Starship Technologies(企業)

小型の自動運転ロボット配送車を開発する企業。

  • Alphabet傘下で2021年初めに解散したLoon元トップがロボット配達Starship TechnologiesのCEOに

    Alphabet傘下で2021年初めに解散したLoon元トップがロボット配達Starship TechnologiesのCEOに

    自律走行ロボティクス会社Starship Technologiesが、新しいCEOを迎える。同社は米国時間6月1日、ロボティクス配達サービスの拡大を追求する中でAlphabet傘下のLoonの元CEOであるアラステア・ウェストガース氏が同社を率いると発表した。 続きを読む

  • 自動運転ロボのStarship Technologiesが17.7億円調達、今夏までに100の大学で事業展開へ

    自動運転ロボのStarship Technologiesが17.7億円調達、今夏までに100の大学で事業展開へ

    1年前、Starship Technologies(スターシップ・テクノロジーズ)は大学のキャンパスの学生やいくつかの住宅街の住人にブリトーやピザを届ける自動走行ロボットを数百台持っていた。新たに1700万ドル(約18億円)の資金を獲得した同社は、事業を展開する欧州や北米を新型コロナウイルス(COVID-19)が襲って以来、車両台数を5倍に増やした。 続きを読む

  • 非接触型配送の需要の高まりに応えて自律ロボの運用が広がる

    非接触型配送の需要の高まりに応えて自律ロボの運用が広がる

    自律配送スタートアップStarshipTechnologies(スターシップ・テクノロジーズ)は、昨年8月に公表された4000万ドル(約43億4000万円)の資金調達ラウンドに続く拡張計画の一環として、アリゾナ州テンペでロボット食品配送サービスを開始した。 続きを読む

  • スターシップ・テクノロジーズがロボ配達10万回を達成、新たに資金調達も

    スターシップ・テクノロジーズがロボ配達10万回を達成、新たに資金調達も

    Starship Technologiesは(スターシップ・テクノロジーズ)は歩道を自動で車輪走行する配達ロボを開発し、これまでに10万回超の客への配達を行った。 続きを読む

  • Starshipのロボットが商品のオンデマンド配送を始めた――年内にサンフランシスコにも展開

    Starshipのロボットが商品のオンデマンド配送を始めた――年内にサンフランシスコにも展開

    Skypeの共同ファウンダー、Ahti HeinlaとJanus Friisが2014年に設立したStarship Technologiesがイギリスのミルトン・キーンズで自動運転ロボットによる商品配送を開始した。住民は商品の到着に合わせて自分の予定を変えたり、ドアの前に荷物を置かれて盗難を心配したりする必要がなくなった。このロボットによるオンデマンド配送を利用するためには、まず商品の配送を受けたい場所として自宅の代わりに最寄りのStarshipの拠点を入力する。 続きを読む

  • 地上走行配送ドローンの普及は近い―Skypeの共同ファウンダーのスタートアップが実験を拡大

    地上走行配送ドローンの普及は近い―Skypeの共同ファウンダーのスタートアップが実験を拡大

    今のところ空を飛ぶドローンによる配送は現実性というより話題作りで会社をPRするのが主な目的だ。しかし車輪によって歩道をゆっくり走る自動運転ドローンはeコマースの配送手段として意外に早くわれわれの身近に姿を現しそうだ。 ロンドンに本拠を置くStarship Technologiesの共同ファウンダーにはSkypeの共同ファウンダーとして著名なAhti HeinlaとJanus Friisが含まれている。このスタートアップは今月からイギリス、ドイツ、スイスで自動運転配送ドローンの大規模な実用化テストを開始する。 続きを読む