スマートフォン(用語)

スマートフォンに関連する記事一覧

  • 2月のイベントに向けてサムスンがGalaxy SとNoteの融合を予告

    2月のイベントに向けてサムスンがGalaxy SとNoteの融合を予告

    2021年夏、Samsungは10年ぶりに新型Noteデバイスを発売しないことを発表した。ハードウェアの巨人がフォールダブルに焦点を移すことを認めたため、愛されてきたこのファブレットの未来については、大きく、未解決の問題だった。さらに、同社の主要なフラッグシップであるGalaxy Sシリーズは、Noteとの境界線を着実に曖昧にしてきている。 続きを読む

  • IoT
    eSIMの進化版iSIMをクアルコムがデモ、SIM機能をSoCに統合し専用チップ不要

    eSIMの進化版iSIMをクアルコムがデモ、SIM機能をSoCに統合し専用チップ不要

    クアルコムとVodafone、Thalesの3社は、「iSIM」搭載スマートフォンのデモを実施しました。Snapdragon 888を搭載したGalaxy Z Flip3を用いました。SIMの機能をSoCに統合することで、別チップが必要なeSIMに比べて省スペース化を実現。IoTや小型ウェアラブル端末など、これまでSIM機能を組み込めなかったモバイル端末でもセルラー接続を実現します。 続きを読む

  • スマホ出荷台数がサプライチェーン問題で伸び悩む中、アップルが1位に返り咲く

    スマホ出荷台数がサプライチェーン問題で伸び悩む中、アップルが1位に返り咲く

    サプライチェーンの問題は、引き続きスマートフォンメーカー各社に大きな影響を与えていることが、アナリスト会社のCanalysが新たに発表した数字からわかった。2021年最終四半期の世界全体におけるスマートフォン出荷台数は、前年同期比でわずか1%の増加に留まっている。 続きを読む

  • スマートフォンの整備品を販売する仏Back Market、評価額約6530億円に

    スマートフォンの整備品を販売する仏Back Market、評価額約6530億円に

    フランスのスタートアップ企業であるBack Marketが、またしてもメガラウンドの資金調達を行った。5月に3億3500万ドル(約384億円)のシリーズDラウンドを実施した同社は、米国時間1月11日、シリーズEラウンドで5億1000万ドル(約584億円)を調達したこと発表。同社の企業価値は57億ドル(約6530億円)と評価されている。 続きを読む

  • Essentialの崩壊後、後継者OSOMはプライバシーを重視した新端末を計画する

    Essentialの崩壊後、後継者OSOMはプライバシーを重視した新端末を計画する

    2020年のEssentialの崩壊は、これほど高い注目を集めた家電スタートアップの敗退としては近年稀に見るものだった。2017年、泣く子も黙る人物が壮大な野心と3億3000万ドル(約377億7700万円)を投じて立ち上げたEssentialは、業界の問題やそれにまつわる失望、創業者アンディ・ルービン氏に対する疑惑などが重なり業務停止に追いやられた。 続きを読む

  • OnePlus 10 Proは強力なバッテリーと最新のSnapdragonを搭載

    OnePlus 10 Proは強力なバッテリーと最新のSnapdragonを搭載

    OnePlusは10 Proの発売にあたり、共同創業者であるカール・ペイ氏を見習ったようだ。CESが近日発売されるデバイスについて知りたいことがすべて1つの便利な場所で手に入る時代は終わったようだ。その代わりに、同社は最新のフラッグシップ機に関する情報を少しずつ提供している 続きを読む

  • サムスンの最新格安フラッグシップ「Galaxy S21 FE」は約8.1万円から

    サムスンの最新格安フラッグシップ「Galaxy S21 FE」は約8.1万円から

    過去数年間、この家電製品の巨人は同社のフラッグシップSシリーズの発売の直前に、格安フラッグシップを発表するための舞台としてCESを使用している。長年にわたり、Samsungは、これまで「Lite」をはじめ、さまざまな製品名を考えてきたが「Fan Edition」の略である「FE」に落ち着いた。どうやら2021年の端末が、同社にとって大きな成功だったようだ。 続きを読む

  • かつて世界を支配したBlackBerry、その後、変化してしまった世界

    かつて世界を支配したBlackBerry、その後、変化してしまった世界

    AppleとAndroidの時代に忘れられがちだが、かつてBlackBerryがビジネス向けスマートフォン市場を独占していた時期があった。Motorola、Nokia、Samsungもあった。しかし、ビジネスではBlackBerryが圧倒的だった。頑強で安全、機能的だった。 続きを読む

  • 本当にクラシックなBlackBerry端末の使用を止めるときがきた

    本当にクラシックなBlackBerry端末の使用を止めるときがきた

    BlackBerryの長く孤独な死は、明日(米国時間1月4日)に新たな節目を迎える。同社はついにレガシーサービスへのアクセスを終了する。しがみつくようにBlackBerry OS 7.1とBlackBerry 10搭載デバイスを使っているユーザーは、同日、実質的にその機能を失ってしまう。 続きを読む

  • 【コラム】10年前のCES 2012を振り返る「Ultrabook、Noka Windows、全家庭に3Dプリンターを!」

    【コラム】10年前のCES 2012を振り返る「Ultrabook、Noka Windows、全家庭に3Dプリンターを!」

    ラスベガス・コンベンションセンターと数多くの博覧会会場とホテルのスイートルームは、善意と計画的陳腐化の亡霊で溢れかえる。それはこの業界の特質だ。今や日常となったデバイスのいくつかは、過去10年にCESでデビューしたものだが、ほとんどの場合、デバイスは現れては消える、そもそも店の陳列棚にたどりつけばの話だが。 続きを読む