SPAC / 特別買収目的会社(用語)

Special Purpose Acquisition Company。主に未公開会社・事業を買収することを目的とした特別な業務形態の会社のこと。

  • 米海軍やデルタ航空の「着るロボット」を作る外骨格パワードスーツのSarcosがSPAC合併計画を発表

    米海軍やデルタ航空の「着るロボット」を作る外骨格パワードスーツのSarcosがSPAC合併計画を発表

    VCの世界がこのところSPACにとりつかれているのは周知の事実だが、Berkshire-Greyのような特筆すべき例外を除いて、ロボティクスにおいてはこの逆合併手法はこれまで大きな推進力にはなっていなかった。しかし米国時間4月6日朝、ユタ州に本拠を置くSarcos Roboticsは、Rotor Acquisition Corp.との合併によりSPACの時流に飛び乗る計画を発表した。 続きを読む

  • 英オンライン中古車販売のCazooがニューヨーク証券取引所にSPAC上場へ、評価額は約7728億円

    英オンライン中古車販売のCazooがニューヨーク証券取引所にSPAC上場へ、評価額は約7728億円

    2020年に大規模な資金調達をした英国拠点の中古車販売ポータルCazooはSPAC経由でさらなる成長を追求する次の企業となる。同社は3月29日、ヘッジファンドの第一人者ダン・オック氏がグレン・ファーマン氏らとの提携のもとに設立した特別買収目的会社AJAX Iとの事業合併を経てニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場すると発表した。 続きを読む

  • 買収意欲旺盛な宇宙インフラ企業RedwireがSPAC経由で株式公開へ

    買収意欲旺盛な宇宙インフラ企業RedwireがSPAC経由で株式公開へ

    2021年に発表された一連の宇宙スタートアップSPACに最も新しく仲間入りするのは、2020年にPE会社によって立ち上げられたRedwireだ。同社は、SPAC(特別買収目的会社)であるGenesis Park Acquisition Corp.との合併により株式公開し、合併後の会社はニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場すると発表した。 続きを読む

  • 不動産テックスタートアップのOfferpadがSPACとの合併により公開へ

    不動産テックスタートアップのOfferpadがSPACとの合併により公開へ

    OfferpadはSPAC(特別買収目的会社)との合併により公開する最新のプロップテック(不動産テック)企業だ。アリゾナ州フェニックスに拠点を置く同社は3月18日、Supernova Partners Acquisition Companyと合併し、公開する計画を発表した。合併取引は30億ドル(約3270億円)で評価された。 続きを読む

  • 英国のEVメーカーArrivalが米国で2つ目のマイクロファクトリーを建設、UPS向けEVバンを製造

    英国のEVメーカーArrivalが米国で2つ目のマイクロファクトリーを建設、UPS向けEVバンを製造

    間もなく上場企業となる英国の電気自動車メーカーArrivalが、米国に2番目のマイクロファクトリー建設を予定している。同社CEOのマイク・アベルソン氏によれば、今回発表されたマイクロファクトリーは、米国の顧客向けに2種類のEVバンを生産し、車両群オペレーターのためのゼロエミッションの選択肢を広げることになるという。 続きを読む

  • 投資プラットフォームのeToroがSPAC経由で1兆円企業として上場へ

    投資プラットフォームのeToroがSPAC経由で1兆円企業として上場へ

    資産管理と投資のプラットフォームであるeToroがSPAC経由で上場をする計画を発表した。白地小切手企業との合併により104億ドル(約1兆1300億円)規模の巨大金融企業がNASDAQで公開される見込みだ。 続きを読む

  • 新たな1歩を踏み出すロボティクススタートアップたち

    新たな1歩を踏み出すロボティクススタートアップたち

    ロボティクス業界が2月最終週にSPACの世界への第一歩を踏み出した。Berkshire Greyが第2四半期までに株式を公開する計画を発表したのだ。これまで何度も議論してきた逆合併ルートを利用した場合の大きな問題点はさておき、さまざまな理由から同社は次の大きな一歩を踏み出すには理想的な候補といえる。 続きを読む

  • ハイテク不動業のDomaもSPACブームに乗って3250億円の大型上場を目指す

    ハイテク不動業のDomaもSPACブームに乗って3250億円の大型上場を目指す

    サンフランシスコに拠点を置くハイテク不動産事業のスタートアップ、Doma(以前のStates Title)はCapitol Investment Corp. Vと合併することによって上場する計画を発表した。Capitol VはSPAC(特別買収目的会社)であり、買収額は株式、社債を含めて30億ドル(約3250億円)規模となるという。 続きを読む

  • スウェーデンの自動運転車両開発EinrideもSPAC上場を検討中か

    スウェーデンの自動運転車両開発EinrideもSPAC上場を検討中か

    スウェーデンの自動運転車両開発スタートアップEinrideは追加資金を模索することで、Oatly、Lidlとの提携で火がついた勢いを継続させようとしているようだ。Einrideの計画に詳しい人物によると、同社は新たな資金ラウンドで7500万ドル(約81億円)を調達しようとしており、同時に特別買収目的会社(SPAC)との合併を通じての上場の可能性も検討しているという。 続きを読む

  • 衛星コンステレーションのSpire Globalが約1712億万円のSPACを通じて上場へ

    衛星コンステレーションのSpire Globalが約1712億万円のSPACを通じて上場へ

    米国時間3月1日、2つの宇宙SPACがやってきた。最初がRocket Lab、次がSpire Globalだ。Spire Globalは100機以上の人工衛星コンステレーションで可能になるデータとその分析を提供するSaaSを自称している。 続きを読む