Starbucks

  • WeWorkが中国国内で提供する新しいサービスは、スターバックスの良きライバル?

    WeWorkが中国国内で提供する新しいサービスは、スターバックスの良きライバル?

    中国国内におけるスターバックスの台頭は、ちょうど西洋と同様に、家庭と職場の間で立ち寄る「第三の場所」としての機能と、密接に結びついている。近年、多くのコーヒー起業家たちが、中国国内におけるこのアメリカの巨大企業の地位を脅かそうとしている。そして今度は予想外の競争相手 ―― WeWork ―― がその流れに加わった。 続きを読む

  • StarbucksがUber Eatsを使う出前サービスを来年は全米2000店に拡大、すでに中国で実験に成功

    StarbucksがUber Eatsを使う出前サービスを来年は全米2000店に拡大、すでに中国で実験に成功

    Starbucksが来年はUber Eatsとのパートナーシップを拡大して、アメリカにおける契約店を2000店以上に増やす。 続きを読む

  • Nestlé、Blue Bottle Coffeeの過半数株式取得――評価額7億ドル以上

    Nestlé、Blue Bottle Coffeeの過半数株式取得――評価額7億ドル以上

    シリコンバレーでも大いに愛されているコーヒーショップ、Blue Bottle Coffeeの過半数株式を食品大手のNestléが取得した。今朝(米国時間9/14)明らかになったこの準買収はコーヒーショップ市場に大きなビジネスチャンスがあることを示す何よりの証拠だろう。 NestléはBlue Bottle株式の68%を取得したが、経営陣は従来のままで変更はない。Financial Timesの記事によれば、NestleによるBlue Bottleの企業評価額は7億ドル以上で、5億ドル前後を支払ったという。この額はおおむね正しいだろう。… 続きを読む

  • Starbucksがモバイルオーダーのみの店を本社内でテスト、システム改良のため

    Starbucksがモバイルオーダーのみの店を本社内でテスト、システム改良のため

    Starbucksがモバイルのオーダーシステムを導入したのは2015年だが、その後ある意味で同社は、自分の成功の犠牲者になった。人気店の顧客たちは、レジの列に並びたくないので、こぞってモバイルからのオーダーと前払いを選び、今度は“仮想行列”ができてしまった。場合によってはそれは、本物の行列より長いこともあった。そこでモバイルオーダーの改良を志した同社は、シアトルの本社内にテスト店として、オーダーはモバイルからのみ、という店を開いた。 続きを読む

  • Niantic、「新しいポケモンがやって来る」と確認―週明けに新キャラ多数追加へ

    Niantic、「新しいポケモンがやって来る」と確認―週明けに新キャラ多数追加へ

    膨大なユーザーを抱えるスマートフォン・ゲーム、ポケモンGOを開発したNianticは来週月曜日に新しいゲーム・キャラクターが登場することを明らかにした。 「12月12日にはソーシャルメディアのニュースに注意を払うことをお勧めする。われわれはポケモンGOの新キャラクターを紹介することを予定している」と Nianticは声明に書いていてる 。 続きを読む

  • スターバックスが専用キーボードアプリを公開。ユニコーンがコーヒーを飲む絵文字も送れる

    スターバックスが専用キーボードアプリを公開。ユニコーンがコーヒーを飲む絵文字も送れる

    果たしてこのStarbucksの最新アプリは、次のKimojiになれるのか? たぶん〈ノー〉だ。しかし同社は今週、食べ物やドリンクを売るためではなく、エンターテイメントのみに焦点を絞った初めての消費者向けアプリを公開した。その通り。Starbucksの専用絵文字キーボードアプリを使えば、フラペチーノやコーヒーやティーはもちろん、紫のユニコーンがStarbucksの飲み物を楽しんでいる絵柄だって、友達にメッセージで送れるようになった。 続きを読む

  • スターバックス、店内で再生した音楽をSpotifyのプレイリストとして提供開始

    スターバックス、店内で再生した音楽をSpotifyのプレイリストとして提供開始

    スターバックスとSpotifyが共同で、新たな音楽体験を提供することとなった。スターバックス店内で流れている曲のリストを入手し、そこに含まれる曲をSpotifyのプレイリストに登録することができるようになったのだ。 続きを読む

