ソフトバンク / SoftBank(企業)

ソフトバンクは、日本で携帯電話などの無線通信サービス(移動体通信事業者)を提供する企業。

  • WeWorkの新CEOは米国最大のモール運営不動産会社の元トップ

    WeWorkの新CEOは米国最大のモール運営不動産会社の元トップ

    WeWorkは不動産業で長くトップを務めてきたサンディープ・マスラニ氏を新しいCEOに指名した。テクノロジー企業というよりむしろオフィス賃貸の世界的巨大企業という方向に転じるようだ。 続きを読む

  • ソフトバンクは大赤字のポートフォリオ企業間の衝突に介入していた

    ソフトバンクは大赤字のポートフォリオ企業間の衝突に介入していた

    ソフトバンクは、ポートフォリオ企業同志が競争して莫大な赤字を積み上げる現状にとうとう業を煮やし、合併の可能性を探ることも含めて密かに介入をしていた。 続きを読む

  • GM傘下の自動運転車メーカーのCruiseがハードウェア部門を強化

    GM傘下の自動運転車メーカーのCruiseがハードウェア部門を強化

    GM傘下で、ホンダやソフトバンク・ビジョンファンドなどの支援を受ける自動運転車メーカーCruiseは、ハードウェアエンジニアを大量に雇用し、独自のソフトウェア技術とハードウェア技術の統合を進めている。 続きを読む

  • 培養肉開発のMemphis Meatsがソフトバンクなどから176億円超を調達

    培養肉開発のMemphis Meatsがソフトバンクなどから176億円超を調達

    動物細胞から肉、シーフード、鶏肉を製造する技術を開発しているMemphis Meatsは、ソフトバンクグループ、Norwest、Temasekといった投資家から、新たな資金約176億5400円を調達した。 続きを読む

  • ソフトバンクが支援する料理配膳ロボ開発のBear Roboticsとは?

    ソフトバンクが支援する料理配膳ロボ開発のBear Roboticsとは?

    Bear Roboticsはレストランで料理を客に届けるロボットを開発している。今日、SoftBankがリードした資金調達ラウンドが完了したのを機に、ファウンダー、CEOにインタビューした。 続きを読む

  • ソフトバンクのトラブル続きの2019年の投資を振り返る

    ソフトバンクのトラブル続きの2019年の投資を振り返る

    勢いある巨大複合企業、そして最も名高い投資ビークルから、空回りしトラブルを抱える象徴に変わってしまった。今、SoftBank(ソフトバンク)とVision Fund(ビジョンファンド)は難しい立場にある。時折いい話もあったが、両者にとっては厳しい1年だった。 続きを読む

  • ソフトバンク出資のスタートアップが続々とレイオフを発表、最新はカーシェアリングのGetaround

    ソフトバンク出資のスタートアップが続々とレイオフを発表、最新はカーシェアリングのGetaround

    カーシェアリング事業を展開するGetaroundは1月7日、従業員のレイオフを実施すると発表した。The Informationによると、解雇される従業員の数は約150人、全体の1/4程度だ。Getaroundはソフトバンク・ビジョン・ファンドから出資を受けている。 続きを読む

  • ソフトバンク・ビジョンファンドがインドのメガネ小売Lenskartに300億円投資

    ソフトバンク・ビジョンファンドがインドのメガネ小売Lenskartに300億円投資

    オムニチャネルでメガネなどを販売するインドのLenskartは12月20日、事業拡大に向けSoftBank(ソフトバンク)のVision Fund(ビジョンファンド)から新ラウンドで2億7500万ドル(約300億円)を調達したことを明らかにした。 続きを読む

  • 信用取引が1日で完了するメキシコのフィンテック企業Konfioにソフトバンクが100億円超を投資

    信用取引が1日で完了するメキシコのフィンテック企業Konfioにソフトバンクが100億円超を投資

    Goldman Sachs(ゴールドマン・サックス)がメキシコのフィンテック企業であるKonfio(コンフィオ)に1億ドルを融資した3カ月後、ソフトバンクも同社に1億ドル(約109億円)を投資した。 続きを読む

  • eコマース支援のVTEXがソフトバンクのファンドなどから約150億円を調達

    eコマース支援のVTEXがソフトバンクのファンドなどから約150億円を調達

    現在、eコマースは全小売売上高の14%を占めている。業界の成長とともに、企業のオンライン販売を可能にするツールを開発するスタートアップの価値も増加している。 続きを読む