SoftBank Vision Fund / ビジョンファンド(用語)

2017年5月にソフトバンクが設立した超巨大VCファンド。設立時の10兆円の規模は前代未聞。

  • ソフトバンク・ビジョン・ファンド出資の中国オンライン学習アプリZuoyebangが約800億円を調達

    ソフトバンク・ビジョン・ファンド出資の中国オンライン学習アプリZuoyebangが約800億円を調達

    オンライン学習アプリを運営する北京発のスタートアップであるZuoyebangは米国時間6月29日、投資家がアジアの急成長中のエデュテック市場への信頼と注目を示す中、新たな資金調達ラウンドで7億5000万ドル(約800億円)を調達したと発表した。 続きを読む

  • 巨額損失のソフトバンク・ビジョン・ファンドは毎日100億円超を投資していた

    巨額損失のソフトバンク・ビジョン・ファンドは毎日100億円超を投資していた

    ソフトバンクグループの2019会計年度(2020年3月31日終了)の財務状況の発表で、ソフトバンク・ビジョン・ファンドについていくつか興味深い情報が判明している。 続きを読む

  • ソフトバンクがアリババ創業者ジャック・マー氏の取締役退任を発表

    ソフトバンクがアリババ創業者ジャック・マー氏の取締役退任を発表

    アリババ・グループの創業者、ジャック・マー氏はソフトバンクグループの取締役から退く。理由は発表されなかったが、同氏は最近チャリティ活動に力を入れており、ビジネス上の役割は減少していた。 続きを読む

  • ソフトバンクも巨額出資する3400億円企業、Flexport創業物語

    ソフトバンクも巨額出資する3400億円企業、Flexport創業物語

    SoftBank Vision Fundなどから10億ドル(約1067億円)の巨額調達を完了したことで注目を浴びた物流スタートアップFlexport。TechCrunchがこれまで4年間にわたり行った6回のインタビューから、創業者Ryan Petersen(ライアン・ピーターセン)氏の歩みを振り返る。 続きを読む

  • ソフトバンクが「ビジョン・ファンドは1.8兆円の損失」と予測、本体もWeWorkとOneWeb投資が痛手

    ソフトバンクが「ビジョン・ファンドは1.8兆円の損失」と予測、本体もWeWorkとOneWeb投資が痛手

    日本の巨大テクノロジー企業グループ、ソフトバンクは2019年度の損益見通しを発表した。これによれば傘下のベンチャーキャピタルであるビジョン・ファンドの損失は1.8兆円という巨額に上るという。 続きを読む

  • S&Pがソフトバンクの長期債見通しを「弱含み」に債権格付はBB+を維持

    S&Pがソフトバンクの長期債見通しを「弱含み」に債権格付はBB+を維持

    S&P Global RatingsはSoftBankの債務見通し(アウトルック)を「安定」から「ネガティブ(弱含み)」に格下げした。同時に長期債権発行体格付けは従来どおりBB+だと確認した。 続きを読む

  • ソフトバンクが支援するBrandlessがついに完全廃業

    ソフトバンクが支援するBrandlessがついに完全廃業

    ソフトバンクから約264億円の投資を約束されていた「クルエルティフリー」のトイレタリー製品を製造販売するBrandlessが、短期間の幹部交代劇の末にとうとう廃業を決めた。 続きを読む

  • 資金調達が進まぬソフトバンクの第二ビジョンファンドの未来が見えない

    資金調達が進まぬソフトバンクの第二ビジョンファンドの未来が見えない

    SoftBankは、約11兆円のVision Fundでベンチャーキャピタル産業を変えた。しかしThe Wall Street Journalは、同社がそのパフォーマンスとテクノロジーに対する革命的な投資のアプローチを継続できないかもしれない、と危惧した記事を掲載。SoftBankは次のVision Fundで設定した目標の半分しか調達できないのではないか、と報じている。 続きを読む

  • ソフトバンクの改革を求めてエリオット・マネジメントが同社株約2800億円取得

    ソフトバンクの改革を求めてエリオット・マネジメントが同社株約2800億円取得

    アクティビスト投資会社であるエリオット・マネジメントは着々とソフトバンクの株式を買い集め、取得金額は25億ドル(約2800億円)に達した。日本のテクノロジーコングロマリットであるソフトバンクは、WeWorkへの投資といった一連の失策によって株価が低迷していた。 続きを読む

  • ソフトバンクは大赤字のポートフォリオ企業間の衝突に介入していた

    ソフトバンクは大赤字のポートフォリオ企業間の衝突に介入していた

    ソフトバンクは、ポートフォリオ企業同志が競争して莫大な赤字を積み上げる現状にとうとう業を煮やし、合併の可能性を探ることも含めて密かに介入をしていた。 続きを読む