音楽ストリーミング(用語)

音楽ストリーミングに関する記事一覧

  • Spotifyがようやく米国でも歌詞をリアルタイムで表示する機能のテストを開始

    Spotifyがようやく米国でも歌詞をリアルタイムで表示する機能のテストを開始

    Spotifyは米国時間2月9日朝、Engadgetの報道を受けて、米国市場で歌詞を同期させる新機能のテストを始めたことを認めた。このストリーミング音楽サービスは現在、27もの市場で歌詞のライブ配信を行っているが、米国では何年も前から提供されていなかった。 続きを読む

  • アリババが12年続いた音楽ストリーミングアプリXiamiを閉鎖

    アリババが12年続いた音楽ストリーミングアプリXiamiを閉鎖

    かつて中国では、Xiamiを使うことは音楽のセンスが良いことと同義だった。2008年頃にデビューし2013年にAlibabaに買収されたXiamiは米国時間1月5日、ストリーミングサービスを終了するとユーザーへの通知で発表した。 続きを読む

  • テンセント主導のコンソーシアムがユニバーサルミュージックの出資比率を20%に引き上げ

    テンセント主導のコンソーシアムがユニバーサルミュージックの出資比率を20%に引き上げ

    Tencentは、中国の音楽ストリーミング市場を支配し続ける音楽大手Universal Music Groupとの関係をさらに強化した。 続きを読む

  • 米国の追加経済刺激策に違法ストリーミングを「重罪」にする法案

    米国の追加経済刺激策に違法ストリーミングを「重罪」にする法案

    米国時間12月21日に米議会が承認した新型コロナウイルス流行に対する追加経済刺激策について、TechCrunchではすでにいくつか記事を掲載してきた。その中には、ブロードバンドアクセスを増やすための資金や、新エネルギーへの取り組みのための資金も含まれる。 続きを読む

  • Spotifyがアーティストやレーベル自身が曲のプロモーションを行える機能を追加

    Spotifyがアーティストやレーベル自身が曲のプロモーションを行える機能を追加

    Spotify(スポティファイ)は米国時間11月3日、同社のプラットフォーム上でどのように音楽が見つけられるかと言う点において、アーティスト自身の意見がより尊重されるようにするための新サービスのテストを開始すると発表した。アーティストやレーベル自らが優先的に売り出したい曲を特定し、その後Spotifyがその曲がパーソナライゼーションアルゴリズムによって浮上するようにする信号を加えるという仕組みである。 続きを読む

  • Sonosが月840円のストリーミングラジオサービスを米国と英国で開始

    Sonosが月840円のストリーミングラジオサービスを米国と英国で開始

    世界には音楽ストリーミングサービスが溢れている。しかしSonosはもう1つ登場させることを決めた。広告が入るSonos Radioの2020年4月の立ち上げに続き、同社はSonos Radio HDという講読料月7.99ドル(約840円)のプレミアム版を発表した。 続きを読む

  • CDは売れなくても今やストリーミングが音楽の全売上の85%を占める

    CDは売れなくても今やストリーミングが音楽の全売上の85%を占める

    録音音楽の世界はパンデミックの間ずっと、良い面も悪い面もあった。米国レコード協会の今週に出た最新の報告によると、録音された音楽の売上は、実は2020年の前半に増加している。言うまでもなくそれは、音楽ストリーミングの成長のおかげだ。 続きを読む

  • YouTubeの音楽ストリーミングサービスの供用国が12増えたが日本はまだ

    YouTubeの音楽ストリーミングサービスの供用国が12増えたが日本はまだ

    YouTubeの音楽ストリーミングサービスの市場が新たに12か国増え、また有料音楽ビデオサービスは、17の市場で提供されることになった。 YouTubeのCEO Susan Wojcickiは、2月に、市場拡張の最終目標は100か国 、と大風呂敷を広げた。 続きを読む

  • Pandoraの有料プランにファミリープランが登場、プレイリストの個人化なども遅まきながら導入

    Pandoraの有料プランにファミリープランが登場、プレイリストの個人化なども遅まきながら導入

    Pandoraが、その有料サービスのファミリーバージョンを立ち上げた。月額14ドル99セントで6名までが、有料版にアクセスできる(個人では9ドル99セントだった)。この新しい会費制は、とくに発表や宣伝もなく静かに始まったが、今朝(米国時間5/28)、Android Policeが見つけた。 続きを読む

  • Apple、アーティストが楽曲の再生数と購入数を追跡できるダッシュボードを提供

    Apple、アーティストが楽曲の再生数と購入数を追跡できるダッシュボードを提供

    今日(米国時間1/22)AppleはApple Music用の新しいダッシュボードを公開し、アーティストがファンの再生や購買の傾向を追跡し、自分の楽曲に関する様々な分析データを見られるようにした。Appleから独占情報を入手したBillboardが報じた。ダッシュボードはApple Music for Artistsと呼ばれ、現在一部のベータユーザーのみに公開されており、今春一般公開される予定だ。 続きを読む

  • 音楽サービスは“個人化”ブーム、Google Play Musicが新譜紹介プレイリストNew Release Radioを開始

    音楽サービスは“個人化”ブーム、Google Play Musicが新譜紹介プレイリストNew Release Radioを開始

    今や数が多くなった音楽ストリーミングサービスは、音楽をオンデマンドで提供するだけでは顧客の心をつかむことができなくなった。新曲を見つける機能が必要だし、リコメンデーションもしなければならない。プレイリストの選曲に人気がある点でSpotifyは確かに市場のリーダーだが、Apple MusicやGoogle Play Musicをはじめ、ライバルたちも負けてはいない。今週はそのGPMが、自分たちでキュレートしたミックス、New Release Radioの提供を開始した。GPMはそれについて、各リスナーの好みに合わせた選曲だ、と言っている。… 続きを読む

  • ダンスミュージックの無料ストリーミングサービスBeatportは音楽を売るための巧妙な仕掛け

    ダンスミュージックの無料ストリーミングサービスBeatportは音楽を売るための巧妙な仕掛け

    世界中のDJたちが自分がかける音楽を買っているBeatportで、無料で聴けるのは2分間のサンプルに限られていた。そのBeatportが、無料無制限のストリーミングを開始し、販促を強化しようとしている。ダンスミュージックの無料ストリーミングサービスは今日(米国時間2/23)から、招待制の非公開ベータを始めるが、本誌TechCrunchはその前にちょいと試してみることができた。 続きを読む