SPAC / 特別買収目的会社(用語)

Special Purpose Acquisition Company。主に未公開会社・事業を買収することを目的とした特別な業務形態の会社のこと。

  • 台湾の電動スクーターと交換式バッテリーインフラ企業Gogoroが評価額2575億円のSPACを経てNASDAQへ上場

    台湾の電動スクーターと交換式バッテリーインフラ企業Gogoroが評価額2575億円のSPACを経てNASDAQへ上場

    電動のスマートスクーターと交換式バッテリーインフラで知られている同社は現地時間9月16日、Princeville Capital傘下のSPAC(特別買収目的会社)Poema Globalとの合併を通じてNASDAQに上場すると発表した。 続きを読む

  • BNPLが続々と

    BNPLが続々と

    先買い後払い(BNPL)スペースは、フィンテックの中でもっともホットな業界の1つだ。少なくとも2020年8月にSquareがオーストラリアのAfterpayを買収するために、驚異的な290億ドル(約3兆1900億円)を費やすと発表して以来そうなったということができるだろう。しかし、今週はその状況に本当に火がついて、報道価値のあるBNPL関連の発表が続々と行われた。 続きを読む

  • ブランソン氏のヴァージン・オービットが約3513億円の評価額でSPAC上場へ、合併後はNASDAQで取引

    ブランソン氏のヴァージン・オービットが約3513億円の評価額でSPAC上場へ、合併後はNASDAQで取引

    Virgin Orbitは、特別目的買収会社(SPAC)との合併により株式を公開する予定であることを発表した。リチャード・ブランソン氏のもう1つの宇宙企業であるVirgin Galacticは、ブームの先駆けとなった最初の大きなSPAC取引だった。 続きを読む

  • 大麻大手のLeaflyがSPAC合併経由で上場へ、評価額は約590億円

    大麻大手のLeaflyがSPAC合併経由で上場へ、評価額は約590億円

    Leaflyは公開企業となるのにMerdia Merger Corp. IとのSPAC合併に目を向けている。Leaflyを約5億3200万ドル(約590億円)と評価し、上場で1億6150万ドル(約180億円)の調達を見込んでいるこの取引には、同社がMerida Capital Holdingsなどの投資家からこのほど調達した3150万ドル(約35億円)も含まれる。 続きを読む

  • 電動航空機メーカーLiliumがアズールブラジル航空と総額約1100億円の受注に向け交渉中

    電動航空機メーカーLiliumがアズールブラジル航空と総額約1100億円の受注に向け交渉中

    アズールブラジル航空との契約が進めば、Liliumにとって創設以来最大規模の受注であり、南米市場への初進出を果たすことになる。この220機の航空機は、ブラジルで運航される新しい共同ブランドの航空会社ネットワークの一部として飛ぶことになる。 続きを読む

  • Lucid MotorsはEV工場拡張計画で市場デビュー

    Lucid MotorsはEV工場拡張計画で市場デビュー

    Lucid Group、旧Lucid MotorsのCEOであるピート・ローリンソン氏が、米国時間7月26日にアリゾナ州カサグランデにある工場を270万平方フィート拡張すると発表した。これは、同社が45億ドル(約4956億円)の資本注入を受けて正式に株式公開した数時間後のことだった。 続きを読む

  • インシュアテックの評価額を心配すべきだろうか?

    インシュアテックの評価額を心配すべきだろうか?

    すてきな1週間を過ごせただろうか?個人的には、ちょっとしたいいことも、悪いこともあった。だが、それでもマーケットは待ってくれない。まったく、微塵も揺らぐことがない。つまり、インシュアテック関連株の下落や、この状況がスタートアップ企業にとってどのような意味を持つのか、また多数のIPOについてなどの話題は尽きないということだ。おもしろい! 続きを読む

  • Lucid MotorsのSPAC合併は経営陣が議決権行使を促した後に株主が承認

    Lucid MotorsのSPAC合併は経営陣が議決権行使を促した後に株主が承認

    電気自動車(EV)のスタートアップであるLucid Motorsが、特別買収目的会社(SPAC)であるChurchill Capital IVと合併することが、米国時間7月23日の株主総会で承認された。ただし、個人投資家の投票数が少なかったため、両社は合併の期限を1日延長していた。 続きを読む

  • 自動運転開発AuroraがSPAC合併で上場へ、評価額は約1.4兆円

    自動運転開発AuroraがSPAC合併で上場へ、評価額は約1.4兆円

    2020年12月にUberの自動運転部門を買収した自動運転車両スタートアップのAurora Innovationは特別買収目的会社(SPAC)であるReinvent Technology Partners Yとの合併を通じて上場する。 続きを読む

  • 110兆円の馬たち、過剰な調達ラウンド、そしてFutureの未来

    110兆円の馬たち、過剰な調達ラウンド、そしてFutureの未来

    短い1週間が過ぎた。雑談のネタはあまりないが、お伝えしたいことはたくさんある。だが、それは楽しい話題ばかりなので、一緒に楽しむことにしよう! 続きを読む