Skydio(企業)

自律型ドローン開発を行うスタートアップ。

  • スタートアップが大企業に勝つ方法とは、ドローンの巨人DJIと新興Skydioのケーススタディ

    スタートアップが大企業に勝つ方法とは、ドローンの巨人DJIと新興Skydioのケーススタディ

    ずらすべき「4つの軸」と、そのそれぞれにおいて、どのように軸をずらすべきなのかを説明しよう。それを説明するための例として、Skydioの成長戦略を深堀っていく。Skydioはなぜドローン市場を独占していたDJIを抑え、コンシューマー向けドローンのプラットフォームを築くことができたのだろうか。 続きを読む

  • 自律型ドローンメーカーのSkydioが約181億円を調達、ユニコーンの仲間入り

    自律型ドローンメーカーのSkydioが約181億円を調達、ユニコーンの仲間入り

    SkydioはAndreessen HorowitzのGrowth Fundが主導するシリーズDで1億7000万ドル(約181億円)を調達した。これによりSkydioの調達金額の合計は3億4000万ドル(約362億円)となり、調達後のバリュエーションは10億ドル(約1065億円)を超えて、ユニコーンの仲間入りを果たす。 続きを読む

  • 自律型ドローンのSkydioがテスラとSamsaraの元社員をエンタープライズ事業で起用

    自律型ドローンのSkydioがテスラとSamsaraの元社員をエンタープライズ事業で起用

    自律型ドローンを開発するSkydioは、最近のシリーズCの資金調達ラウンドで1億ドル(約103億円)を獲得した後、一般消費者向け市場だけでなく企業や公共部門の市場にも拡大するという同社の戦略の一環として、製品およびエンジニアリング部門の幹部を3人雇用した。 続きを読む

  • ドローン開発のSkydioが自動の住宅屋根点検サービスでEagleViewと提携

    ドローン開発のSkydioが自動の住宅屋根点検サービスでEagleViewと提携

    自律飛行ドローンテクノロジーのハードウェアとソフトウェアツールを展開するSkydioはつい最近、法人・商業マーケットに参入すると発表したばかりだが、今度は新たな事業提携を明らかにした。 続きを読む

  • 自律型ドローンのスタートアップSkydioが約107億円を調達、NTTドコモベンチャーズも出資

    自律型ドローンのスタートアップSkydioが約107億円を調達、NTTドコモベンチャーズも出資

    2014年に創業されたSkydioは、これまでに総額1億7000万ドル(約182億円)を調達し、消費者向けドローンを2機種発売している。どちらも人工知能技術による自律的なナビゲーション機能を有している。 続きを読む

  • Skydioの「自律飛行」ドローンの第2世代は速くて小さくて値段も半分

    Skydioの「自律飛行」ドローンの第2世代は速くて小さくて値段も半分

    自律飛行可能なドローンR1を昨年発売したSkydioは、より速く飛び、はるかに小さく、よりポータブルで、バッテリー寿命も長い第2世代の製品、Skydio 2を発売する。価格は初号機の半額の999ドル(約10万7500円)。自律飛行に主眼を置いているが、オプションのコントローラーを使えば、一般的なドローンと同じように手動操縦も可能。 続きを読む

  • Apple StoreでSkydioの自律飛行ドローンを買えるしApple Watchからコントロールもできる

    Apple StoreでSkydioの自律飛行ドローンを買えるしApple Watchからコントロールもできる

    これからはほんの数タップで、Skydioの1999ドルの自律飛行ドローンをApple Watchからコントロールできる。まるで自分がSFの主人公になったように、高価な自律飛行ドローンを、小さな腕時計型のコンピューターで操縦できる。 このとってもクールな自動飛行ドローンR1は、アメリカのApple Storesでも買えるようになる。これからは、Webサイトに注文しなくてもお店でドローンを買えるようになるのだ。これまでAppleで買えたドローンは、ドローン最大手のDJIのものがほとんどだったが、その中でSkydioは、エリートのような位置づけに… 続きを読む

  • Skydioの新ドローンは自動飛行で自動車を空撮

    Skydioの新ドローンは自動飛行で自動車を空撮

    13基ものカメラを搭載したスーパークールかつスーパー高価なドローン、 Skydioに最初のメジャーアップデートが来た。高速で自動追尾しながら撮影できる対象が増えた。自動車だ。サンフランシスコ周辺のベイエリアを本拠とするスタートアップのプロダクト、R1は人間や自転車だけでなく、いまや自動車の追尾が可能になった。 続きを読む