ソフトバンク・ビジョン・ファンド / SoftBank Vision Fund(企業)

2017年5月にソフトバンクが設立した超巨大VCファンド。設立時の10兆円の規模は前代未聞。

  • 電動キックスクーターのTierがソフトバンクがリードするシリーズCで263億円調達

    電動キックスクーターのTierがソフトバンクがリードするシリーズCで263億円調達

    ベルリン拠点のマイクロモビリティスタートアップであるTierがシリーズCラウンドで2億5000万ドル(約263億円)と巨額の資金を調達した。本ラウンドをリードしたのはSoftBank Vision Fund 2で、同ファンドのチームがまだリスクとポテンシャルの高い賭けにフォーカスしていることを物語っている。 続きを読む

  • ゴーストキッチンの動きを探るソフトバンク・ビジョン・ファンド2がOrdermarkに約125億円を投入

    ゴーストキッチンの動きを探るソフトバンク・ビジョン・ファンド2がOrdermarkに約125億円を投入

    「私たちは分散型のゴーストキッチンを構築します」という一文には、無数の投資家を呼び寄せるものがある。Ordermarkを支える最高経営責任者アレックス・キャンター氏も、そこをよくわかっていた。29歳のこのCEOは、実際に分散型ゴーストキッチンを作った。そして、ソフトバンクの最新のビジョン・ファンドの説得に成功し、1億2000万ドル(約125億円)の投資を調達したことを米国時間10月27日に発表した。 続きを読む

  • ハイテク創薬技術のXtalPiがソフトバンク主導の巨額シリーズCラウンド336億円を調達

    ハイテク創薬技術のXtalPiがソフトバンク主導の巨額シリーズCラウンド336億円を調達

    米国と中国を拠点とするAIを活用した創薬バイオテック企業XtalPi(晶泰科技)は、ソフトバンク・ビジョン・ファンド率いる熱烈な投資家たちによるシリーズCラウンドで3億1900万ドル(約336億円)を調達した。明らかに価値が高く魅力的な分野でのこの9桁のラウンドには、他にも多くの投資家も参加している。 続きを読む

  • ソフトバンク・ビジョン・ファンド出資の中国オンライン学習アプリZuoyebangが約800億円を調達

    ソフトバンク・ビジョン・ファンド出資の中国オンライン学習アプリZuoyebangが約800億円を調達

    オンライン学習アプリを運営する北京発のスタートアップであるZuoyebangは米国時間6月29日、投資家がアジアの急成長中のエデュテック市場への信頼と注目を示す中、新たな資金調達ラウンドで7億5000万ドル(約800億円)を調達したと発表した。 続きを読む

  • 巨額損失のソフトバンク・ビジョン・ファンドは毎日100億円超を投資していた

    巨額損失のソフトバンク・ビジョン・ファンドは毎日100億円超を投資していた

    ソフトバンクグループの2019会計年度(2020年3月31日終了)の財務状況の発表で、ソフトバンク・ビジョン・ファンドについていくつか興味深い情報が判明している。 続きを読む

  • ソフトバンクがアリババ創業者ジャック・マー氏の取締役退任を発表

    ソフトバンクがアリババ創業者ジャック・マー氏の取締役退任を発表

    アリババ・グループの創業者、ジャック・マー氏はソフトバンクグループの取締役から退く。理由は発表されなかったが、同氏は最近チャリティ活動に力を入れており、ビジネス上の役割は減少していた。 続きを読む

  • ソフトバンクも巨額出資する3400億円企業、Flexport創業物語

    ソフトバンクも巨額出資する3400億円企業、Flexport創業物語

    SoftBank Vision Fundなどから10億ドル(約1067億円)の巨額調達を完了したことで注目を浴びた物流スタートアップFlexport。TechCrunchがこれまで4年間にわたり行った6回のインタビューから、創業者Ryan Petersen(ライアン・ピーターセン)氏の歩みを振り返る。 続きを読む

  • ソフトバンクが「ビジョン・ファンドは1.8兆円の損失」と予測、本体もWeWorkとOneWeb投資が痛手

    ソフトバンクが「ビジョン・ファンドは1.8兆円の損失」と予測、本体もWeWorkとOneWeb投資が痛手

    日本の巨大テクノロジー企業グループ、ソフトバンクは2019年度の損益見通しを発表した。これによれば傘下のベンチャーキャピタルであるビジョン・ファンドの損失は1.8兆円という巨額に上るという。 続きを読む

  • S&Pがソフトバンクの長期債見通しを「弱含み」に債権格付はBB+を維持

    S&Pがソフトバンクの長期債見通しを「弱含み」に債権格付はBB+を維持

    S&P Global RatingsはSoftBankの債務見通し(アウトルック)を「安定」から「ネガティブ(弱含み)」に格下げした。同時に長期債権発行体格付けは従来どおりBB+だと確認した。 続きを読む

  • ソフトバンクが支援するBrandlessがついに完全廃業

    ソフトバンクが支援するBrandlessがついに完全廃業

    ソフトバンクから約264億円の投資を約束されていた「クルエルティフリー」のトイレタリー製品を製造販売するBrandlessが、短期間の幹部交代劇の末にとうとう廃業を決めた。 続きを読む