学生(用語)

学生に関連する記事一覧

  • セントルイス大学、新学期から学生寮にEcho Dotを大量設置へ

    セントルイス大学、新学期から学生寮にEcho Dotを大量設置へ

    SLU(セントルイス大学)では学生全員が否応なくAmazonのスマートスピーカーに囲まれて過ごすことになる。大学は今週、学生の生活区域全域に2300台のEcho Dotを設置する計画を発表した。今月末、新学期のスタートに合わせて運用が開始されるという。 続きを読む

  • スタンフォード大生考案の新サービス―、オンデマンドで”緊急”日用品を配達するJetpack

    スタンフォード大生考案の新サービス―、オンデマンドで”緊急”日用品を配達するJetpack

    旅行中に急に風邪をひいてしまったして、そのときは何も持っていなくても、家に帰れば何でもあることを考えると、Kleenexのティッシュを丸々1箱買ったり、Sudafed(もしくはその他の鼻づまり用の薬)を1パッケージ分買ったりしたいとは思わないだろう。もしも誰かがティッシュを何枚かと、2、3錠のSudafedsと、のど飴くらい持ってきてくれたら気分も楽になる。スタンフォード大学の学生が設立したJetpackは、まさにそんなサービスを提供しようとしている。 続きを読む

  • アマゾンプライム最新の特典はディスカウント学生ローン

    アマゾンプライム最新の特典はディスカウント学生ローン

    アマゾンプライムは、お急ぎ便に加えてその他の特典、とりわけプライムビデオを通した映画やテレビ番組の無料視聴、無制限の写真ストレージなどがよく知られている。しかしこれらの広がりつつあるプライム会員特典に新たなものが加わった。学生ローン割引だ。ウェルズ・ファーゴとアマゾンが発表したのは、Amazon Prime Student会員に対して、学生ローンに割引金利の提供を計画しているというものである。 続きを読む

  • AR/VR課程の一学期をまるまるHololensのデモアプリ開発に投じたワシントン大学、その評価は肯定的

    AR/VR課程の一学期をまるまるHololensのデモアプリ開発に投じたワシントン大学、その評価は肯定的

    Microsoftのあのおもしろい混成現実(mixed-reality)*プラットホームHololensは、誰もが気軽に試せる状態からはほど遠いが、でもワシントン大学のコンピューター科学の学生は、思う存分遊ぶことができた。〔*: mixed-reality, ARとVRを両方実現できること。〕 とくにそれは、同大のCSE 481Vクラスの学生だ。このコースは、“仮想現実と拡張現実について多くを学び、最新の技術やソフトウェアを熟知し、そして10週間かけてアプリケーションを構築する”、と説明されている。 続きを読む

  • 学生が(技術がなくても)アイデアを無料でアプリにできるアプリビルダーBizness Apps、すでに3万名50校が登録

    学生が(技術がなくても)アイデアを無料でアプリにできるアプリビルダーBizness Apps、すでに3万名50校が登録

    2016年ともなると、世の中の全員が(彼らのお母さんすら)アプリのアイデアを持っている。今や大学では、アプリ作りがビアポンに代わって課外活動の主役だ。唯一の問題は、アイデアの数だけデベロッパーがいないこと。あなたが学食でナプキンにスケッチしたアイデアを、3%のマージンで完全なアプリにしてくれるCS専攻の友人もいない。 でも、学生が起業すること自体は(アプリでなくっても)すばらしい。起業体験は、教室では得られない貴重な学習体験だ。ビジネスとして軌道に乗れば経済にも貢献する。 続きを読む

  • 児童生徒のプライバシーに関しGoogleがEFFに返答: “弊社のツールは法律と弊社の約束に適合している”

    児童生徒のプライバシーに関しGoogleがEFFに返答: “弊社のツールは法律と弊社の約束に適合している”

    昨日(米国時間12/1)EFFは、‘学生に対するスパイ行為’(Spying on Students)と呼ばれるキャンペーンを立ち上げて、学校でテクノロジを利用する場合のプライバシーリスクに対する、人びとの関心を高めようとしている。このキャンペーンは消費者保護のお役所FTC(連邦取引員会)がGoogleに対して提起した苦情を契機とするもので、同社が児童生徒の個人情報(検索の内容など)を集めて分析している、と主張している。 続きを読む

  • Googleが第三回の高校生対象Code-Inコンテストの要領を発表–開始は11月26日から

    Googleが第三回の高校生対象Code-Inコンテストの要領を発表–開始は11月26日から

    Googleが今日(米国時間9/24)、高校生対象の第三回Code-inコンテストを11月26日に開始する、と発表した。このコンテストは、大学入学前の13〜17歳の生徒たちに、オープンソースのソフトウェア開発に始めて触れさせることがねらいで、11月から1月半ばまで行われ、20名が大賞をもらう。彼らは(保護者同伴で)Mountain ViewのGoogle本社に招待され、Googleの社員たちと交流する。 このCode-in事業は既存のオープンソースプロジェクトに関連した複数のタスクを含み、いずれも大学生対象に行われるSummer of Cod… 続きを読む

  • 学生プログラマーの日本一は誰だ?

    学生プログラマーの日本一は誰だ?

    学生プログラマーの日本一を決めるだなんて触れ込みだったから、どうやってその勝敗を決めるのか興味があった。だって、聴衆の前で決戦が行われて腕利きのプログラマーを決めるってどういうことなんだろうみんなも不思議に思うだろう。だから、僕は昨日開催されたCODE VS(コードバーサスと読む)の決勝戦に出向いてきた。CODE VSはチームラボやPixiv、サイバーエージェントなど8社が開催した学生プログラマーを日本一を決める大会だ。これが第1回の大会となる。 この大会では、タワーディフェンスというコンピュータゲームを題材にしてプログラマーに勝負させてい… 続きを読む