Space

  • 初の宇宙旅行会社Virgin Galacticが最初の乗客に対し宇宙飛行士準備事業を開始

    初の宇宙旅行会社Virgin Galacticが最初の乗客に対し宇宙飛行士準備事業を開始

    Virgin Galactic(バージンギャラクティック)が、同社の「宇宙飛行士準備事業」(Astronaut Readiness Program)を開始した。 続きを読む

  • Rocket Labの新しいRosie the Robotはロケット製造を大幅にスピードアップさせる

    Rocket Labの新しいRosie the Robotはロケット製造を大幅にスピードアップさせる

    宇宙開発スタートアップのRocket Lab(ロケット・ラボ)は、フレキシブルなロケット打ち上げ能力の構築を目的としており、創設者兼CEOのPeter Beck(ピーター・ベック)氏は、その目標に向けた最新の進歩を披露している。 続きを読む

  • NASAの有人商用宇宙飛行をiOSとウェブアプリで疑似体験

    NASAの有人商用宇宙飛行をiOSとウェブアプリで疑似体験

    商用の有人宇宙飛行を目指しているNASAが、モバイルアプリとWebアプリケーションでその簡単なシミュレーションを提供している。来年行われるその商用飛行にはSpaceX Crew DragonとBoeing Starlinerが使われるが、シミュレーションはその両方を疑似体験できる。 続きを読む

  • Techstarsが米国、オランダ、ノルウェーの軍や国防省と共同で商業宇宙産業向けアクセラレーターをローンチ

    Techstarsが米国、オランダ、ノルウェーの軍や国防省と共同で商業宇宙産業向けアクセラレーターをローンチ

    Techstarsは、宇宙開発に特化したStarburstプログラムの第一段階に続いて、アメリカ空軍、オランダ国防省、ノルウェー国防省、ノルウェー宇宙センターと共同で、新しいバーチャルアクセラレータープログラムを実施している。これはTechstars Allied Space Acceleratorと呼ばれ、商業宇宙産業におけるスタートアップに特化している。 続きを読む

  • 毒針を持つアカエイにヒントを得た航空機が金星の大気を調べる

    毒針を持つアカエイにヒントを得た航空機が金星の大気を調べる

    NASAの次の金星探査では、バッファロー大学(University of Buffalo、UB)が設計した、アカエイのように後尾に針のあるロボットが大気のサンプリングを行う。 続きを読む

  • SpaceXの再使用可能ロケットは1回あたり約2億2000万円で打ち上げられる

    SpaceXの再使用可能ロケットは1回あたり約2億2000万円で打ち上げられる

    SpaceX(スペースX)の目標は、真に再使用可能なロケットの打ち上げを実現することで、それには妥当な理由がある。それは、Elon Musk(イーロン・マスク)氏が飛行機が乗客を移動させるのに例えて説明したように、使い捨てではない再使用ロケットによるコストの削減だ。 続きを読む

  • Rocket LabのNZロケット発射施設のバーチャルツアー動画

    Rocket LabのNZロケット発射施設のバーチャルツアー動画

    Rocket Lab(ロケット・ラボ)はロケットを打ち上げる非常に小さなスタートアップで、実際にペイロードを宇宙に輸送しており、すべてのロケットはニュージーランドの東海岸に位置する景色の良い半島から打ち上げられている。 続きを読む

  • NASAとボーイングがStarliner宇宙船の発射台からの緊急脱出システムテストをライブ配信

    NASAとボーイングがStarliner宇宙船の発射台からの緊急脱出システムテストをライブ配信

    NASAの商業乗員輸送プログラムに参加するBoeing(ボーイング)社は、早ければ来年にも米国の宇宙飛行士を国際宇宙ステーション(ISS)へと輸送するために開発した新しい宇宙船「CST-100 Starliner」の重要なテストを、米国時間11月4日に実施した。 続きを読む

  • 小型人工衛星ネットワークを利用するIoTシステム向けSDKをKeplerが公開

    小型人工衛星ネットワークを利用するIoTシステム向けSDKをKeplerが公開

    トロントのKepler Communicationsは、通信サービスを提供するための靴箱サイズの人工衛星を開発し、その実際の打ち上げ配備もしている。同社はこのほど、最初のSDKを作って関心のあるデベロッパーの登録を待っている。 続きを読む

  • NASAの火星探査車「Mars 2020」が6輪ホイールで初接地

    NASAの火星探査車「Mars 2020」が6輪ホイールで初接地

    NASAの火星探査車ことMars 2020は、地球から何億マイルも離れた過酷な環境の中で、自律的に活動しなければならない。現在はまだNASAのジェット推進研究所で開発中だが、どのマイルストーンも重要なものだ。そして今週、Mars 2020は完全に組み立てられ、自身の6輪のホイールで自重を支えながら接地した。 続きを読む