スタンフォード大学(組織)

スタンフォード大学に関連する記事一覧

  • 汗や心拍を遠隔モニターできる柔らかな貼り付け型センサー

    汗や心拍を遠隔モニターできる柔らかな貼り付け型センサー

    多くの人が、行う動作をより細かく定量化しようと努力しているおかげで、そうした動作をモニターするセンサーたちは、ますます軽く邪魔にならないものになっている。 続きを読む

  • 壁の向こうに閉じ込められている人を見つける軽量レーダーデバイス

    壁の向こうに閉じ込められている人を見つける軽量レーダーデバイス

    災害時などのファーストレスポンダー(第一応答者)は、状況を知ることが何より重要だ。 続きを読む

  • 一般市販部品で誰でも作れるオープンソースの四足ロボ

    一般市販部品で誰でも作れるオープンソースの四足ロボ

    このかわいいロボットは、一見ごつごつしているけど、その多角形の脚は意外なほどしなやかで、きびきびと歩き、1m近く垂直ジャンプする。 続きを読む

  • 自動運転車AIがチャンピオンレーサーと対決

    自動運転車AIがチャンピオンレーサーと対決

    自動運転車の開発の世界は、ともすると無味乾燥なものになりがちだ。しかしここで紹介する研究は、そのような指標からは見えてこない面白いアイディアを持ち、驚くほど実践的なテスト方法を採用している。 続きを読む

  • この利口なAIは課せられたタスクをやり遂げるずるい方法を人の目から隠した

    この利口なAIは課せられたタスクをやり遂げるずるい方法を人の目から隠した

    航空写真から街路地図を作ったり、その逆もやる機械学習のエージェントが、“人間にはほとんど感知できない高周波の信号”を画像中に隠しておくことによって、ある種の騙し技(だましわざ)ができるようになるのだ。 続きを読む

  • 過去1年間に調達したベンチャー資金総額、出身校別ランキング

    過去1年間に調達したベンチャー資金総額、出身校別ランキング

    大学のランキングといえば、それが資本豊富なファウンダーの数であれ、調達資金総額であれ、ベンチャーキャピタリストの出身校であれ、リストの上位には常に同じ名前が並ぶ。唯一のサプライズ要素は、ハーバードとスタンフォードのどちらがトップにいるかくらいだ。 続きを読む

  • VR技術が老眼を救う

    VR技術が老眼を救う

    目の前1インチのところに仮想現実世界を描いて見せるVR技術が、現実世界のスマート眼鏡を生み出すことになるかもしれない。開発中のデバイスは「Autofocals」という名前で、これを使えば視力の低下によりもたらされる問題を解決することができるよ。深度センサーおよび視線追跡機能を利用して、自力で焦点調節をできない人が、正しく物を見ることをサポートする。スタンフォードの研究者たちが手がけるもので、現在のところはプロトタイプ段階だ。 続きを読む

  • 超音波で眠っているスマートデバイスを覚醒させる

    超音波で眠っているスマートデバイスを覚醒させる

    私たちは未来の家が、小さなセンサーたちで溢れていることを確信している。セキュリティカメラ、一酸化炭素検出器、スピーカー、その他もろもろだ。とはいえ常に実行されている必要があるものは多くない。だが、もしそれらがオフだったとして、必要な時にどうやってそれらの目を覚ましてやれば良いのだろうか?超音波を使うのだ。 続きを読む

  • Appleが、ダークデータ(非構造データ)解析にAIを活用するLattice Dataを2億ドルで買収

    Appleが、ダークデータ(非構造データ)解析にAIを活用するLattice Dataを2億ドルで買収

    大規模ハイテク企業たちが機械学習や人工知能に力を入れようとしている中で、Appleはその分野での能力を補うための会社を買収した。 具体的には、Appleが買収したのはLattice Dataである。Lattice DataはAI推論エンジンを適用することで、構造を持たない「ダーク」データを、構造化された(より利用性の高い)情報へと変換する技術を持つ会社である。私たちはとある1つの情報源から、Appleが約2億ドルを支払ったという情報を得た。 その情報源によれば、契約は数週間前に行われ、約20人のエンジニアが大きな会社(Apple)に加わったと… 続きを読む

  • わずか20セントの子どもの回転おもちゃで1000ドル相当の医学用遠心分離器を作れた

    わずか20セントの子どもの回転おもちゃで1000ドル相当の医学用遠心分離器を作れた

    高速回転により液体中の物質を分離する遠心分離器という器具は、世界中の医学研究所にある。しかしその良いものは2000ドルぐらいするし、もちろん電気が必要だ。お金も電気も、世界の最貧国の田舎の病院にはないだろう。スタンフォード大学の研究者たちが作った代替品は、わずか数セントの費用でできるし、充電も要らない。彼らのヒントとなった子どもの玩具は、遠心分離器として意外にも高品質なのだ。 続きを読む