Snyk

  • デベロッパーのセキュリティをサポートするSnykが約165億円調達

    デベロッパーのセキュリティをサポートするSnykが約165億円調達

    デベロッパーが開発を行う際のセキュリティをサポートするSnykが1月21日、1億5000万ドル(約165億円)の資金調達を発表した。この調達によりバリュエーションは10億ドル(約1100億円)超になったとほのめかした。同社は2016年の300万ドル(約3億3000万円)のシードラウンド以来、かなりのスピードで資金を調達してきている。 続きを読む

  • オープンソースのライブラリのセキュリティチェックと脆弱性フィックスを代行するSnykが$7Mを調達

    オープンソースのライブラリのセキュリティチェックと脆弱性フィックスを代行するSnykが$7Mを調達

    オープンソースのライブラリはデベロッパーにとってとても重要なリソースだが、今日の慌ただしいアプリケーション開発環境では、それらが安全なコードであるという確信を持つことが容易ではない。そこでSnykは、デベロッパーがオープンソースのコードに脆弱性を見つけて直す作業を支援し、確実に安全なコードがプロダクションのその後の工程で使われるようにする。同社は今日(米国時間3/6)、Boldstart VenturesとCanaan PartnersがリードするシリーズAのラウンドで、700万ドルを調達したことを発表した。 続きを読む

  • オープンソースコードのセキュリティチェックと問題修復を開発のワークフローに組み込むSnyk、GitHubとの統合も可能

    オープンソースコードのセキュリティチェックと問題修復を開発のワークフローに組み込むSnyk、GitHubとの統合も可能

    デベロッパーがオープンソースのコードやパッケージを利用することは、どこでも当たり前になってきた。今やソフトウェアが世界を食べている*と言われるが、その食事はオープンソースソフトウェアというお店での外食だ。〔*: software eats the world, Marc Andreessenの名(迷?)言。〕 誰かが書いたコードがすでにある、という今の状況はデベロッパーの生産性を大きくアップしているが、しかしそれらを利用すると、それらのコードが抱えるセキュリティの問題を自分のアプリケーションが抱え込むことになるから、とくに比較的新しいオープンソース… 続きを読む