smart speakers

  • 本年Q2、もっとも売れたスマートスピーカーはGoogle Home Mini

    本年Q2、もっとも売れたスマートスピーカーはGoogle Home Mini

    Amazonのプライムデーで一番売れたのはEcho Dotだったかもしれない。しかしStrategy Analyticsの最新レポートによれば、2018年の第2四半期にもっとも売れたスマートスピーカーは、GoogleのHome Miniであるようだ。全世界での出荷台数を見ると、Echo Dotの220万台に対してHome miniは230万台となっている。 続きを読む

  • Amazon Echoの普及でスマートホーム市場が元気になりそうだ

    Amazon Echoの普及でスマートホーム市場が元気になりそうだ

    AmazonのEcho系列は今年の早期に顔ぶれを一新し、ベーシックなEchoをバージョンアップ、スマートホームのハブとしてのEcho Plusを導入、そして頑丈なEcho Dotは変わらなかったが、相変わらずコスパの良いデバイスだ。 その新しい陣容によってこのデバイスは、市場をさらに拡大した。今月はカナダでも発売されたから、今ではカナダ人であるぼく自身のアパートで、たくさんのEchoデバイスを試している。この陣容一新の最大の功績は、目新しい小物デバイスという印象が消えて、近未来の日常家庭用品というイメージになったことだ。つまり、どの家庭にも… 続きを読む

  • YouTubeがAmazon Echo Showに復帰、VimeoとDailymotionも視聴可能に

    YouTubeがAmazon Echo Showに復帰、VimeoとDailymotionも視聴可能に

    ‘画面つきのEcho’、Amazon Echo Showがデビューしたときは、画面があってビデオを見れてインターネットに接続するデバイスとしては当然ながら、YouTubeアプリも含まれていた。しかしEcho ShowのYouTubeプレーヤーには、YouTubeの規約に違反しているところがあったため、Googleが早速抗議して取り下げさせた。 しかし今日(米国時間11/21)の Voicebotの記事によると、YouTubeがEcho Showに戻ってきた。 続きを読む

  • Google Homeにタッチスクリーン方式のデバイスが登場か、検索のコードにその気配

    Google Homeにタッチスクリーン方式のデバイスが登場か、検索のコードにその気配

    Google Home用のタッチスクリーン型デバイスをGoogleがテストしている、という証拠がまた一つ。AndroidPoliceが指摘するGoogle検索アプリケーションの最新バージョンのコードには、新しいオンスクリーンインタフェイスを持つデバイスを参照している箇所がある。そのv7.14.15のコードには、オンスクリーンメニューとファンクションの長いリストがあり、それをコードネームQuartzというデバイスが利用している。メニュー中のYouTubeの再生は、Amazon Echo Showが最近取り下げたファンクションだ。 続きを読む

  • テレビに映ってるアニメのキャラがAmazon Echoに命令して大量のランダムな買い物を

    テレビに映ってるアニメのキャラがAmazon Echoに命令して大量のランダムな買い物を

    Amazon Echoを持ってると、こんなやばいこともある、という例。起動する言葉さえ分かってればだれでもEchoに命令できるから、テレビに映ってるアニメのキャラクターでも、あなたの家のEchoを操作できる。20年の長寿を誇るアニメ番組South Parkで、まさにそれが起きた。 続きを読む