SRI International / SRIインターナショナル(組織)

世界最大級の米国の研究機関。1946年にスタンフォード大学が設立した。

  • 自動車、通信業界などが大きな関心を寄せるエッジAIの効率を高めるLatent AIの技術

    自動車、通信業界などが大きな関心を寄せるエッジAIの効率を高めるLatent AIの技術

    SRI InternationalからスピンアウトしたスタートアップのLatent AIは、必要に応じてワークロードを動的に管理することで、エッジ(システム末端)でのAIワークロードの実行を容易にする。 続きを読む

  • AIが声の調子を理解してカスタマーエクスペリエンスを向上させるOtoが5.8億円を調達

    AIが声の調子を理解してカスタマーエクスペリエンスを向上させるOtoが5.8億円を調達

    Otoは話し言葉の語調をAIを活用して理解し、カスタマーサービスの品質向上を目指すプロダクトを開発している。 続きを読む

  • 国防総省のDARPA研究所が改悪改竄ビデオを検出する技術で研究助成事業を展開

    国防総省のDARPA研究所が改悪改竄ビデオを検出する技術で研究助成事業を展開

    メンローパークの非営利研究団体SRI Internationalが、国防総省の研究機関DARPA(Defense Advanced Research Projects Agency)から、フェイクニュースと戦うための三つのプロジェクトを受託した。すなわちDARPAのMedia Forensics(メディア犯罪捜査)事業は、ビデオや写真がそのコンテンツを意図的に変えられていることを判定するツールを開発している。 続きを読む

  • Siriを生んだSRIから魔法のカレンダー・アプリ、 Tempo登場―ミーティングに関する情報を自動収集して通知してくれる

    Siriを生んだSRIから魔法のカレンダー・アプリ、 Tempo登場―ミーティングに関する情報を自動収集して通知してくれる

    私のような日程管理が苦手きわまる人間でなくとも会議の直前になって大慌てした経験が必ずやあるだろう。ミーティングの席についてから自分はいったい誰と何の話をするためにここに来ているのだろうと必死に記憶を探ったり、車で走りだしたはいいが正確な住所を知らないことに気づいたり、といった失敗だ。今日((米国時間2/13)リリースされたスマート・カレンダー・アプリのTempoはまさにこうした問題の解消を狙っている。 Tempoは名門の調査研究企業SRI Internationalからスピンオフしたスタートアップだ。SRIといえば最近ではiOSの音声認識… 続きを読む