店 / 店舗 / ストア(用語)

店 / 店舗 / ストアに関する記事一覧

  • グーグル初の常設店舗がニューヨークに現地時間6月17日オープン

    グーグル初の常設店舗がニューヨークに現地時間6月17日オープン

    Googleは何年にもわたって期間限定のポップアップストアを多数開設してきたが、まもなく初の常設店舗がニューヨークのチェルシー地区にオープンする。 続きを読む

  • グーグルが今夏ニューヨークに店舗を開設、ハードウェア販売に本腰

    グーグルが今夏ニューヨークに店舗を開設、ハードウェア販売に本腰

    初のGoogle Storeがニューヨークのチェルシー地区にある元ポート・オーソリティの建物にオープンする。このビルには同社のNYオフィスも入っている。店舗開設はAppleやSamsungに続くものだ。 続きを読む

  • リスボンのSenseiがAmazon Go風の自動販売店舗を他小売業者に提供

    リスボンのSenseiがAmazon Go風の自動販売店舗を他小売業者に提供

    Amazon Goは注意する必要がある。リスボンのスタートアップが、同様の自動販売店舗の技術を他の小売業者にも提供する計画だ。Senseiはコンビニエンスストアが会計なしで購入できるようにするコンピュータビジョンのスタートアップで、540万ユーロ(約7億1000万円)のシードラウンドを獲得した。 続きを読む

  • アマゾンが手のひら決済「Amazon Oneスキャナー」をスーパーWhole Foodsに導入

    アマゾンが手のひら決済「Amazon Oneスキャナー」をスーパーWhole Foodsに導入

    小売大手Amazonは2021年秋、買い物客が手のひらをスキャンして店舗に入ることができるようにするAmazon Oneスキャナーを発表していた。顧客の手のひらの特徴はAmazonのキャッシュレスストアAmazon Goのような小売店の決済メカニズムに紐づけることができる。Amazon Go店舗では顧客は買い物して従来の精算プロセスを経ることなく店を後にできる。 続きを読む

  • AmazonがARなどのリテールテクノロジーをテストをロンドンにオープンしたヘアサロンで開始

    AmazonがARなどのリテールテクノロジーをテストをロンドンにオープンしたヘアサロンで開始

    Amazonは米国時間4月20日、同社初のヘアサロンであり、新しい技術を一般の人たちに対してテストすることを目的としたAmazon Salonをオープンすることを発表した。このサロンは、ロンドンのスピタルフィールズにあるブラッシュフィールド・ストリートに設置され、床面積は1500平方フィート(約139.4平方メートル)以上となる予定だ。 続きを読む

  • 近隣小売り店舗への回帰など、意外な2021年の米不動産業界のトレンド

    近隣小売り店舗への回帰など、意外な2021年の米不動産業界のトレンド

    現代社会は、超高層のオフィスビルや高級マンションが立ち並ぶ洗練された大都市を生み出した。そして今、これらの都市の中心で活躍していた人々は、ポストパンデミックの世界での都市のあり方を考えている。ここでは取材を元に、不動産のプロパティテクノロジーに注目する10人のトップ投資家がどのように未来を見据えているかを探る。 続きを読む

  • Amazonのワンツーパンチ、従来の小売業者たちはどのように反撃できるのか

    Amazonのワンツーパンチ、従来の小売業者たちはどのように反撃できるのか

    もし物理的な小売業は死んでしまったと考えているのなら大間違いだ。電子商取引の爆発的な増加にもかかわらず、私たちは今でもオフラインストアでたくさんのものを買っている。 続きを読む

  • AmazonのPrime Rewards Visaカードを所有するプライム会員は、Whole Foodsでのカード利用で5%の返金を受け取る

    AmazonのPrime Rewards Visaカードを所有するプライム会員は、Whole Foodsでのカード利用で5%の返金を受け取る

    既にAmazonは、買収した食料品チェーンWhole Foodsの買い物客に向けての割引を実施している。また、Whole Foodsの店頭にTreasure Truck(特売サービストラック)を派遣し、さらにプライム会員のためにWhole Foodsの食料品を配送し始めた。 そして今度は、Amazon Prime Rewards Visaカードを使って買い物をした場合には、Whole Foodsで買い物をするPrimeメンバーに、5%の返金サービスを提供する。 同社によれば、このサービスはWhole FoodsとChaseの協力の下に提供されるものである。… 続きを読む

  • Appleの小売戦略:「作れば、人はやってくる(そして消費する)」を実証

    Appleの小売戦略:「作れば、人はやってくる(そして消費する)」を実証

    Appleはユニークな会社だ。個々の事業を解体して全体から切り離したとしても、数多くの領域で大いに成功していると考えることができる。ハードウェア会社として、成功している。ソフトウェサービスのプロバイダーとして、成功している。小売店チェーンとして、成功している。そしてAppleの物理的小売店の順調な成長ぶりを見ると、この会社にとって、どの製品よりも、今後数年間で最大のイノベーションを起こす場になるかもしれない。 火曜日(米国時間2/12)、Goldman Sachsの投資家向けカンファレンスの講演で、CookはAppleの小売計画の詳細に立… 続きを読む

  • 自分の顔(首から上)を3DプリントできるMakerBotのお店がニューヨークに開店

    自分の顔(首から上)を3DプリントできるMakerBotのお店がニューヨークに開店

    一般消費者向け3Dプリンタの代表的なメーカーであるMakerBotが今日(米国時間11/20)、ニューヨークの298 Mulberry Streetにストアを開店する。そこでMakerBotのプリンタやフィラメント、ブレスレットや玩具などの既製品、などを買えるが、それだけではない。 MakerBotのCEO Bre Pettisが、ShapeShotによる3D写真撮影コーナーを見せてくれた。撮影に要する時間は2分で、再利用可能なショット3点で5ドルだ。それのプリントを注文すると、あなたの首から上の立体像がプリントされる。サイズが3段階あって、… 続きを読む

  • [CG]アキバの「サンコー」にCrunchGearがお邪魔しました(写真多数)

    [CG]アキバの「サンコー」にCrunchGearがお邪魔しました(写真多数)

    知る人ぞ知るアキバのレアものショップ「サンコー」は次からつぎへとUSB接続のおもしろグッズを繰り出してくる。USB接続の手袋、ネクタイ、スリッパ、オッパイ温め、スパイカメラなどなど、いまや日本一、いや世界一のUSB接続機器メーカーだ。 ほんとにこんなものが要るのかどうかいささか疑問だがその品揃えはハンパではなく、おもしろグッズ好きにはタマラナイお店だ。残念ながら英文オンラインストアは先月クローズしたが、その代わりアキハバラのど真ん中に新しい旗艦店を開店してその健在ぶりを見せつけている。 続きを読む