スペースデブリ / 宇宙ごみ(用語)

スペースデブリ / 宇宙ごみに関する記事一覧

  • 東京の宇宙スタートアップAstroscaleが軌道上デブリ除去衛星「ELSA-d」を打ち上げ

    東京の宇宙スタートアップAstroscaleが軌道上デブリ除去衛星「ELSA-d」を打ち上げ

    日本の宇宙スタートアップAstroscaleが、軌道上のデブリを捕獲して安全に除去することを目的とする同社のELSA(エルサ、End-of-Life Services by Astroscale)技術の実証ミッションのために、ELSA-d(エルサd)衛星を打ち上げた。 続きを読む

  • スペースデブリ問題に取り組むアストロスケールが民間世界初のデブリ除去実証実験衛星を2021年3月打ち上げ

    スペースデブリ問題に取り組むアストロスケールが民間世界初のデブリ除去実証実験衛星を2021年3月打ち上げ

    持続可能な宇宙環境を目指しスペースデブリ(宇宙ごみ、デブリ)除去サービスに取り組むアストロスケールホールディングス(アストロスケール)は11月19日、民間世界初となるスペースデブリ除去実証実験衛星「ELSA-d」(End-of-Life Services by Astroscale – Demonstration)を2021年3月、ロシアの打上事業者GK Launch Serviceおよびカザフスタン共和国バイコヌール宇宙基地よりソユーズロケットにて打ち上げると発表した。 続きを読む

  • スペースデブリ問題に取り組むアストロスケールがシリーズEで累計210億円を調達

    スペースデブリ問題に取り組むアストロスケールがシリーズEで累計210億円を調達

    持続可能性な宇宙環境を目指し、スペースデブリ(宇宙ごみ、デブリ)除去サービスに取り組むアストロスケールホールディングスは10月14日、シリーズE追加調達による第三者割当増資により、シリーズE総額約55億円の調達を実施し、累計調達額約210億円を達成したと発表した。 続きを読む

  • FCCが軌道デブリ規則を2004年以来初めて更新

    FCCが軌道デブリ規則を2004年以来初めて更新

    FCC(米国連邦通信委員会)は、15年前に登場した軌道デブリ規則をようやく更新し、新しい要件を追加して承認プロセスを合理化した。毎年沢山の衛星が、ますます混雑する軌道に上がっていく中で、こうした規則はこれまで以上に重要になっている。 FCCは、軌道上に蓄積されたデブリ(破片)の削減を行う必要性を述べる中で、問題を軽視したがる人はいるものの、すでに重大な危険が存在していると指摘している。 続きを読む

  • 宇宙産業スタートアップAstroscaleがJAXAと共同でスペースデブリ処理へ

    宇宙産業スタートアップAstroscaleがJAXAと共同でスペースデブリ処理へ

    スペースデブリ(space debris, 宇宙の粗大ごみ)を掃除する日本のスタートアップAstroscale(アストロスケール)が、Japan Aerospace Exploration Agency((日本)宇宙航空研究開発機構, JAXA)と共同で、現在軌道上に存在する残骸の一部を取り除くJAXAの最初のミッションに取り組む。 続きを読む

  • 宇宙ゴミ除去に取り組むアストロスケールが約33億円を調達、米国拠点の開設も発表

    宇宙ゴミ除去に取り組むアストロスケールが約33億円を調達、米国拠点の開設も発表

    スペースデブリ(宇宙ごみ)除去サービスに取り組むアストロスケールホールディングスは4月11日、米国拠点の開設に加えて、約30百万米ドル(約33億円)の資金調達を実施したことを明らかにした。 続きを読む

  • 宇宙銛(もり)を配備せよ

    宇宙銛(もり)を配備せよ

    宇宙銛(もり)はRemoveDEBRIS(デブリ除去)プロジェクトの一部である。 続きを読む