土壌(用語)

土壌に関する記事一覧

  • 30cm下の土壌を調査し、栄養素や微生物といった実際の畑の化学的特性把握を支援するEarthOptics

    30cm下の土壌を調査し、栄養素や微生物といった実際の畑の化学的特性把握を支援するEarthOptics

    ここ数十年の間に、持続可能で効率的な農業は、巨大なトラクターの問題からビッグデータの問題へと変化してきた。スタートアップのEarthOpticsは、精密農業の次のフロンティアは土壌の奥深くにあると考えている。 続きを読む

  • 微生物を活用した最先端のバイオテックソリューションPluton Bioscienceが7.4億円調達

    微生物を活用した最先端のバイオテックソリューションPluton Bioscienceが7.4億円調達

    現在、我々が生物学と農業の分野で直面している問題の多くは、実は以前、人間ではないある生物体が経験していたものである。自然界のどこかには、科学者や生物工学者が再現するのに悪戦苦闘しているプロセスを、自然かつ効率的に実行してしまう微生物が存在している。 続きを読む

  • Pivot Bioの改良型微生物は農家の費用と時間、さらに環境への負担の軽減させる

    Pivot Bioの改良型微生物は農家の費用と時間、さらに環境への負担の軽減させる

    Pivot Bioによって改変された微生物が土壌に添加され、窒素を生成する。本来ならトラックで運ばれてそこに投棄されるような土壌が有益性を持つことになる。バイオテックを利用したこのアプローチは、農家の費用と時間を節減し、最終的には環境への負担の軽減にもつながり得る。この巨大な機会に投資家たちは、同社の最新の資金調達ラウンドを通じて4億3000万ドル(約473億6000万円)を投入した。 続きを読む

  • 農場は工場ではない

    農場は工場ではない

    今日の食糧のほとんどは工業化農業(industrial agriculture)によって生産されていて、それが問題だ。 工業化された農業は、本質的に農場を工場へと転換する。ここで例えば遺伝子組み換え農作物(トウモロコシ、大豆、小麦)や家畜(牛、鶏、豚肉)などを機械的生産手段で作るためには、合成肥料、化学農薬、大量の灌漑用水、そして石油が必要とされる。 こうしたこと全てが、見えない危険なコストを孕む、石油と農薬に大きく依存した、持続可能性がなく、時代遅れのシステムへとつながる。工業化農業は私たちの国土の表土を急速に損ないつつある。専門家たちは… 続きを読む

  • Edyn's Smart Soil Sensors Water While You Are Away

    土壌センサーのデータに基づいて庭や芝生の水やりを自動化するEdyn、多方面からシード資金を獲得

    カリフォルニア州オークランドのEdynが、スマートガーデニングのための新製品を発売した。水道栓をインターネットに接続して、庭や芝生を自動的に潅水する、というデバイスだ。 そのEdyn Water Valveは、土壌センサーEdyn Garden Sensorと各地の天候情報を基に、土壌水分を調整する。ユーザーはその潅水システムの動作を、Edynのスマートフォンアプリで調節することもできる。 定価69ドルのEdyn Water Valveは、重さが8オンス足らず、太陽光発電を利用、Wi-Fi対応、庭の散水用ホースに取り付けられる。小さいので、キッチンの… 続きを読む