Super Cruise(製品・サービス)

GMが開発している手放し運転が可能な運転支援システム。

  • GMがアップグレードした自動運転支援システムSuper Cruiseを2022年に6車種に搭載へ

    GMがアップグレードした自動運転支援システムSuper Cruiseを2022年に6車種に搭載へ

    GMは2017年の導入以来、着実にSuper Cruiseを改良してきた一方で、ここ何年も同社のラグジュアリーなブランドCadillacへの搭載に限定してきた。機能改良と搭載車両の追加は、ChevroletとGMCブランドのピックアップトラックの所有者にテクノロジーを使って機能を販売する同社の意欲、そしておそらく準備が整ったことを示している。 続きを読む

  • GMは2030年までにCruiseの自動運転技術を用いた個人向け自動運転車を販売する意向

    GMは2030年までにCruiseの自動運転技術を用いた個人向け自動運転車を販売する意向

    GMCEOのメアリー・バーラ氏は米国時間5月5日に行われた決算説明会の中で、同社の自動運転子会社Cruiseの技術を活用することにより、10年以内に自社の個人向け自動運転車の販売が実現するとの見方を示した。 続きを読む

  • キャデラックのフラグシップ全電動車「リリック」は約650万円から

    キャデラックのフラグシップ全電動車「リリック」は約650万円から

    全電動クロスオーバーCadillac Lyriqは、GMの高級車ブランドのフラグシップだ。2022年初めに米国市場に投入されるが、最低価格は6万ドル(約650万円)を少し下回ることに決まった。 続きを読む

  • GMが手放し運転システムを市街地走行に拡大

    GMが手放し運転システムを市街地走行に拡大

    GMには、手放し運転が可能な運転支援システムのSuper Cruiseを開発する「大きな組織」があるが、その機能をハイウェイから降りた市街地でも使えるように拡大すると、同社グローバル製品開発副社長のダグ・パークス氏は米国時間5月19日に公表した。 続きを読む

  • GMがハンズフリー運転支援システムのSuper Cruiseに車線変更機能を追加

    GMがハンズフリー運転支援システムのSuper Cruiseに車線変更機能を追加

    GMは同社のハンズフリー・ドライバーアシスタントシステムであるSuper Cruiseを改良して、自動的にレーンを変える機能を加えた。最初の実装は、2021年発売予定の高級SUVの一部モデルで行われる。この強化バージョンでは、ステアリングとスピードコントロールが改良され、市場で最も優れているといわれているTeslaのドライバーアシスタンスシステムと再び競合できるレベルになる。 続きを読む