ソフトバンク / SoftBank(企業)

ソフトバンク(ソフトバンクグループ)は、日本で携帯電話などの無線通信サービス(移動体通信事業者)を提供する企業。

  • 巨額損失のソフトバンク・ビジョン・ファンドは毎日100億円超を投資していた

    巨額損失のソフトバンク・ビジョン・ファンドは毎日100億円超を投資していた

    ソフトバンクグループの2019会計年度(2020年3月31日終了)の財務状況の発表で、ソフトバンク・ビジョン・ファンドについていくつか興味深い情報が判明している。 続きを読む

  • ソフトバンク、アリババ創業者ジャック・マー氏の取締役退任を発表

    ソフトバンク、アリババ創業者ジャック・マー氏の取締役退任を発表

    アリババ・グループの創業者、ジャック・マー氏はソフトバンクグループの取締役から退く。理由は発表されなかったが、同氏は最近チャリティ活動に力を入れており、ビジネス上の役割は減少していた。 続きを読む

  • ソフトバンクとWeWorkがEmergeアクセラレータの最初のスタートアップ14社を選定

    ソフトバンクとWeWorkがEmergeアクセラレータの最初のスタートアップ14社を選定

    これは株式取得を求めない8週間のワークショップでSoftBankとWeWorkの関係者がメンターとなってアドバイスを行う。またSoftBankのトップとのセッションも用意される。 続きを読む

  • WeWork共同創業者のニューマン氏がソフトバンクを権力濫用で訴える

    WeWork共同創業者のニューマン氏がソフトバンクを権力濫用で訴える

    WeWorkの共同創業者アダム・ニューマン氏は米国時間5月4日に起こした訴訟で、ソフトバンクグループがその権力を濫用していると非難している。訴えによるとソフトバンクグループはWeWorkの30億ドル(約3200億円)の株の公開買付けに関して契約に違反し、信認義務にも違反したとされる。 続きを読む

  • ソフトバンクが出資するインドのOyoが追加で従業員を一時帰休に、役員報酬もカット

    ソフトバンクが出資するインドのOyoが追加で従業員を一時帰休に、役員報酬もカット

    インドの格安ホテルスタートアップOyoは、新型コロナウイルス(COVID-19)パンデミックにより売上高がおおよそ60%減っている。この対応策として経費削減を模索していて、グローバルでさらに多くの従業員を一時帰休とし、役員報酬を7月まで25%カットする。 続きを読む

  • ソフトバンクが「ビジョン・ファンドは1.8兆円の損失」と予測、本体もWeWorkとOneWeb投資が痛手

    ソフトバンクが「ビジョン・ファンドは1.8兆円の損失」と予測、本体もWeWorkとOneWeb投資が痛手

    日本の巨大テクノロジー企業グループ、ソフトバンクは2019年度の損益見通しを発表した。これによれば傘下のベンチャーキャピタルであるビジョン・ファンドの損失は1.8兆円という巨額に上るという。 続きを読む

  • ソフトバンクなどからの追加資金を確保できずOneWebが破産を申請

    ソフトバンクなどからの追加資金を確保できずOneWebが破産を申請

    衛星コンステレーションによるブロードバンド事業者のOneWebは、米国時間3月27日にも米国で破産保護の申請を行うことになる。既存の投資家であるソフトバンクからも含めて、新たな資金の確保に失敗した結果だ。同社は1つのチームだけを残して、すでに打ち上げて宇宙空間にある衛星の運用を続けるという。 続きを読む

  • ソフトバンクが出資するOneWebが新型コロナで苦境に立ちレイオフ実施を確認

    ソフトバンクが出資するOneWebが新型コロナで苦境に立ちレイオフ実施を確認

    衛星通信を提供するOneWeb が社員を最大で10%削減したという情報を得た。同社は我々の取材に対し、現在の運営状況を説明し、レイオフによって人員削減を実施していることを確認した。ソフトバンクは、同社に過去2回のラウンドで30億ドル(約3329億円)近くを投じている。 続きを読む

  • ソフトバンクがWeWork株3210億円買い戻しの約束に尻込みか

    ソフトバンクがWeWork株3210億円買い戻しの約束に尻込みか

    The Wall Street Journal紙によると、SoftBankは、WeWorkの既存株主から30億ドル(約3210億円)相当の株を買い取る約束を回避する手段として、規制当局の捜査を利用している。 続きを読む

  • S&Pがソフトバンクの長期債見通しを「弱含み」に債権格付はBB+を維持

    S&Pがソフトバンクの長期債見通しを「弱含み」に債権格付はBB+を維持

    S&P Global RatingsはSoftBankの債務見通し(アウトルック)を「安定」から「ネガティブ(弱含み)」に格下げした。同時に長期債権発行体格付けは従来どおりBB+だと確認した。 続きを読む