  • GoogleとDell、業務向けChromebookを発表

    GoogleとDell、業務向けChromebookを発表

    今日(米国時間8/13)サンフランシスコのGoogleで行われた企業向けイベントで、同社はDell製の新しい企業向けChromebookを発表した。 続きを読む

  • Starbucks、近くの店舗に事前オーダーできる仕組みの利用可能エリアを大幅拡大

    Starbucks、近くの店舗に事前オーダーできる仕組みの利用可能エリアを大幅拡大

    Starbucksの事前オーダーシステムが、発祥の地であるシアトルを含む太平洋岸北西部でも利用できるようになった。このシステムでは、近くにあるStarbucksにオーダーを送り、スマートフォンを利用して支払いを行う。店舗では行列に並ぶことなく商品を受け取ることができる。今回の規模拡大により、ワシントン州、アイダホ州、オレゴン州、およびアラスカ州の650店舗で新たにシステムが利用できるようになった。さらには年内の全米展開を目指している。 続きを読む

  • Google、全米のStarbucks7000店舗に無料の高速Wi-Fiを提供へ

    Google、全米のStarbucks7000店舗に無料の高速Wi-Fiを提供へ

    さきほどGoogleはブログ記事で、Starbucksと協力して、アメリカの全7000店のコーヒーショップに無料の高速Wi-Fiホットスポットを設置すると発表した。このプロジェクトは完了までに1年半ほどかかる予定だ。 Googleによれば、現行のStarbucksの無料ホットスポット比べて速度は最低10倍にアップする。Googleが光ネットワークの実験を行っているカンサスシティーなどでは100倍に高速化されるという。 続きを読む

  • アメリカのスターバックス店ではモバイルを使う支払いが全売上の10%を超える–料金計算もワイヤレスで

    アメリカのスターバックス店ではモバイルを使う支払いが全売上の10%を超える–料金計算もワイヤレスで

    Starbucksの合衆国の店舗はモバイル支払いを大々的に採用しているので人目を引く。同社が昨夜発表した最新の四半期決算では、合衆国の全店の売上の10%あまりがモバイル支払いによる、という(WSJより)。Starbucks専用のモバイルアプリのほかに、AppleのPassbookやSquare Walletがよく使われている。 続きを読む

  • スターバックスとモバイル支払いサービス、Squareが全面提携―アメリカ全店の支払いに採用、ハワード・シュルツCEOがSquareの取締役に就任

    スターバックスとモバイル支払いサービス、Squareが全面提携―アメリカ全店の支払いに採用、ハワード・シュルツCEOがSquareの取締役に就任

    今日(米国時間)、モバイル支払いサービスのSquareはStarbucksとの提携を発表した。この秋からSquareは全米7000店のすべてにおいてクレジット・カード、デビット・カードによる支払い処理を担当することになった。Squareで支払いをするユーザーはiPhoneまたはAndroidのSquare Directoryで近所のStarbucksの位置を知ることができる。 さらにStarbucksはSquareに対して2500万ドルに上るシリーズDの投資を行う。Squareの会社評価額は現在32億j5000万ドルとされる。われわれが報… 続きを読む

  • Foursquare上でAIDS撲滅のための大キャンペーン開始―北米各店にチェックインするたびにStarbucksが1ドルを寄付

    Foursquare上でAIDS撲滅のための大キャンペーン開始―北米各店にチェックインするたびにStarbucksが1ドルを寄付

    Foursquareでお気に入りのハンバーガー屋にチェックインしてメイヤーになって30%の割引を狙ったりするのもよいが、チェックインするだけで意味のある善行ができるというのは嬉しい。 AIDSと戦うIPO、(RED)が今日(米国時間5/31)発表したところによると、(RED)は有力な位置情報ソーシャル・メディアのFoursquareと提携して過去最大となるチェックインによるチャリティー・キャンペーンを開始する。 このキャンペーンはREDが実施している2015年までにAIDSの母子感染をゼロにしようするRUSH TO ZEROプロジェクトへの認… 続きを読む