宇宙船(用語)

宇宙船に関する記事一覧

  • SpaceXが着地に成功した試作機を再使用する飛行試験の実施を示唆

    SpaceXが着地に成功した試作機を再使用する飛行試験の実施を示唆

    SpaceXは先日、宇宙船「Starship」開発プログラムで高い評価を得たばかりだが、同社CEOのイーロン・マスク氏によると、宇宙船を再使用する初期段階の実験を計画外に行い、最近の成功を繰り返す可能性もすでに視野に入れているようだ。 続きを読む

  • Virgin Galacticが第3世代宇宙船「VSSイマジン」を初公開、CEOが語る消費者向け宇宙ブランドの構築

    Virgin Galacticが第3世代宇宙船「VSSイマジン」を初公開、CEOが語る消費者向け宇宙ブランドの構築

    商業用有人宇宙飛行企業であるVirgin Galacticは、同社の主要な宇宙船デザインの3つ目となる、初の「Spaceship III」を発表した。この新シリーズの第1弾は「VSS(Virgin SpaceShip) Imagine」と名づけられ、2021年夏の初の滑空飛行を目指して地上試験が開始される。 続きを読む

  • SpaceXが「最も宇宙にいると感じられる」展望ドームをDragon宇宙船の先端に設置すると発表

    SpaceXが「最も宇宙にいると感じられる」展望ドームをDragon宇宙船の先端に設置すると発表

    SpaceXは、現在9月15日に計画されている歴史的な民間人のみの宇宙飛行に向けて、宇宙船「Crew Dragon」に変更を加える予定だ。この宇宙船は、国際宇宙ステーションのドッキング機構が透明なドームに置き換えられ、乗員は軌道上から宇宙と地球の壮大なパノラマを眺めることができるようになる。 続きを読む

  • イーロン・マスク氏「SpaceXは発射台のアームでSuper Heavyブースターを回収する」

    イーロン・マスク氏「SpaceXは発射台のアームでSuper Heavyブースターを回収する」

    SpaceXのイーロン・マスク氏は発射前にロケットを支えて安定させている発射台のアームを利用して開発中のSuper Heavyブースターを回収しようと考えていることを発表した。 続きを読む

  • NASAとボーイングが無人軌道飛行テストのやり直しを2021年3月に予定

    NASAとボーイングが無人軌道飛行テストのやり直しを2021年3月に予定

    NASAとBoeing社は、現在進行中の商業乗員輸送プログラムにおける重要な資格認定実証ミッションである軌道飛行テスト2(OFT-2)について、可能な限り早い日付として2021年3月29日を検討している。 続きを読む

  • SpaceXのプロトタイプロケットが着陸時に大爆発、しかし飛行テストは成功

    SpaceXのプロトタイプロケットが着陸時に大爆発、しかし飛行テストは成功

    SpaceXは、現行型ロケット「ファルコン」に代わる次の段階へまた一歩近づいた。同社の宇宙船「Starship(スターシップ)」のプロトタイプ「SN8」が米国時間12月10日、テキサス州南部にあるSpaceXの開発施設で、12.5kmの高さまで上昇するという、現在進行中の宇宙船開発プログラムの中で重要なマイルストーンを達成したのだ。 続きを読む

  • SpaceXがStarship宇宙船初の高高度試験飛行を来週に設定

    SpaceXがStarship宇宙船初の高高度試験飛行を来週に設定

    SpaceXは、Starship宇宙船開発プログラムにおける次の重要なフェーズに進む準備ができたようだ。そのフェーズとは15kmの試験飛行で、これまでStarshipのプロトタイプが達成した最大高度をはるかに超えるものとなる。現在までに記録されたホップテストの最高高度は約150mだったからだ。イーロン・マスク氏はSpaceXが最初の高高度試験を、来週のある日に行う予定だと話している。 続きを読む

  • Blue Origin主導の開発チームが有人月着陸船の原寸大エンジニアリングモックをNASAに納入

    Blue Origin主導の開発チームが有人月着陸船の原寸大エンジニアリングモックをNASAに納入

    Blue Originとその「ナショナルチーム」のメンバーであるLockheed Martin、Northrop Grumma、Draperが、その有人月着陸船のフルスケールエンジニアリングモックアップをNASAに納入した。 続きを読む

  • Rocket Labの次回ミッションは前回からわずか3週間後の打ち上げ

    Rocket Labの次回ミッションは前回からわずか3週間後の打ち上げ

    ロケットラボは同社13回目の商業ミッションで、毎週打ち上げというゴールに近づきつつある。「Pics Or It Didn’t Happen(証拠写真がなければ起きてはいない)」というニックネームのミッションは、予定通りにいけば前回からわずか3週間後の打ち上げとなる。 続きを読む

  • ロケットラボが12回目のElectron打ち上げに成功、NASAとNROのペイロードを投入

    ロケットラボが12回目のElectron打ち上げに成功、NASAとNROのペイロードを投入

    世界的な新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックが一時停滞した後、Rocket Lab(ロケットラボ)はニュージーランドでの最初の打ち上げミッションを再開した。 続きを読む

  • RocketLabが月や火星、金星を探査する次期宇宙船に搭載する新エンジンをテスト中

    RocketLabが月や火星、金星を探査する次期宇宙船に搭載する新エンジンをテスト中

    Rocket Lab(ロケット・ラボ)は、次期宇宙船のPhoton Lunar(フォトン・ルナ)に搭載する新しいエンジンのテスト段階に入っていると、創業者でCEOのPeter Beck(ピーター・ベック)が明かした。 続きを読む

  • タッチで操縦する宇宙船Crew Dragon、僕らはまた一歩SF映画に近づいた

    タッチで操縦する宇宙船Crew Dragon、僕らはまた一歩SF映画に近づいた

    Crew Dragonの製造にあたり、SpaceX(スペースX)はボタンやダイヤルを廃止し、全面的にタッチスクリーンを採用することにした。今月後半に飛行する宇宙飛行士も長年の訓練と筋肉の記憶を取り払う必要があるが、それほど悪くないと彼らは言う。 続きを読む

  • 商業衛星の寿命を伸ばす初の宇宙船の打ち上げに成功

    商業衛星の寿命を伸ばす初の宇宙船の打ち上げに成功

    これまで商業衛星は事実上使い捨てだった。数トンもある10年以上稼働する巨大衛星でさえ、いずれは燃料が切れて大きな宇宙ゴミになるか、何らかの機会的故障によって終末迎えることになる。 続きを読む

  • グリーンで小さくて強力な宇宙船用エンジンを作るTesseract

    グリーンで小さくて強力な宇宙船用エンジンを作るTesseract

    宇宙関連の推進装置の中でも、多くの注目を浴びるのは打ち上げロケットやその巨大なエンジンだが、打ち上げは宇宙の入口までの話に過ぎない。宇宙は広大だ。Tesseract(テッサラクト)は、宇宙船のための新型のロケットエンジンを開発した。それは小型で高効率であるばかりか、地上にいる我々にとって安全な燃料を使用するというものだ。 続きを読む