きを読む