スーパーコンピュータ(用語)

スーパーコンピュータに関する記事一覧

  • テスラが強力なスーパーコンピューターを使ったビジョンオンリーの自動運転アプローチを追求

    テスラが強力なスーパーコンピューターを使ったビジョンオンリーの自動運転アプローチを追求

    Teslaのイーロン・マスクCEOは、少なくとも2019年頃から「Dojo」(ドージョー)という名のニューラルネットワークトレーニングコンピューターについて言及してきた。Dojoは、ビジョンオンリー(視覚のみ)の自動運転を実現するために、膨大な量の映像データを処理することができるコンピューターだとマスク氏はいう。 続きを読む

  • Armの買収に伴ってNVIDIAが医学研究に特化したUKスーパーコンピュータの開発を発表

    Armの買収に伴ってNVIDIAが医学研究に特化したUKスーパーコンピュータの開発を発表

    Nvidia(エヌビディア)はソフトバンクから400億ドル(約4兆2450億円)でArm(アーム)を買収する交渉を進めているが、同時に英国のテクノロジーの発展に尽くすという約束を果たすため大きな方向転換を遂げようとしている。同社は4000万ポンド(約54億7500万円)を投資し、新しいAIスーパーコンピュータ、Cambridge-1を開発する予定であることを発表した。英国のヘルスケア分野の研究開発に活用される予定で、外部の研究での利用が想定された同社初のスーパーコンピュータとなる。 続きを読む

  • NVIDIAがイタリアの大学コンソーシアムが主導する欧州発の世界最速AIスパコン「Leonardo」にGPUを供給へ

    NVIDIAがイタリアの大学コンソーシアムが主導する欧州発の世界最速AIスパコン「Leonardo」にGPUを供給へ

    Nvidia(エヌビディア)は世界のスーパーコンピューティングを牽引するイタリアの大学コンソーシアム、CINECAが開発中の世界最速AIコンピューターシステム、 “Leonardo”(レオナルド) に機材を供給する。LeonardoシステムはFP16(半精度浮動小数点演算)10 exaflops(エクサフロップス)のAI性能をもち、完成時にはNvidia AmpereベースのGPUを最大1万4000個搭載する見込みだ。 続きを読む

  • ヒューレット・パッカード・エンタープライズがスパコン大手クレイを1430億円で買収

    ヒューレット・パッカード・エンタープライズがスパコン大手クレイを1430億円で買収

    HPEはCrayを13億ドルで買収することを発表した。これによりHPEはCrayのハイパフォーマンスコンピューティングを取り込むことになり、おそらく将来の量子コンピューティングに向けて足がかりを得ることになる。 続きを読む

  • 浮動小数点演算1回は100京分の1秒、IntelとCrayが超高速次世代スパコンを共同開発中

    浮動小数点演算1回は100京分の1秒、IntelとCrayが超高速次世代スパコンを共同開発中

    Intelと Crayはエネルギー省の5億ドルの契約を獲得し、最大級のスーパーコンピューターを共同開発している。このマシンがいよいよエクサフロッップスを実現する! 続きを読む

  • IBMと米国エネルギー省が世界最速のスーパーコンピューターを構築

    IBMと米国エネルギー省が世界最速のスーパーコンピューターを構築

    IBMと米国エネルギー省(DoE)のオークリッジ国立研究所(Oak Ridge National Laboratory、ORNL)は6月9日(米国時間)、同部門の最新のスーパーコンピュータであるSummitを発表した。IBMは、サミットを現在「世界で最も強力でスマートなサイエンススーパーコンピューター」であると主張しているが、そのピークパフォーマンスは毎秒20京回の計算(200ペタフロップス)という驚くべきレベルに達する。このパフォーマンスによって、今月末に発表されるスーパーコンピュータートップ500ランキングでは余裕のトップとなる筈だ。そ… 続きを読む

  • CrayのスパコンがMicrosoft Azureにやってくる

    CrayのスパコンがMicrosoft Azureにやってくる

    クラウド・コンピューティングに意外なニュースが飛び込んできた。MicrosoftはCrayと提携し、同社のスーパーコンピューターとストレージをAzure から利用できるようにする。Crayと聞けば、多くの読者は70年代から80年代にデザイン過剰のスーパーコンピューターを作っていた会社を思い浮かべるかもしれない(あの円筒形のタワー状本体の周囲にベンチが設置されたモデルだ)。 続きを読む

  • Crayの最新のスーパーコンピューターはOpenStackを搭載してオープンソースのビッグデータツールを動かす

    Crayの最新のスーパーコンピューターはOpenStackを搭載してオープンソースのビッグデータツールを動かす

    Crayといえば、スピードとパワーをつねに連想するが、同社の最新の計算怪物Cray Urika-GX systemは、ビッグデータのワークロード専用に設計されている。 しかも、そのベースシステムはオープンソースのクラウドプラットホームOpenStackで、その上でビッグデータを処理するHadoopやSparkなどのツールが仕事をする。 Seymour CrayがCray社を立ち上げたのは70年代の初頭だが、その後のコンピューティングの進化を同社はよく認識している。作っているのは相変わらずハイパワーのコンピューターだが、今ではクラウドコンピューテ… 続きを読む

  • スタンフォードの研究者、100万コアのスーパーコンピュータを活用する新たな乱流シミュレーション技術を開発

    スタンフォードの研究者、100万コアのスーパーコンピュータを活用する新たな乱流シミュレーション技術を開発

    スタンフォードの研究チームが、スーパーコンピュータの利用について新たな地平を切り拓いた。利用したスーパーコンピュータはローレンスリバモア国立研究所のSequiaだ。研究チームはこのスーパーコンピュータを使ってリアルタイムでの乱流シミュレーションを行なってきた。Sequoiaは最速のマシンというわけではないが、100万コアを同時に利用して計算を行うことができるのだ。 続きを読む