stanford

  • この利口なAIは課せられたタスクをやり遂げるずるい方法を人の目から隠した

    この利口なAIは課せられたタスクをやり遂げるずるい方法を人の目から隠した

    航空写真から街路地図を作ったり、その逆もやる機械学習のエージェントが、“人間にはほとんど感知できない高周波の信号”を画像中に隠しておくことによって、ある種の騙し技(だましわざ)ができるようになるのだ。 続きを読む

  • 過去1年間に調達したベンチャー資金総額、出身校別ランキング

    過去1年間に調達したベンチャー資金総額、出身校別ランキング

    大学のランキングといえば、それが資本豊富なファウンダーの数であれ、調達資金総額であれ、ベンチャーキャピタリストの出身校であれ、リストの上位には常に同じ名前が並ぶ。唯一のサプライズ要素は、ハーバードとスタンフォードのどちらがトップにいるかくらいだ。 続きを読む

  • VR技術が老眼を救う

    VR技術が老眼を救う

    目の前1インチのところに仮想現実世界を描いて見せるVR技術が、現実世界のスマート眼鏡を生み出すことになるかもしれない。開発中のデバイスは「Autofocals」という名前で、これを使えば視力の低下によりもたらされる問題を解決することができるよ。深度センサーおよび視線追跡機能を利用して、自力で焦点調節をできない人が、正しく物を見ることをサポートする。スタンフォードの研究者たちが手がけるもので、現在のところはプロトタイプ段階だ。 続きを読む

  • スタンフォード大、バーチャルリアリティーを使って大学フットボール最優秀選手候補を売り込む

    スタンフォード大、バーチャルリアリティーを使って大学フットボール最優秀選手候補を売り込む

    スポーツファンであってもなくても、カレッジフットボールのシーズンになると興奮せずにはいられない。それ以上にワクワクするのは、各チームがそれぞれに、今年最高のNCAAフットボールプレーヤーに贈られるハイズマントロフィー候補を推すのを見ることだ。 続きを読む

  • 小さなロボットMicro Tugは体重の2000倍の重さの物を引っ張れる

    高貴な蟻のようで、元気で愛らしいタグボートのようでもあるMicro Tugsは、自分より重い物でも引っ張れる。スタンフォード大学のBiomimetics and Dextrous Manipulation Lab(生物を模倣して器用で精巧な操作をロボットに行わせる研究所)で生まれたこのロボットには、圧力を加えると床やテーブルの上などに密着するプレートがある。体重12グラムのこのロボットは、その2000倍の重さの物を引いたこともある。 “大人の人間がシロナガスクジラを一人で引き上げることもあるが、これはそのロボット版だ”、と… 続きを読む

  • ハイテク業界のマネージャーには、管理者教育が必要だ

    ハイテク業界のマネージャーには、管理者教育が必要だ

    かつて私がプログラマーからプロジェクトマネージャーになろうとしていた頃、勤め先のXerox Corporationは、私をバージニア州リースバーグにある巨大な教育訓練センターに送り込んだ。そこでは2週間に渡って、私の新しい任務で必要とされるスキルを教えられた。プロジェクト管理、動機付け、雇用規則の遵守、進捗レポートやプレゼン資料の書き方などだ。さらに会社は、ニューヨーク大学の夜間に通ってMBAを取得するよう勧めた。しかもたくさんの休暇をくれ、学費も払ってくれた。 インターネット時代のハイテク企業は、さまざまな特典を従業員に与えている。しか… 続きを読む

  • 太陽の光と熱の両方を利用する新しいソーラーエネルギー技術–石油と比肩する低コストを実現

    太陽の光と熱の両方を利用する新しいソーラーエネルギー技術–石油と比肩する低コストを実現

    スタンフォード大学の研究グループが、現在の技術の倍以上の太陽エネルギーを作り出す方法を発見した、と発表した。その技術は太陽の光と熱の両方を利用し、生産コストが低いので、将来的には石油と肩を並べることもありえるという。 現在の太陽エネルギー技術は、比較的低温で光を電気に変えるものか、高温状態で太陽の熱を利用するものがほとんどだが、スタンフォードの技術者たちはその両方を行う方法を開発した、と主張している。 この技術はphoton enhanced thermionic emission、略称PETEと呼ばれ*、現在の光電子装置がうまく使えないような… 続きを読む

  • スタンフォード大学のiPhoneアプリケーション作成コースがiPhoneで聴講できるようになる

    スタンフォード大学のiPhoneアプリケーション作成コースがiPhoneで聴講できるようになる

    iPhoneアプリケーション開発を勉強したいと考えている人に朗報だ。今週内にもiPhoneアプリケーションの作り方に関するスタンフォード大学のコンピュータサイエンスコースがiPhoneで聴講できるようになる。スタンフォード大学はコース内容をiTunes UにてPodcast方式で無料公開することにしたようだ(このPodcastはもちろんiPodでもパソコンでも見ることができる)。 iPhone用アプリケーションは既に25,000以上も公開されており、ダウンロード回数も8億回を超えている。このような中、アプリケーション開発競争は量より質へと… 続きを読む