ソフトバンク / SoftBank(企業)

ソフトバンクは、日本で携帯電話などの無線通信サービス(移動体通信事業者)を提供する企業。

  • ZホールディングスとLINEが戦略方針説明会、AIに5年間で5000億円投資し4つの集中領域に取り組む

    ZホールディングスとLINEが戦略方針説明会、AIに5年間で5000億円投資し4つの集中領域に取り組む

    Zホールディングス(ZHD)とLINEは3月1日、戦略方針説明会を開催し、経営統合の完了を発表した。「コマース」「ローカル・バーティカル」「Fintech」「社会」の4つを「集中領域」と定め取り組んでいく。さらに、それら領域にデータやAI技術を掛け合わせることで、シナジーを強固に創出するとともにユーザーの日常生活、企業活動、そして社会自体をアップデートするとしている。 続きを読む

  • LINEがヤフー統合に向け「Aホールディングス」に商号変更

    LINEがヤフー統合に向け「Aホールディングス」に商号変更

    ソフトバンク株式会社(以後ソフトバンク)とNAVERは、ヤフージャパンなどを手掛けるZホールディングス(以後ZHD)とLINEの経営統合を実現するための取引の一環として、LINEをソフトバンクの連結子会社にすると発表しました。また、本日(2月24日)開催した臨時株主総会において、LINEの商号を2月28日よりAホールディングス株式会社(以後AHD)に変更することを決議しました。 続きを読む

  • ソフトバンクがマイアミ拠点のスタートアップ向けに104.7億円のファンドを設立

    ソフトバンクがマイアミ拠点のスタートアップ向けに104.7億円のファンドを設立

    新興のスタートアップハブであるフロリダ州マイアミが、新たなパトロンを得た。Softbankだ。日本の多国籍コングロマリットは、同社の複数のファンドから集めた1億ドル(約104億7000万円)を、マイアミ拠点のスタートアップに投資する計画を米国時間1月28日に発表した。 続きを読む

  • ソフトバンクとアイリスオーヤマがロボット事業の合弁会社設立、AI除菌清掃ロボット「Whiz i アイリスエディション」発表

    ソフトバンクとアイリスオーヤマがロボット事業の合弁会社設立、AI除菌清掃ロボット「Whiz i アイリスエディション」発表

    ソフトバンクのロボットに対する野望は衰えを知らない。その最新の動きは非常に興味深いものだ。日本時間1月27日、ソフトバンクロボティクスはアイリスオーヤマと提携を結び、合弁会社「アイリスロボティクス株式会社」を2021年2月1日に設立すると発表した。 続きを読む

  • タクシー配車サービスの「DiDiモビリティジャパン」が52億円調達、ソフトバンクグループとのシナジー強化

    タクシー配車サービスの「DiDiモビリティジャパン」が52億円調達、ソフトバンクグループとのシナジー強化

    DiDiモビリティジャパンは1月18日、ソフトバンクとDidi Chuxing(滴滴出行。ディディチューシン)より総額52億円の資金調達を1月15日に完了したと発表した。 続きを読む

  • ソフトバンクから楽天モバイルに転職した従業員が5G技術に関する不正競争防止法違反容疑で逮捕

    ソフトバンクから楽天モバイルに転職した従業員が5G技術に関する不正競争防止法違反容疑で逮捕

    ソフトバンクは1月12日、2019年末に同社を退職し、現在楽天モバイルに勤務する人物が警視庁に不正競争防止法違反の容疑で逮捕されたと発表した。また楽天モバイルも同日、同人物の逮捕について発表した。 続きを読む

  • 英国の市場規制当局がNVIDIAのArm買収に関し意見募集、ソフトバンクから買収成立なるか

    英国の市場規制当局がNVIDIAのArm買収に関し意見募集、ソフトバンクから買収成立なるか

    英国の競争・市場規制当局は、NVIDIA(エヌビディア)によるArm Holdingsの買収について意見を求めており、この「Nvidia-Arm」買収が競争に与える潜在的な影響について正式な監督を開始する準備を進めている。 続きを読む

  • 2065億円を使い果たした建設業改革のKaterraがソフトバンクから救援資金206億円を獲得

    2065億円を使い果たした建設業改革のKaterraがソフトバンクから救援資金206億円を獲得

    報道によるとソフトバンクグループは、Katerraを救済するために2億ドル(約206億5000万円)を投資している。The Wall Street Journalによると、同社は垂直統合によって建設産業を改造しようとしていた。 続きを読む

  • ソフトバンクグループが初の特別買収目的会社を設立してIPOを目指すとの報道

    ソフトバンクグループが初の特別買収目的会社を設立してIPOを目指すとの報道

    Axiosによると、SoftBank Investment Advisersは米国時間12月21日月曜日にも、同社初の特別買収目的会社(SPAC)の新規株式公開(IPO)を通じて、5億〜6億ドル(約518〜621億円)の資金調達を申請する可能性があるという。 続きを読む

  • ソフトバンク孫正義氏「手元キャッシュ8.3兆円、楽観的だが短期的には突発事態も予測」

    ソフトバンク孫正義氏「手元キャッシュ8.3兆円、楽観的だが短期的には突発事態も予測」

    SoftBankの創業者で会長、CEO(最高経営責任者)の孫正義氏は、この1、2年大波乱を経験した。しかし今回のDealBookでのインタビューで孫氏は「自分が復帰してからグループは黒字になった」という点を強く主張した。 続きを読む